【SAVAGES】来日直前! 絶賛されるガールズ・ポスト・パンク・バンドの正体に迫る

サヴェージズ(Post Punk)   2014/01/09掲載
はてなブックマークに追加
 去年のフジロックで話題となった美しい女性4人組のポスト・パンク・バンドが2回目の来日を果たす。初期スージー・アンド・ザ・バンシーズを彷彿させる彼女らのデビュー・アルバム『サイレンス・ユアセルフ』はイギリスだけではなく、アメリカでも高く評価された。「もうポスト・パンク・バンドはいいわ」という声も聞こえてきそうな現在のシーンだが、彼女たちのサウンドは本物である。なぜ、彼女たちが本物なのか、その正体に迫った。
――みなさん、黒い衣装に身を包んで、なんかハードなフェミニストのような感じがするんですが。
フェイ・ミルトン(ds) 「違うわ、私たち男が好きよ(笑)」
ジェマ・トンプソン(g) 「今の女性の地位を作ってくれたフェミニストたちには敬意を表するけど、私たちはフェミニストじゃないわ。私たちは彼女たちが切り開いてくれた世界で自由に活動させてもらっている次の世代だから、あまり男がどうとか女がどうとかと考える世代じゃないのよ」
――よかったです。アホな質問したらムチでシバかれるんじゃないかと怖かったんです。でも、歌詞がフェミニズムぽいなと思ったんですが。
クリックすると大きな画像が表示されます
ジェマ 「私はそう思わないわ。私たちが思うことを素直に歌にしているだけよ」
――みんなが黒い服を着ているのも、自然ということなんでしょうか?
フェイ 「白いシャツを着たければ着てもいいんだけど。私たちはスワンズポーティスヘッドのステージが大好きなの。彼らの演奏を見ていると、黒い服を着て一生懸命ライヴしている感じがするでしょう。そういう感じが私たちもいいなと思うの。そういうのがみんなに伝わればいいなと。私たちの黒い服はアナーキストの黒い服というより、労働者の服という感じね」
――なるほど、「音楽のことで頭が一杯だ。ファッションなんかにかまってられるか、だから俺たちは白と赤の服しか着ない」と言ったホワイト・ストライプスと同じ考えですね。音楽は完全に初期スージー・アンド・ザ・バンシーズを思い出させるんですが、そういった音へのこだわりは?
ジェマ 「安易にスージー・アンド・ザ・バンシーズと似ていると言われるのはうれしくないんだけど」
――すいません。でも、ジェマのギターはポスト・パンク・バンドの代名詞のような小さなフェンダーのギターですよね。すごいこだわりがあるのなかと思ってました。
ジェマ 「あのギターはフランスで偶然見つけたの。初めて見たときは、私には高すぎて買えなかったんだけど、その後手に入れたのよ。でも、私はそんなにギターに興味があるわけじゃない。サウンドを作る上で必要かなと思っているくらいで」
――そういうのがポスト・パンク的なんじゃないでしょうか。あなたたちの音を聴くと、ほかのポスト・パンク・フォロワーよりも、とってもリアルに聴こえるんです。音だけじゃなく、姿勢も、79年の音楽が変化していった熱い時代を思い出させてくれるんです。まず最初にフェミニズムの話をしたのも、当時のバンドがフェミニズムなどにすごく影響されていたから、あなたたちはそういうことに興味があるのかなと思って質問したんです。
ジェマ 「そう言われるとうれしいわ。私たちの音がその頃の音と似ているとするなら、それは今の状況が当時と似ているからだと思う」
フェイ 「世の中が袋小路の状況だから、みんな新しいことをしたくなるのよ。ノー・ニューヨークの人たちもそうだったんじゃない? もともとはクラシックをやっていた人たちが、それまで持ったこともなかったエレクトリック・ギターを持って演奏しだしたりした。だから面白い音楽ができた。私ももともとはクラシックでティンパニーを叩いていたのよ。このバンドにはいろいろな要素があるわ」
――ヴォーカルのジェニー・ベスがフランス人というのも変わってますよね。ロンドンはコスモポリタンの街のようで、外国人には成功をなかなか与えない街でもありますよね。ジェニーをフロントマンにすることでうまくやっていけるかなという心配はなかったですか?
ジェマ 「ロンドンが閉鎖的な街? 私はそう思わないわ。ロンドンという街は自分からチャンスを掴もうとしないと掴めない街であるかもしれないけど、でも努力すればちゃんと成功する街でもあるのよ。それにジェニーは7〜8年もロンドンに住んでいるし、誰よりもロンドンのことをよく知っているわよ」
――これは失礼しました。たしかにジェニーはフランス人と言われないとフランス人だと思わないですよね。サヴェージズはイギリスだけではなく、アメリカでも成功を手にしつつありますが、それはなぜでしょうか?
ジェマ 「私たちのサウンドはロンドンの暗くてインダストリアルで、ハードな世界の影響があるかもしれないけど、私たちの歌は世界中の人たちが感じていることを歌っているからだと思う」
 女性的な自然体な感じがすばらしいサヴェージズです。かつてのポスト・パンク・バンドはU2くらいしかアメリカで成功しなかったですが、彼女たちはポスト・パンクな音で成功できるような気がします。
取材・文 / 久保憲司(2013年7月)
クリックすると大きな画像が表示されます
SAVAGES
来日公演


■ 2014年1月21日(火)
大阪 梅田 CLUB QUATTRO

〒530-0051 大阪府大阪市北区太融寺町8-17 プラザ梅田 10F
06-6311-8111

開場 18:00 / 開演 19:00
前売 5,000円



大きな地図で見る

■ 2014年1月22日(水)
東京 恵比寿 LIQUIDROOM

〒530-0051 東京都渋谷区東3-16-6
03-5464-0800

support act: にせんねんもんだい
開場 18:00 / 開演 19:00
前売 5,000円



大きな地図で見る

[お問い合わせ] クリエイティブマン
www.creativeman.co.jp/artist/2014/01savages
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た!
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015