ブルックリンの才媛SSW、セイント・ヴィンセントが語るストレンジでポップな曲作りの極意

セイント・ヴィンセント   2012/01/24掲載
はてなブックマークに追加
ブルックリンの才媛SSW、セイント・ヴィンセントが語るストレンジでポップな曲作りの極意
 ザ・ポリフォニック・スプリースフィアン・スティーヴンスのツアー・メンバーとして腕を磨いた、アニー・クラークのソロ・プロジェクト、セイント・ヴィンセント(St.Vincent)。ストレンジなポップ・センスと緻密に作り込まれたシンフォニックなサウンドは、どこかクール・ビューティな女性科学者を思わせるが、今年1月に行なわれた初来日公演では、ギターを掻き鳴らしながら客席に飛び込むというロック・スター的な一面も垣間見せてくれた。その美貌もあわせて、いまUSインディ・シーンで熱い注目を集める彼女に、3作目となる新作『ストレンジ・マーシー』について話を訊いた。
――今回のアルバムは今住んでいるブルックリンを離れて、シアトルでホテル暮らしをしながら曲を書いたそうですね。
 セイント・ヴィンセント(以下同)「私が今住んでいるニューヨークのアパートでは、上の階の人がケンカしたり、下の階の人がセックスしたりする音が全部聞こえてくるの(笑)。救急車はしょっちゅう通るし、いつもうるさくて。だから今回は、一人になれて誰にも邪魔されないような環境に自分を置きたかったのよ」


――前作『アクター』ではガレージバンド(コンピュータの音楽ソフト)を使って曲作りをしていたのに対して、今回はシンプルに楽器を弾きながら曲作りをしたとか。
 「何かを作る時、毎回プロセスを根本から変えないと同じものができてしまう。『アクター』の曲を書いた時は、コンピュータに音を全部溜め込んで、それをいろいろ組み合わせながら音を作っていったの。それに対して今回は、より感情をあらわにして、ダイレクトに表現することに専念したわ。だから、曲作りの時はギターだけ。すごくいいアイディアだと思ったら、その場で試してみて、直感で“これは良い”“これはダメ”って判断しながら曲を作ったのよ。まずは曲ありき。曲のよさを一番うまく伝えるサウンドを考えながらレコーディングしていったの」
――今回もユニークなサウンドですね。いろんな音が不思議なシンフォニーを生み出していて。
 「どこにどんな音が必要か、曲が教えてくれるのよ。以前は“とりあえずいろんな音を盛り込んで、何が生まれるか見てみよう”というやり方だったけど、最近では曲に物語があって、そこにあるエモーションを盛り上げるためには何が必要なのかを考えてみる。そうすると自然に答えが見えてくるの」
――ちなみに機材にはいろいろとこだわるほうですか?
 「テクノロジーは大好き。でも、重要なのはヒューマンな効果を出すためにテクノロジーを使うことよ。たとえば私が弾くギターは、キーボード・プレイヤーが操作するミディによって音色が変わるようになっていて、私がペダルを押さなくても要所要所で音色が変わる。そうすることで、ギターを弾いていても、ペダルのことを気にせずに観客とコミュニケーションがとれるの」
――ライヴでギターを弾きまくる姿も印象的でしたが、ギターを弾き始めたのはいつ頃からですか?
 「12歳の頃にギターに夢中になって、ニール・ヤングの曲を弾こうと思って弾き始めたの。私が生まれ育ったテキサスのラジオから流れる曲といえば、トップ40にヒット曲以外はクラシック・ロックかカントリー・ソング。そこで私はロックを選んだのよ」
2012.1.10
 shibuyaduo MUSIC EXCHANGE
(C)Kubo Kenji
――そこから、オルタナティヴなサウンドに興味を持つようになったきっかけは?
 「91年にグランジ・ブームが巻き起こって、それまでポイズンを聴いていたような人たちが一斉にニルヴァーナを聴くようになった(笑)。私もライオット・ガール系のバンドやインディ・バンドを聴くようになって、キル・ロック・スターズやマタドールに直接(レコードを)注文するようになったの」
――あなたにとってのロック・ルネッサンス期ですね。
 「まさしく(笑)」
――最後にユニット名について教えてください。詩人のディラン・トマスが死んだ病院の名前からとったとか。
 「ニック・ケイヴの〈ゼア・シー・ゴーズ、マイ・ビューティフル・ワールド〉という曲に“ディラン・トマスはセイント・ヴィンセント病院で酔っぱらって死んだ”というフレーズがあって、そこからとったの。ディラン・トマスのほかにも、ジョニー・サンダースとかいろんなアーティストが出てきて、自分のことが大好きで大嫌いなアーティストの心情を描き出したニックにしか書けない曲よ。機会があれば、ぜひ歌詞を読んでみて」
取材・文/村尾泰郎(2012年1月)
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 小西真奈美、豪華プロデューサー陣を迎えて描く等身大のポップ・アルバム[特集] 吉澤嘉代子、デビューから5年の集大成『新・魔女図鑑』
[インタビュー] ダーティ・ループス、華々しいデビューから6年、スウェーデンの3人組がひさびさの新曲を収録するEPを発表[インタビュー] 大貫妙子、名門レコーディング・スタジオを描いた映画『音響ハウス Melody-Go-Round』を語る
[インタビュー] DJ KAORI、デビュー20周年を迎えた人気DJが、ディズニーの名曲をノンストップミックス[インタビュー] 何事にも全力!丘みどり、デビュー15周年ベスト・アルバムを発表
[インタビュー] “全曲シングル”なコンピレーション『SLENDERIE ideal』発売記念!藤井 隆×吉田 豪[特集] アルチザン・筒美京平の魅力 [対論]萩原健太×湯浅 学
[インタビュー] ケイコ・リー、デビュー25周年、“かけがえのない”ジャズ・クラブで録音したライヴ盤を発表[インタビュー] 村治佳織、名だたるアーティストとともに参加した『ディズニー・ゴーズ・クラシカル』を語る
[インタビュー] 荘村清志、新作は、武満徹が愛した「郷愁のショーロ」ほかを収めるバリオスとタレガの作品集[インタビュー] 竹内アンナ、注目の次世代SSW、新作を早くも発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015