ニュース

BARTKIRA EXHIBITION IN TOKYOなど、阿佐ヶ谷アートストリートの全ラインナップが発表

2015/03/03 14:11掲載
はてなブックマークに追加
BARTKIRA EXHIBITION IN TOKYOなど、阿佐ヶ谷アートストリートの全ラインナップが発表
 3月7日(土)から3月29日(日)までの23日間にわたり、東京・阿佐ヶ谷で開催される〈Pureism国際展 阿佐ヶ谷アートストリート2015〉(www.asagayaartstreet.com)。国内外から総勢100名以上のアーティストが参加する、その全ラインナップが発表されました。

 まず展示プログラムでは、D[di:]の個展〈The Pretty ASENCION“S”〉、大友克洋『AKIRA』をマット・グレイニング『ザ・シンプソンズ』のキャラクターと設定に置き換えて作品を再現していく“バーキラ・プロジェクト”による〈BARTKIRA EXHIBITION IN TOKYO〉(写真)、自閉症のハンディキャップを乗り越えて制作を続ける芸術家・佐々木卓也の個展〈アニマルズ〉などが開催。

 また、アートを深く掘り下げるプログラムとして、ギャラリスト・小山登美夫によるレクチュア〈西欧アートフェア事情〉、美術史家・美術評論家の小倉正史によるレクチュア〈日本の現代美術〉、評論家・藤田直哉などが登壇する〈Republic 東京地域アートサミット Go to 2020〉といったカンファレンスも実施。

 阿佐ヶ谷の文化を発信するプロジェクトとして開催される〈ザムザ阿佐谷 総合芸術ウィーク〉では、阿佐ヶ谷在住80年になる現代詩人・谷川俊太郎と、その息子であり作曲家・ピアニストである谷川賢作による〈詩の朗読と音楽〉、爆笑問題などが所属する、阿佐ヶ谷に事務所を構える芸能プロダクション「タイタン」による〈タイタン漫才ライブ〉、阿佐ヶ谷アニメストリートに出店する「あにめ座バロックカフェ」がプロデュースするアイドル・グループのASガールズによる〈アイドルG8 in 阿佐ヶ谷〉などが、阿佐ヶ谷の文化的シンボルであるラピュタ阿佐ヶ谷にて開催。

 “映像”をテーマとしたプログラム〈映像 + 実験映画祭〉では、美術家による映像作品と映像作家が制作した実験映画作品が上映され、阿佐ヶ谷アートストリートの主催者である彫刻家・山本衛士と、彼の作品を巡るドキュメンタリー作品、日本の映画フィルム自家現像処理のパイオニア・能登 勝、末岡一郎の自家現像フィルム映画、美術評論家としても活躍する西村智弘のコンセプチュアルなアニメーション、スタン・ブラッケージを日本で本格的に紹介するなどプロデューサーとしても活動する水由 章、カンヌ国際映画祭で若い視点賞を受賞した宮崎 淳『FRONTIER』など、多彩な作品を鑑賞することができます。

 さらには、商店街や街角、アート展示場所など、阿佐ヶ谷の街12ヵ所に散りばめられた、回覧板の詞的な謎かけを読み解く、阿佐ヶ谷の街を舞台にした謎解きアートゲーム〈黄昏ふしぎ町内会の時空怪覧板〉、阿佐ヶ谷駅南口広場でのインスタレーション・プログラム、フェスティバルへの理解をより深めるガイド・ツアー、商店街が会場となる地域連携プログラム〈阿佐ヶ谷アート市〉〈店舗ギャラリー〉など充実のラインナップに。

 また、開催前夜である3月6日(金)には、会期中は事務局となり出発地点となる「TAV GALLERY」(tavgallery.com/)にて、誰でも参加可能のオープニング・パーティが開催。参加アーティストの紹介などが行なわれます。

BARTKIRA EXHIBITION IN TOKYO
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] また一歩“最終形態”へと近づいた――KOYAN MUSIC『No Border』[インタビュー] 元キャロル内海利勝 10年ぶりのソロ・フル・アルバム完成!
[インタビュー] NHK大河ドラマ『西郷どん』の劇中歌で話題 奄美生まれのシンガー、城 南海が全国ツアーを開催[インタビュー] 挾間美帆がm_unitと描く三部作完結編『ダンサー・イン・ノーホエア』
[インタビュー] 自分には音楽がある KID FRESINO『ài qíng』全曲解説[インタビュー] 人間として、自分に何が出来るか 5lack『KESHIKI』
[インタビュー] 結成20周年を迎えたサックス・アンサンブルの先駆者 ――サキソフォビア『ノクターン』[インタビュー] 主人公の輪郭を求めているのかもしれない 中村雅俊、通算55枚目のシングル「だろう!!」
[インタビュー] 現代に鳴るべき音楽 清 竜人「目が醒めるまで(Duet with 吉澤嘉代子)」[インタビュー] MAKE SOME HAPPEN なにか起こしたい――A-THUGの“夢”
[インタビュー] 後悔は一切ない 〈おはよう武道館〉を控える般若が初のベスト・アルバム『THE BEST ALBUM』をリリース[インタビュー] 宇宙船ジャガー号に潜入取材!――ベスト・アルバム『ジャガーさんがベスト!』に迫る
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015