ニュース

最新文化を発信するエリアを紹介、『NEW LONDON イースト・ロンドン ガイドブック』が登場

2016/04/05 12:54掲載
はてなブックマークに追加
最新文化を発信するエリアを紹介、『NEW LONDON イースト・ロンドン ガイドブック』が登場
 2000年代に入りニューヨークではブルックリンが新たな文化の中心地となって様々な音楽を生み出したのと同様、ロンドンでも歴史と伝統をベースにした新たなカルチャーがイースト・ロンドンで生まれ始めています。今もっとも注目される同地域のカフェやギャラリー、ミュージアム、ショップなど、とっておきのスポット135軒を紹介する『NEW LONDON イースト・ロンドン ガイドブック』(DU BOOKS刊)が4月22日(金)に発売されます。

 イースト・ロンドンにある、Shoreditch、Brick Lane、Bethnal Green、Dalston、Hackney Cetntral、Stoke Newingtonの6つの地域それぞれに焦点をあて、お店 / スポットごとに、ふんだんな写真と、みどころ / おすすめの一品などを紹介するテキストで構成されたこの本を記したのは、カルロス矢吹。これまでに『アムステルダム〜芸術の街を歩く〜』(大和書房刊)、『のんびりイビサ』(スペースシャワーネットワーク刊)など、独自の視点で注目のエリアを紹介してきた著者ならではのガイドブックとなっています。これまで知らなかったロンドンの新しい一面が見えてくるはずです。

■2016年4月22日(金)発売
『NEW LONDON イースト・ロンドン ガイドブック』
カルロス矢吹著
DU BOOKS 1,850円 + 税
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ヴィユー・ファルカ・トゥーレ×クルアンビン、アフリカ、マリの伝説のギタリストをその息子とクルアンビンがオマージュ[インタビュー] 沖仁、デビュー20周年、拠点を長野に移し新たな環境のなかでアルバムを制作
[インタビュー] 後藤真希 、『ザ・マスクド・シンガー』シーズン2で優勝![インタビュー] ピアノの魔術師、ヒビキpiano 待望の新作
[インタビュー] TOKU、20年を超えるキャリアを追った全32曲のベスト・アルバムを発表[インタビュー] 秩父英里、CM・テレビなどにも楽曲を提供、国内外で評価される作曲家がデビュー・アルバムを発表
[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽
[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』[インタビュー] 初の全国流通盤をリリース 話題の一寸先闇バンド登場
[インタビュー] 室田瑞希、ひとりの表現者としての在り方を示す ニュー・シングル[特集] 鞘師里保、初のファンミーティング開催! 
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015