ニュース

映画「メッセージ」、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が作品への思いを語ったコメントが公開に

2017/04/21 13:52掲載
はてなブックマークに追加
映画「メッセージ」、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が作品への思いを語ったコメントが公開に
 優れたSF作品に贈られる文学賞、ネビュラ賞を受賞したテッド・チャンによる小説「あなたの人生の物語」を実写化した映画「メッセージ」が5月19日(金)より全国でロードショー。封切を間近に控え、監督のドゥニ・ヴィルヌーヴが本作に込めた“メッセージ”を語ったコメントが公開されています。

 本作は、主演のエイミー・アダムス扮する娘を亡くした過去を持つ言語学者の“ルイーズ”が、巨大な球体型の宇宙船に乗って地球に現われた知的生命体からのメッセージ解読に挑む様子を描いたSF作。

 SF映画を撮ることが夢だったというヴィルヌーヴは「SFの素晴らしさは、この世の現実をダイナミックに探求できる力にあると思う」とSFと現実の相互関係について語ると、「ナルシシズムが蔓延している現代では、自然との繋がりが危険なほど失われている。今、人類には謙虚さが必要なんだ」とコメント。その言葉どおりヴィルヌーヴは「この物語は、死や自然、命の謎との関係を取り戻すための方法」と本作について語っています。また劇中のルイーズと知的生命体との対話は、人類が失った謙虚さを表現しているのかのようなシーンとなっており、ヴィルヌーヴはその姿を「学校でとてつもなく知的な存在を相手に、勉強している幼い子どもたちをイメージした」と明かしています。

 さらにヴィルヌーヴは「僕にとって本作は“美しい物語”。生きることへの祝福と新鋭な感動を感じて欲しい」と作品への思いを語ると、「自分がいつ、どうやって死ぬかわかったとしたらどうなるか。人生、愛、家族、友人、社会との関係はどうなるのか。死、そして命の性質やその機微と親密な関係にあることで、僕らはより謙虚になることができる」と作品に込めた“メッセージ”を語りました。



「メッセージ」
2017年5月19日(金)より全国でロードショー
www.message-movie.jp

[あらすじ]
突如地上に降り立った、巨大な球体型宇宙船。謎の知的生命体と意志の疎通をはかるために軍に雇われた言語学者のルイーズは、“彼ら”が人類に“何”を伝えようとしているのかを探っていく。その謎を知ったルイーズを待ち受ける、美しくそして残酷な切なさを秘めた人類へのラストメッセージとは――。

監督: ドゥニ・ヴィルヌーヴ
脚本: エリック・ハイセラー
原作: テッド・チャン
出演: エイミー・アダムス / ジェレミー・レナー / フォレスト・ウィテカー


配給: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ある意味ニセモノ──半田健人が構築した“メタ・フォーク”アルバム『生活』[インタビュー] 人を思って、願う気持ちが愛情――YU-A、3年振りの新作『OFF』
[インタビュー] やらせたらスゴい──不良のメンタリティとストイックな姿勢を併せ持つラッパー・デュオ、GAZZA CROOKS[インタビュー] 音楽を作り、演奏する――“覇道を往く”陰陽座の決意表明
[インタビュー] GFRIEND 巷で噂のK-POPグループ、日本本格上陸[インタビュー] シャープだけど薄くない、ただただカッコイイことだけをやりたいグループ――Cracks Brothers
[インタビュー] パーティは終わった――2018年、STRUGGLE FOR PRIDEが贈る憎しみの音楽[インタビュー] 歌声で彩りを――“ヴォーカル”グループとして新たな道を切り拓くCOLOR CREATION
[インタビュー] もう変わる必要はないし、これをずっとやっていけばいい “時代を逆走する”小林太郎の決意と信念[インタビュー] 原動力は愛、すべてのものへの愛――般若『話半分』
[インタビュー] 限りあるこの日々を追い続けよう――伝説のアイドル、セイントフォー再始動[インタビュー] “生き様が音楽に現れる。だからこそどう生きるかが重要”――デビュー30周年を迎えた寺井尚子
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015