ニュース

映画「メッセージ」、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が作品への思いを語ったコメントが公開に

2017/04/21 13:52掲載
はてなブックマークに追加
映画「メッセージ」、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が作品への思いを語ったコメントが公開に
 優れたSF作品に贈られる文学賞、ネビュラ賞を受賞したテッド・チャンによる小説「あなたの人生の物語」を実写化した映画「メッセージ」が5月19日(金)より全国でロードショー。封切を間近に控え、監督のドゥニ・ヴィルヌーヴが本作に込めた“メッセージ”を語ったコメントが公開されています。

 本作は、主演のエイミー・アダムス扮する娘を亡くした過去を持つ言語学者の“ルイーズ”が、巨大な球体型の宇宙船に乗って地球に現われた知的生命体からのメッセージ解読に挑む様子を描いたSF作。

 SF映画を撮ることが夢だったというヴィルヌーヴは「SFの素晴らしさは、この世の現実をダイナミックに探求できる力にあると思う」とSFと現実の相互関係について語ると、「ナルシシズムが蔓延している現代では、自然との繋がりが危険なほど失われている。今、人類には謙虚さが必要なんだ」とコメント。その言葉どおりヴィルヌーヴは「この物語は、死や自然、命の謎との関係を取り戻すための方法」と本作について語っています。また劇中のルイーズと知的生命体との対話は、人類が失った謙虚さを表現しているのかのようなシーンとなっており、ヴィルヌーヴはその姿を「学校でとてつもなく知的な存在を相手に、勉強している幼い子どもたちをイメージした」と明かしています。

 さらにヴィルヌーヴは「僕にとって本作は“美しい物語”。生きることへの祝福と新鋭な感動を感じて欲しい」と作品への思いを語ると、「自分がいつ、どうやって死ぬかわかったとしたらどうなるか。人生、愛、家族、友人、社会との関係はどうなるのか。死、そして命の性質やその機微と親密な関係にあることで、僕らはより謙虚になることができる」と作品に込めた“メッセージ”を語りました。



「メッセージ」
2017年5月19日(金)より全国でロードショー
www.message-movie.jp

[あらすじ]
突如地上に降り立った、巨大な球体型宇宙船。謎の知的生命体と意志の疎通をはかるために軍に雇われた言語学者のルイーズは、“彼ら”が人類に“何”を伝えようとしているのかを探っていく。その謎を知ったルイーズを待ち受ける、美しくそして残酷な切なさを秘めた人類へのラストメッセージとは――。

監督: ドゥニ・ヴィルヌーヴ
脚本: エリック・ハイセラー
原作: テッド・チャン
出演: エイミー・アダムス / ジェレミー・レナー / フォレスト・ウィテカー


配給: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] とにかく一緒に制作するのが楽しい――“馴染んだ”PUSHIM×韻シスト『TO THE NEXT』[インタビュー] 一緒に挑戦していきたい――すべてを出すことができるアンサンブル“MIZUTANI×TAIRIKU”
[インタビュー] “雑食主義”のフィメール・ラッパー、HITが放つファースト・アルバム『THE HIT』![インタビュー] 一音一音の美しさを目指して――本田珠也がICTUS Trioを始動
[インタビュー] ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』[インタビュー] ソムリエのように、ピアノ音楽の楽しさを伝える――大井 健が初の映像作品『Piano Love The Movie』を発表
[インタビュー] 自分たちも知らない、さらなる可能性を求めて――DaizyStripper「4GET ME NOT」[インタビュー] スペシャルインタビュー 坂本慎太郎
[インタビュー] 飼い慣らされない女たち――キノコホテル創業10周年 マリアンヌ東雲が2017年を振り返る[インタビュー] 静的でありながら“不穏の予感”それでいて“快楽そのもの” ギリシャラブ・天川悠雅が目指す、理想の音楽
[インタビュー] 西恵利香、2018年へ “いつでもそこで歌ってる人でありたい”[インタビュー] サクソフォン奏者として、新たにバッハの音楽に息を吹き込む――上野耕平が挑むJ.S.バッハの無伴奏作品集
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015