ニュース

カラオケの採点機能をレッスンに活用する「カラオケ大学」10月よりプレオープン

2018/09/26 12:01掲載
はてなブックマークに追加
カラオケの採点機能をレッスンに活用する「カラオケ大学」10月よりプレオープン
 “歌の専門スクール”として創業23年目を迎える、株式会社エートゥーナンバーレコードによる、“カラオケ採点機能の活用”や“オンラインでのボイトレ”を取り入れた、新しいスタイルのボーカルスクール「カラオケ大学」が2018年10月よりプレオープン。オフィシャル・サイトが公開されました。

 オフィシャル・サイトでは、元ソニーミュージックレコーズ社長・目黒育郎をはじめ、「湖池屋」のTV-CMに出演し注目を浴びたシンガーの鈴木瑛美子、元C-C-B関口誠人など、多くの著名人から寄せられたコメントを紹介。その中でも、林部智史JUJUなどの作品を手がけているキーボーディスト / 作・編曲家の安部 潤は、“カラオケの採点機能をレッスンに活用して歌の上達を目指す”という、カラオケ大学の特徴に触れ「カラオケの採点は日々進化しています。私がプロデュースや演奏するアーティストにも、採点を基礎とした上で自分の表現を付けて良い歌手になっている方が増えています。そういう意味でも、採点機能を活用して歌の上達を目指すというカラオケ大学のコンセプトは非常に理にかなっていると思いますし、これまでのボーカルスクールやボイストレーニング教室が出来なかったことだと思います。カラオケ大学が広く多くの人に支持され、発展することに期待しています。夢を持ったアーティストの卵の皆さんにお会い出来ることを楽しみにしています」と述べています。

拡大表示拡大表示

 また、第59回〈日本レコード大賞〉作曲賞を受賞した家入レオ「ずっと、ふたりで」(2017年)を作詞・作曲した杉山勝彦は“カラオケ”をきっかけに始まったという自身のキャリアについて振り返りながら「中学の修学旅行のバスの中でカラオケを歌った時、同級生から絶賛され、それをきっかけに音楽にのめり込む。高校に入学し近所のギター教室に行き、そこで人生で初めて聴いた爆音で奏でられる高度なテクニックのエレキギターの音色に圧倒される。その足で貯金を全て下ろしてFenderの“Stratocaster”を購入し、音楽に目覚める。The Beatlesの〈Let It Be〉のギターソロを完コピした時点で、自分は音楽で生きていくのだということを決意する。皆さんが音楽の本当の魅力に出会うきっかけに〈カラオケ大学〉がなれたらと思う。たくさんの才能と出会えることを楽しみにしています」とのコメントを寄せています。

 カラオケ大学では、月額5,000円からオンラインでのヴォイス・トレーニングを受けることができ、テレビなどに出演している“歌うま”講師のレッスンほか、プロ・シンガーや音楽業界人によるスペシャル・セミナー、さらにはオーディション形式のライヴ・イベントなど、多彩なコンテンツを予定しています。

「カラオケ大学」
www.karaoke.ac/pre/
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015