ニュース

夏bot(For Tracy Hyde)率いる新バンド、エイプリルブルーがデビュー・アルバムを発表

2019/10/18 12:39掲載
はてなブックマークに追加
夏bot(For Tracy Hyde)率いる新バンド、エイプリルブルーがデビュー・アルバムを発表
 For Tracy Hydeのギタリスト、夏botこと管梓が率いる“ニューJ-POP”を標榜する新バンド、エイプリルブルー(AprilBlue)が、活動開始からわずか8ヵ月で1stアルバム『Blue Peter』(CD PCD-20411 2,000円 + 税)を12月4日(水)にリリース。発売に先駆け、アルバム・トレイラーとジャケット・アートワークが公開されています。

 エイプリルブルーは、管が10代からイベント・オーガナイザーとして活動していたバンド未経験の船底春希の歌声をカラオケで見初め、映画『シング・ストリート 未来へのうた』ばりのバンド神話を目指すべく2018年秋に結成。メンバーには、2人の共通の友人の中から、船底が主催したイベントへの出演経験のあるムラカミカイ(g / I Saw You Yesterday / Inner Wall) 、村岡佑樹 (b / ARAM)、宮澤純一郎 (ds / 17歳とベルリンの壁) という東京インディ・ロック / ポップ・バンドの強力なメンツが集結しています。

 1stアルバム『Blue Peter』は、管が生み出す親しみやすくも浮遊感のあるメロディと、船底が紡ぎ出す“青い”歌詞&透明感のある歌声が印象的で、海外のインディ・ロックやドリーム・ポップのエッセンスをJ-POPのフォーマットと情感に落とし込んだ、どこか懐かしくもフレッシュな感覚に満ち溢れた、まさに“ニューJ-POP”な一枚に仕上がっています。

拡大表示


■2019年12月4日(水)発売
エイプリルブルー
『Blue Peter』

CD PCD-20411 2,000円 + 税

[収録曲]
01. Intro
02. エイプリルブルー
03. スターライト
04. ベイビーブルー
05. 朝
06. サンデー
07. 運命の人
08. イノセンス
09. 花とか猫とか
10. ミルキーウェイの岸辺から
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 進化するKIRINJI “シティ・ポップ”で“夜の匂い”のする14thアルバム[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構
[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』
[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD
[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽
[特集] 1日だけのポイントカラーを楽しむ毛髪着色料「PAF 1-day hair tint」×ファッション・アイコン「lol」が盛り上げる「特別な1日」[インタビュー] インドで生まれ、アメリカで学び、現在は日本で活躍する異色のシンガー・ソングライター、teaがメジャー・デビュー・アルバム『Unknown Places』を発表
[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015