ニュース

マルーン5の新作は、またもやライヴ盤!オアシスのカヴァーも

2005/07/19掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 前身バンド、カーラズ・フラワーズでも光っていた良質なポップ・センスを軸に、ファンクやR&Bに影響されたグルーヴィなロック・サウンドを披露する、米ロサンゼルス出身の5人組、マルーン5。日本でも収録曲がノエビアのCMで使われて話題を集めるなど、デビュー作『ソングス・アバウト・ジェーン』(写真)がワールドワイドでの評判を集めた彼ら。その彼らの新作はまたもやライヴ・アルバムとなるそうです。

 昨年発表されたアコースティック・ライヴの模様を中心にしたミニ・アルバム『1.22.03.ACOUSTIC』に続くライヴ盤第2作となる本作は、まだアルバム・タイトルは決定していないものの、来年に発表されるオリジナル新作収録曲「Wasted Years」や、オアシス「ハロー」のカヴァーなどを収録する予定。地元ではライヴ・バンドとしての人気も得ている彼らの、好演の数々を本作でお楽しみください! リリースはUS盤が9月20日を予定しています。

≪収録予定曲≫
・Shiver
・Through With You
・Tangled
・Harder to Breathe
・The Sun
・Wasted Years
・Secret
・Not Coming Home
・This Love
・Must Get Out
・Sunday Morning
・Sweetest Goodbye
・Hello
・She Will Be Loved
続報
マルーン5のライヴ盤、タイトル&仕様
1:アルバム・タイトルが『Live at the Santa Barbara Bowl』となった模様です。
2:CD+DVD作品としての発売となるそうです。
[ 2005/08/02掲載 ]
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS
[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる
[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
[インタビュー] “この一瞬をどう生きるか”――桑原あい『To The End Of This World』[インタビュー] 結果が全て――結成11年目を迎えた岸田教団&THE明星ロケッツの新作「シリウス」
[特集] 【Live Report】愛と熱狂のF6初単独ツアー![インタビュー] 生まれ変わる必要なく、いつでも少年の心に戻れる――KOJOE『2nd Childhood』
[インタビュー] “バトル・ブーム以降”を踏まえて、大きな場所でやることの意味 輪入道『暴道祭』[インタビュー] 一言で言うと、青春――DÉ DÉ MOUSEが“アガる”もの『be yourself』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015