ニュース

ちゃんみな、新曲「Never Grow Up」配信開始 吉村界人が出演するMV公開

ちゃんみな   2019/07/19 16:42掲載
はてなブックマークに追加
ちゃんみな、新曲「Never Grow Up」配信開始 吉村界人が出演するMV公開
 日本語、英語、韓国語の3ヶ国語を巧みに操るトリリンガル・ラッパー / シンガーのちゃんみなが、8月7日(水)に2ndフル・アルバム『Never Grow Up』(初回限定盤 CD + DVD WPZL-31633〜4 4,200円 + 税 / 通常盤 CD WPCL-13069 3,000円 + 税)をリリース。リード曲「Never Grow Up」が7月19日(金)より先行配信されます。併せて、同楽曲のミュージック・ビデオがYouTubeにて公開中。

 「Never Grow Up」は、iTunes HIP HOP / RAPチャート1位、LINE MUSICで1位を獲得したちゃんみなの代表曲「CHOCOLATE」「LADY」を手掛けるRyosuke “Dr.R” Sakaiとの共作。20歳になったちゃんみなが、「若いが故の執着や依存、前に進もうとしない、成長できないでいる事に目を背ける、そんな経験から書いた」とコメントしている、恋愛をテーマにした珠玉のミディアム・チューンとなっています。

 「Never Grow Up」のMVは、数々の日本の音楽シーンを彩るMVを手掛ける大久保拓朗と初めてタッグを組み、ちゃんみなの相手役に俳優の吉村界人が出演。ラヴ・シーンや海の中での撮影など約40時間に及ぶ撮影時間を費やした、あるカップルの荒く激しい恋愛模様が描かれています。共演した吉村は、「お互いに自分の中に虎と兎がいて、だからこそ、撮影時の憂いも歓喜も、照れくさいのも、言葉にはしないけど内心では共鳴してたんじゃないかって今は思います。ずっと満ち足りない、とっぽいMVでした」とコメントしています。

 ワーナーミュージック移籍後初となるニュー・アルバム『Never Grow Up』は、リード曲「Never Grow Up」のほかに、ちゃんみなが海外で注目を浴びるきっかけとなった「Doctor」、20歳になる直前に想いを綴った「PAIN IS BEAUTY」、初めて日本語、英語、韓国語の3ヶ国語の歌唱をし、アメリカのiTunes HIP HOPチャートにランクインした「I'm a Pop」など全13曲を収録。初回限定盤にはボーナストラック1曲が追加収録されるのに加え、ライヴDVDが付属します。

 なお、ちゃんみなは、自身初の東阪ホール・ツアー〈PRINCESS PROJECT 4〉を11月14日(木)大阪・NHK大阪ホール、11月22日(金)東京・渋谷 LINE CUBE SHIBUYAにて開催。詳細はオフィシャル・サイトをご確認ください。

何か物作りとか表現をしてない時の時間って、
たとえ、その時は笑顔でもどこか仮初めな気分がしたりするんですよ。
何か欠けてるみたいな。
そんなことを話してたら、ちゃんみなが「表現人間だよ、それ。わかる。」と言っていて、凄いその時、この作品に参加させていただけてよかったなと思いました。
1年あったら僅かにあって、そういう人との出会いが。
今回は、しかもお互いに自分の中に虎と兎がいて、だからこそ、撮影時の憂いも歓喜も、照れくさいのも、言葉にはしないけど内心では共鳴してたんじゃないかって今は思います。
20代の1分、1秒って本当早くて何故かテンパってて、だからこの歌の「私に聞かないでよ」という歌詞と最後は「月が綺麗だね」で終わる部分が僕は好きでした。
ずっと満ち足りない、とっぽいMVでした。
ありがとうございました。

――吉村界人

「Never Grow Up」というタイトルは、『未成年』をリリースした頃には既に、20歳というターニングポイントを迎えてリリースする大切な作品のタイトルにしようと決めていたものでした。
「Never Grow Up」という言葉は一見すると後ろ向きな言葉にも捉えられてしまうんですが、アルバム『Never Grow Up』というタイトルにおいては、歳は重ねていくけど、これからも私の子供のようなピュアな心を持ったままでね というポジティブな意味と願いを込めています。
そして、この「Never Grow Up」という曲においてはアルバムタイトルにおける意味合いとは逆に、ネガティブな意味での“Never Grow Up”としてこの言葉を使いました。
若いが故の執着や依存、前に進もうとしない、成長できないでいる事に目を背ける、
そんな経験から書いた曲です。
そしてMVでは、初めて俳優の方と共演しました。
出演してくれた吉村界人くんとは初めましてだったんですが、界人くんと私はどこか人としての根っこの部分でシンパシーを感じることが多く、普段人にあまり共感してもらえないような話もできたり、自分が表現をしている事で生かされているという似た者同士なところを沢山見つける事ができました。
そんな彼との共演だったからこそ、他には無いような凄くリアルで感慨深い美しい作品に仕上がった手応えがあります。

――ちゃんみな



■2019年7月19日(金)配信開始
ちゃんみな
「Never Grow Up」

chanmina.lnk.to/NeverGrowUpPu
税込250円
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』
[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表
[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ
[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集
[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー
[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015