ニュース

Fábio Caramuruが日本の鳥にフォーカスしたニュー・アルバムをリリース

ファビオ・カラムル   2018/05/23 14:40掲載
はてなブックマークに追加
Fábio Caramuruが日本の鳥にフォーカスしたニュー・アルバムをリリース
 昨年のピアノ小曲集『Dó Ré Mi Fon Fon』が好評を博しているブラジル・サンパウロのピアニスト・Fábio Caramuruが、ニュー・アルバム『EcoMúsica | Aves』(FLAU-69 2,300円 + 税)をリリース。5月16日より販売がスタートしています。

 同作は、2016年発表の『EcoMúsica』の続編にあたる作品。ブラジルの生態系をリサーチした上で、世界最大級の自然音ライブラリ「FNJV」所蔵音源を交えて制作された『EcoMúsica』に続き、今回Caramuruは昨春の来日時にインスパイアされたという日本の鳥にフォーカス。NPO法人「バードリサーチ」提供音源とのセッションを繰り広げています。



■2018年5月16日(水)発売
Fábio Caramuru
EcoMúsica | Aves

FLAU-69 2,300円 + 税

[収録曲]
01. komadori
02. zuakaaobato
03. hidorigamo
04. kakkou
05. ikaru
06. aobato
07. uguisu
08. kohakuchou
09. chuushakushigi
10. hototogisu
11. ooyoshikiri
12. kumagera
13. toratsugumi
14. mebosomushikui
15. hashibosogarasu
16. Tsumi
17. gabichou
18. kuina
19. kumataka
20. manazuru
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS
[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる
[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
[インタビュー] “この一瞬をどう生きるか”――桑原あい『To The End Of This World』[インタビュー] 結果が全て――結成11年目を迎えた岸田教団&THE明星ロケッツの新作「シリウス」
[特集] 【Live Report】愛と熱狂のF6初単独ツアー![インタビュー] 生まれ変わる必要なく、いつでも少年の心に戻れる――KOJOE『2nd Childhood』
[インタビュー] “バトル・ブーム以降”を踏まえて、大きな場所でやることの意味 輪入道『暴道祭』[インタビュー] 一言で言うと、青春――DÉ DÉ MOUSEが“アガる”もの『be yourself』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015