ニュース

福山雅治、初の男性限定ライヴいよいよ開催迫る

福山雅治   2014/12/19 15:25掲載
はてなブックマークに追加
福山雅治、初の男性限定ライヴいよいよ開催迫る
 現在、4ヵ月にわたるツアー〈福山☆冬の大感謝祭 其の十四 お待たせしました! あなたの街でもオープンしちゃわnight(ナイト)!! 旅する音楽の館、Hotel(オテル)de(デ)Fukuyama III〉を開催中の福山雅治。今回は、12月23日(火・祝)、24日(水)に初の試みとして“性別限定”スペシャル・ライヴを開催、さらに男性限定ライヴでは“聖衣(タンクトップ)”“聖紐(Tバック)”、女性限定ライヴは“聖衣(キャミソール)”“聖紐(Tバック)”とユニークなオリジナル・グッズを販売することも話題となっています。

 初の試みが詰まったスペシャル・ライヴは、いよいよ来週開催。12月24日の女性限定ライヴのチケットはすでに完売となっていますが、12月23日の男性限定ライヴは当日券が出る可能性もあるそう。

 また、男性限定ライヴでは「男性限定 友達同伴キャッシュバックキャンペーン」が実施されることも発表されており、こちらはライヴ当日、開場であるパシフィコ横浜に設置される「キャッシュバック窓口」に「友達の証」(何でもOK)を提示すれば、友達1名様につき1,000円キャッシュバックされます。

 2014年を締めくくるイベントのひとつとして、福山からの遊び心ある粋な計らいが随所に感じられる男性限定ライヴ。ぜひ友だちを誘って男同士で盛り上がる“野郎夜”を体験してみては。

※グッズ、キャッシュバックキャンペーンなど、公演に関する詳細は、福山雅治のオフィシャル・サイトにてご確認ください。

福山☆冬の大感謝祭 其の十四
男の、男による、男のための聖夜にして野郎夜(やろうや)!!
12.23 Hotel(オテル)de(デ)Fukuyama III 横浜メンズ館

www.fukuyamamasaharu.com/sp/kansyasai2014_special
2014年12月23日(火・祝)
神奈川 パシフィコ横浜 展示ホール
開場 15:30 / 開演 17:00
全席指定 9,500円(税込 / 5歳以上有料)

[プレイガイド]
※チケット一般発売中
イープラス eplus.jp
チケットぴあ pia.jp/t/fukuyama-mens (P 245-121)
ローソンチケット l-tike.com/fukuyama-m (L / 23日 75858)
※本公演のチケットはすべて“座席指定引換券”となり座席番号はコンサート当日に分かる方法になります。

[お問い合わせ]
キョードー横浜 045-671-9911
※12月23日公演は「男性のみ」ご参加いただけます。
※当日は同伴者含め氏名と性別のある公的証明書(各種健康保険証、年金手帳、パスポート、住民票などのうちいずれか1つ)を必ずご持参ください。
※座席指定引換券をお持ちでも、ご自身の性別と違う公演にはご入場出来ません。誤って購入され、当日入場をお断りした場合でも、返金は一切行ないません。
※注意事項の詳細は必ず公式サイトをご確認ください。
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 現代に鳴るべき音楽 清 竜人「目が醒めるまで(Duet with 吉澤嘉代子)」[インタビュー] MAKE SOME HAPPEN なにか起こしたい――A-THUGの“夢”
[インタビュー] 後悔は一切ない 〈おはよう武道館〉を控える般若が初のベスト・アルバム『THE BEST ALBUM』をリリース[インタビュー] 宇宙船ジャガー号に潜入取材!――ベスト・アルバム『ジャガーさんがベスト!』に迫る
[インタビュー] “わたし”から“私”へ 吉澤嘉代子『女優姉妹』[インタビュー] 孤独を歩こう――2018年の日本を描いた、中村 中『るつぼ』
[インタビュー] “黒い春”と一緒に“死者の日”を楽しもう エル・ハル・クロイの世界とは[インタビュー] 泣けて笑えて、また泣けて、また笑えて――近田春夫×児玉雨子
[インタビュー] ビートで紡ぐストーリー――CRAM『The Lord』[インタビュー] 進化し続けるCOLOR CREATION 新たなチャレンジや発見も詰まった「I
[インタビュー] カズオ・イシグロが歌詞を提供した“ジャズ・ソングバード” ステイシー・ケントがジム・トムリンソンと描く美しい歌[インタビュー] 新しい自分を見つけることができる作品だった――指揮者アンドレア・バッティストーニ×東京フィルハーモニー交響楽団によるセッション録音プロジェクト第2弾に女優のんが登場
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015