ニュース

井上陽水、ポール・マッカートニーのトリビュート盤に参加

井上陽水   2014/11/26 15:51掲載
はてなブックマークに追加
井上陽水、ポール・マッカートニーのトリビュート盤に参加
 ポール・マッカートニーに捧げる超豪華トリビュート・アルバム『アート・オブ・マッカートニー〜ポールへ捧ぐ』の日本盤が12月10日(水)発売。また、日本盤のスペシャル・ボーナストラックには井上陽水が参加しています。

 ボブ・ディランビリー・ジョエルブライアン・ウィルソンスモーキー・ロビンソンなど総勢32組のアーティストが参加、CD2枚組に全35曲が収録されている本作。ポール本人は、「このような作品を作ってくれることは光栄で素晴らしい作品に仕上がっているよ。素晴らしいアーティストたちが参加してくれて色々な曲を聴かせてもらったけどすべて素晴らしいね」と語っています。

 本作の収録曲は、基本的に参加アーティスト側に一任されたとか。井上陽水が選曲したのは、1968年のアルバム“ホワイト・アルバム”こと『ザ・ビートルズ』に収録されている「アイ・ウィル」。ビートルズがインドへ瞑想修行に行った際ポールが制作、69年に結婚したリンダ・マッカートニーに捧げたといわれるラヴ・ソング。

 井上陽水は、「世の中に音楽を愛する人はそれこそ星の数ほどにいる。それぞれの人が音楽をどのくらい愛しているか、誰が一番、音楽を愛しているか、それを計る計測器はこの世にないけれど、僕の知っている範囲でポール・マッカートニーは間違いなくNo.1だ。それは間違いのないことなのだ」とコメントしています。
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015