ニュース

岩崎 愛、RSDに兄・岩崎 慧(セカイイチ)と製作した7inchをリリース!5月にはリリース・ツアーの開催も

岩崎愛(SSW)   2015/03/24 16:37掲載
はてなブックマークに追加
岩崎 愛、RSDに兄・岩崎 慧(セカイイチ)と製作した7inchをリリース!5月にはリリース・ツアーの開催も
 4月18日(土)に全世界同時開催されるRECORD STORE DAYに、セカイイチのフロントマンとして活躍する岩崎 慧とシンガー・ソングライターの岩崎 愛という実の兄妹による7inch「Brother&Sister」がリリースされることが決定しました。

 毎年お正月やお盆に大阪で〈岩崎家お里帰りライブ〉を開催し、今年2月には〈brother&sister TOUR〉として東名阪をまわるツアーを行なった岩崎兄妹。ツアーの開催、そして昨年の“Black Friday”に岩崎 愛が7inch「哀しい予感」をリリースしたことをきっかけに、RECORD STORE DAYに向けてオリジナル楽曲の制作がスタート。

 口笛というプリミティブなサウンドがポップに絡み合う「Brother&Sister」をはじめ、軽快なリズムに乗せてそよ風がふっと心にしみ込むようなノスタルジックな「Eighteen Sister」、シンプルなアコースティック・ギター・サウンドに2人のハーモニーが映える「name」と、2月のツアーでも披露されたレコード・フレンドリーな3曲を収録した名盤が完成しました。

 5月からは兄妹で全国をまわるリリース・ツアーも開催決定。また、4月11日(土) に恵比寿 天窓.switchにて開催される岩崎 愛主催イベント〈月とギターと猫と君 vol.4〉の一般発売も3月29日からスタートとなっています。

■2015年4月18日(土) 発売 ※RECORD STORE DAY
岩崎慧 岩崎愛 / Brother&Sister
ODEP-008 1,600円 + 税
only in dreams
7inch+バックアップCD
A1. Brother&Sister(作詞:岩崎 愛 作曲:岩崎 慧 岩崎 愛)
B1. Eighteen Sister(作詞・作曲:岩崎 慧)
B2. name(作詞・作曲:岩崎 慧)

Brother&Sister リリースツアー 〜ふたりは兄妹〜
5月6日(水・祝)
北海道・札幌musica hall cafe
開場18:00 / 開演19:00
前売り:3000円 / 当日券:3500円

5月9日(土)
大阪・西長堀cafe Room
開演 18:00 / 開演 18:30
前売り:3000円 / 当日券:3500円

5月10日(日) 昼の部“リクエストDay”
大阪・西長堀cafe Room
開場 12:30 / 開演 13:00
前売り:3000円 / 当日券:3500円

5月16日(土)
愛知・大曽根Blue Frog
開場 18:30 / 開演 19:30
前売り 3000円(+テーブルチャージ) / 当日券 3500円(+テーブルチャージ)

6月4日(木)
東京・下北沢440
開場 18:30 / 開演 19:30
前売り 3000円 / 当日券:3500円
※※チケットはすべて+1ドリンク

岩崎 愛 Presents 月とギターと猫と君 vol.4
2015年04月11日(土) 恵比寿 天窓.switch
開場 18:00 / 開演 18:30
出演:岩崎 愛 / くもゆき / 関取 花
前売り:3000円(+1D) 3月29日より一般発売開始
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015