ニュース

アニメ『亡念のザムド』のED曲を歌うKyleeが番組とのコラボEPをリリース

Kylee   2009/06/09 14:53掲載
はてなブックマークに追加
アニメ『亡念のザムド』のED曲を歌うKyleeが番組とのコラボEPをリリース
 一線級のスタッフたちによるハイクオリティな映像も話題なアニメ『亡念のザムド』のエンディング・テーマを歌う新人アーティストのKylee(カイリー)が、『亡念のザムド』とのコラボレーションEPをリリース! EPに収録されるすべての楽曲が番組のテーマ曲になっているという、新人では異例中の異例な大抜擢が話題の作品です。

 Kyleeはアメリカ人の父と日本人の母を持つ15歳の女性シンガー。12歳の頃より、米NBAなどのスポーツ大会で国歌斉唱をパフォーマンスする実力派として注目されています。

 発売されるEP『Kylee meets 亡念のザムド』(DFCL-1585 税込2,200円)には、番組のエンディング・テーマとして使われる「VACANCY」「Just Breathe」「Over U」の全3曲を収録。またここでしか見ることのできないという、エンディング映像の原画コンテ3曲分が別冊ブックレット(60ページ!)として付いてきます。発売は7月29日。2ヶ月限定生産でのリリースとなりますので、お買い求めはお早めに!

 なお、7月22日には同作のDVD/ブルーレイ・ディスク化がスタート! こちらもお忘れなく!


『Kylee meets 亡念のザムド』
(DFCL-1585 税込2,200円):7月29日発売。

・VACANCY
・Just Breathe
・Over U

*期間生産限定盤(2ヶ月限定生産)
*別冊60P原画ブックレット付・三方背スリーブケース仕様

(c)BONES / Sony Computer Entertainment Inc. , Aniplex
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 楽しいことが一個でもあったら生きていける フィメール・ラッパーのpinokoがChilly Sourceからデビュー[インタビュー] 音楽で“アガっていける”瞬間を求めて ERA『Culture Influences』
[インタビュー] 明るい未来が待っている――新生・風男塾の“熱い”魅力とは[インタビュー] いい加減みんな気づいてるんじゃないの?――“違和感”と対峙する、GEZAN『Silence Will Speak』
[インタビュー] デビュー10周年を迎えた藤澤ノリマサ 歌とピアノだけで挑んだ『ポップオペラ名曲アルバム』[インタビュー] 史上初のクラシカルDJ / 指揮者、Aoi Mizunoが開く“ミレニアル世代のためのクラシックの入り口”
[インタビュー] ポップ・マエストロ、松尾清憲 新章の幕開けを飾る『All the World is Made of Stories』[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』
[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』
[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015