ニュース

マウロ・スクイッランテ&サンテ・トゥルジ、〈イタリアの四季〉シリーズ完結編「イタリアの春」を発表

マウロ・スクイッランテ   2020/01/29 12:38掲載
はてなブックマークに追加
マウロ・スクイッランテ&サンテ・トゥルジ、〈イタリアの四季〉シリーズ完結編「イタリアの春」を発表
 マンドリン奏者のマウロ・スクイッランテとギタリストのサンテ・トゥルジが、2016年9月発表の『Autunno〜イタリアの秋〜』を皮切りに発表していた〈イタリアの四季〉四部作の最後を飾る『Primavera〜イタリアの春』(CD RES-324 2,500円 + 税)を2月26日(水)に発表します。

 収録曲は、ヴィヴァルディの四季より「春」の第3楽章、イタリアにルーツを持つアストル・ピアソラの「ブエアノスアイレスの春」、マスカーニのオペラ「カヴァレリア・ルスティカーナ」の間奏曲など、バラエティに富んだもの。また、マンドリン音楽の発展と普及に貢献したラファエレ・カラーチェ、ジャコモ・サルトーリ、カルロ・ムニエルの作品を取り上げており、ここからは閉鎖されていたナポリ・マンドリン・アカデミーを復活させ、マンドリンの普及に務めるスクイッランテの強い意思が感じられます。

[コメント]
イタリアの季節を巡る旅は、いよいよ最終章を迎えることになりました。現在までに“イタリアの四季”と題して、秋、夏、冬編をリリースしてきましたが、春=プリマヴェーラでこのシリーズを完結することは、とても感慨深いものです。なぜなら“プリマヴェーラ”という言葉は、イタリア語で「最初のシーズン」という意味もあるからです。つまり私達は、この作品で終わりを迎えるのではなく、ここからまた、新たなる音楽の旅をスタートさせるのです!
――マウロ・スクイッランテ

リスペクトレコード
www.respect-record.co.jp/discs/res324.html
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] デヴィッド・ブロザ、イスラエルの国民的シンガー・ソングライターが初のインスト・アルバムを発表[インタビュー] ちゃんみな“、堕天使”をテーマに展開するドラマ仕立てのニュー・シングル
[インタビュー] ピアニスト、ラン・ランの新作は満を持して臨んだ『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』[インタビュー] 50/50
[インタビュー] 杏沙子[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP
[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)
[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る
[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015