ニュース

「JAPAN LIVE YELL project」が新テーマで始動 森山直太朗の楽曲起用ウェブ・ムービー公開

森山直太朗   2021/10/26 13:16掲載
はてなブックマークに追加
「JAPAN LIVE YELL project」が新テーマで始動 森山直太朗の楽曲起用ウェブ・ムービー公開
 公益社団法人 日本芸能実演家団体協議会(以下、芸団協)は、コロナ禍により深刻な影響が続く文化芸術活動の開催を支援し、出演者、スタッフ、ファンなどライヴ・舞台芸術に関わるすべての人の気持ちを力強く後押しする全国規模の事業「JAPAN LIVE YELL project(ジャパン・ライブエール・プロジェクト)」を、文化庁の支援のもと2020年より実施しています。

 2021年度は、舞台芸術鑑賞への需要回復が低迷している現況下において、ライヴのワクワクドキドキをもう一度思い出してもらいたいという願いから当プロジェクト・テーマを「ライブで会おうよ。」とし、10月より本格始動しています。ライヴの鑑賞に留まらない、ライヴ鑑賞の過程における様々なワクワクや・ドキドキとの出会いに着目し、予定を立て、服を選んだり、開演を待ち望んだり、終演後に感想をシェアし合ったりと、数えきれないくらいのドキドキとライヴで“会うこと”の魅力を発信していきます。

 また、刷新された2021度のイメージ・ヴィジュアルには、本年のプログラムに出演する飯森範親(指揮者)、上野水香(バレエダンサー)、清水ミチコ(タレント)、中村壱太郎(歌舞伎俳優)、吉田羊(女優)の5名(五十音順)にご協力いただき、プロジェクト・テーマである「ライブで会おうよ。」のメッセージを発信していきます。当プロジェクト・イメージ・ヴィジュアルは「JAPAN LIVE YELL project」公式サイトにて公開しています。「JAPAN LIVE YELL project」公式サイトでは、全国28都道県で開催される地域色豊かな184本のプログラム情報及びスケジュールを紹介。さらに、シンガー・ソングライターの森山直太朗がリアレンジした楽曲「花」を歌い上げる当プロジェクトのウェブ・ムービーを10月26日(火)より公開しています。

[コメント]
このプロジェクトのお話をいただき、14年前に奄美大島出身の中孝介君に書き下ろした「花」という曲を装い新たにレコーディングし直しました。自分自身もツアーがある度に大切に歌い続けて来た作品でもあり、このような機会を頂けたことに感謝しております。日本のみならず世界でもライブやイベントを行うことは困難な状況は未だ続いています。当たり前にあった非日常がままならない今だからこそ演者はその有り難みを重く受けとめ、オーディエンスの皆さんにはその貴重なひとときを今まで以上に味わってもらいたい、そんなライブや音楽の意味合いを改めてお互いで感じ、思考するまたとない機会なのだと思っております。
“それぞれの花 心に宿す”
「花」の最後のフレーズです。ライブやエンターテイメントを通じて演者、オーディエンス、それを支える皆さんそれぞれの心が彩られる事を祈りながら、プロジェクトの更なる成功を願っております。

――森山直太朗



2021年「JAPAN LIVE YELL project」
jlyp.jp

JAPAN LIVE YELL project EVENT INFO
jlyp.jp/event
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015