ニュース

Mr.Childrenの名曲「蘇生」がドキュメンタリー映画『ライフ ―いのちをつなぐ物語―』の主題歌に決定!

Mr.Children   2011/06/22 15:26掲載
はてなブックマークに追加
Mr.Childrenの名曲「蘇生」がドキュメンタリー映画『ライフ ―いのちをつなぐ物語―』の主題歌に決定!
 BBC EARTH製作、撮影日数3000日、総製作費35億円をかけたネイチャードキュメンタリー史上最大規模で贈る、映画『ライフ ―いのちをつなぐ物語―』(9月1日公開)の主題歌が、Mr.Childrenの「蘇生」に決定しました。本作は、従来の俯瞰で捉えた自然の美しさだけではなく、最新のカメラ技術によって“今まで観ることのできなかった”動物と同じ目線”の撮影に成功、動物たちの息づかいが聞こえてくるほどリアルな世界が描かれています。

 そして、全15シーンに及ぶ史上初の決定的瞬間、地球上の全大陸、陸・海・空、あらゆる動物の20を超えるエピソード、その一つひとつに描かれる、動物たちそれぞれの“いのち”の物語に、生きることの素晴らしさ、生きる意味を感じることのできる、生命の強さと美しさを描いた感動の物語です。

 そんな、映画の持つ強いメッセージに共鳴し、楽曲を提供したのが、日本を代表するアーティスト・Mr.Children。リリースから9年の時が経ち、なおも色褪せることなく大切に歌い続けられてきた「蘇生」は、この映画で描かれるピュアでまっすぐな“いのち”の物語に共鳴するだけでなく、いま、日本に暮らす多くの人たちを励まし、元気づける、輝きを放ちます。生き抜く強さやたくましさ、動物たちを通して感じることのできる、“いのち”をつないでいくことの大切さといった、映画が持つまっすぐなメッセージは、そのまま「蘇生」という楽曲が持つ魅力と重なり、「今だからこそ、一人でも多くの方々に、映画を知り、映画をご覧頂きたい」という想いを真摯に受けとめたMr.Childrenが、「蘇生」を主題歌として提供致しました。発表以来、これまでもコンサートツアーの定番として歌われてきた楽曲が、今ニッポンを勇気づける特別な想いを乗せて、“新たな輝き”を放ちます。


【映画情報】

『ライフ ―いのちをつなぐ物語―』(原題:『ONE LIFE』)
公開日:9月1日(木)[映画サービスデー]
日本版ナレーション<ライフ案内人>:松本幸四郎(68)、松たか子(34)
主題歌:Mr.Children「蘇生」(トイズファクトリー) 

監督:マイケル・ガントン、マーサ・ホームズ (共同監督)
製作:BBC Earth Filems 配給・宣伝:エイベックス・エンタテインメント 
宣伝:KICCORIT/P2/NO FUTURE
公式HP:http://www.onelifemovie.jp 
2011年/イギリス/35mm/88min/ビスタサイズ/ドルビーデジタル
(C) BBC EARTH PRODUCTIONS(LIFE)LIMITED MMXI.ALL RIGHTS RESEVED
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015