ニュース

中村繪里子がパーソナリティ番組OP・ED曲で“ラジオの存在”を表現

中村繪里子   2018/03/05 13:56掲載
はてなブックマークに追加
中村繪里子がパーソナリティ番組OP・ED曲で“ラジオの存在”を表現
 「THE IDOLM@STER」シリーズの“天海春香”役で知られる声優・中村繪里子が、シングル2タイトル「約束の場所まで」「そんな素敵な夜だから」を2月にリリース。両楽曲が、ラジオ・リスナーからの注目を浴びています。

 両楽曲は、中村がパーソナリティを務めるラジオ番組「中村繪里子 キラとき☆」の新OP曲と新ED曲。番組は中村の他愛もない日常トークとリスナーからのお便りで構成される昔ながらの番組構成。そのスタイルに共鳴したぐるたみん蝶々P一之瀬ユウ)をプロデューサーに迎えて制作されています。蝶々Pの「約束の場所まで」は放送を“約束の場所”になぞらえ、毎週放送を楽しみにしているリスナーに対して“また今週も無事、お会いできましたね”という思いを込めた楽曲。ぐるたみんの「そんな素敵な夜だから」は、“独りの部屋に 誰かがいた”というフレーズでラジオを界面としたパーソナリティとリスナーのインタラクティヴな関係を表現。中村は両楽曲について「ラジオを通して広がっていったときに、誰かの応援歌となってほしい。ラジオ以外でもみんなを支えるものになれたら幸せです」とコメントしています。

拡大表示拡大表示

テーマ曲を制作させて頂くにあたり、一番意識したことは「ラジオを聴いている方々に笑顔になってもらえる、喜んでもらえる楽曲にしよう」という事でした。毎週この時間にラジオを聴いたらみんなが繋がれる、そんな素敵な場所の幕開けの曲になってくれたら良いなという想いから「約束の場所まで」という曲名をつけました。沢山聴いて頂けたら幸いです。
――蝶々P(一之瀬ユウ)

「そんな素敵な夜だから」は、テーマソングとして書かせていただいた楽曲ですが、僕の生放送などでのリスナーさんとの繋がりも意識して作った楽曲でもあります。一方は声を届けて、もう一方は聞く。「ラジオ」というツールを挟んではいるけど、一緒に同じ空間にいるんだって思える。それってすごく素敵だなって感じたことが、この曲を書こうと思ったきっかけです。みなさんの素敵な夜に寄り添える楽曲であったらうれしいです!
――ぐるたみん

■2018年2月11日(日)発売
中村繪里子
「約束の場所まで」

税込500円

■2018年2月26日(月)発売
中村繪里子
「そんな素敵な夜だから」

税込500円
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS
[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる
[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
[インタビュー] “この一瞬をどう生きるか”――桑原あい『To The End Of This World』[インタビュー] 結果が全て――結成11年目を迎えた岸田教団&THE明星ロケッツの新作「シリウス」
[特集] 【Live Report】愛と熱狂のF6初単独ツアー![インタビュー] 生まれ変わる必要なく、いつでも少年の心に戻れる――KOJOE『2nd Childhood』
[インタビュー] “バトル・ブーム以降”を踏まえて、大きな場所でやることの意味 輪入道『暴道祭』[インタビュー] 一言で言うと、青春――DÉ DÉ MOUSEが“アガる”もの『be yourself』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015