ニュース

Achicoと戸高賢史によるRopes、3都市ワンマン会場で4曲入りアナログ盤販売

Ropes(THROAT RECORDS)   2019/01/10 12:56掲載
はてなブックマークに追加
Achicoと戸高賢史によるRopes、3都市ワンマン会場で4曲入りアナログ盤販売
 ヴォーカリストのAchicoとギタリストの戸高賢史MONOEYES / Crypt City / ART-SCHOOL)によるユニット、Ropesが、アナログ盤「Baby」をリリース。2月からスタートするワンマン・ツアー〈Ropes ONE MAN TOUR “Drawing”〉の各会場にて販売開始されます。

 本作は、2018年にリリースされたデジタル限定シングル「Draw」収録の「Draw」「yume」と、新曲「Romance」「Baby」の計4曲を収録。ツアーは2019年2月1日(金)に愛知・名古屋 K・D ハポン、2月2日(土)に大阪・梅田 Shangri-La、2月16日(土)に東京・渋谷 WWWで開催されます。アナログ盤や同ツアーの詳細はオフィシャル・サイトにてご確認ください。

2018、Ropesは新作をなるべく早く聴いてほしいという思いから、
新しいシングルをストリーミング・サービス2社でリリースしました。
今も曲たちとそのパッケージは、儚げにでも凛とそこにあります。
いい曲をみんなで録音できた! だから少しでも知るきっかけがあれば聴いてほしい。
という純粋な気持ちも、変わらず同じようにそこにあります。
2018年は自分たちでゲストを招いた初の自主企画も開催できたり、
これから始まる3都市でのツアーや、このLPの事を仲間と考える時間もとても楽しかったですし、Ropesにとって次の変化に向かう良い一年だったと思います。
今回のリリースを始め、Ropesのすべての活動を誰よりも一緒に楽しんでくださり、支えてくださっている皆さんに感謝し、誇りに思っています。
2019年2月1日からスタートするワンマンツアー〈Drawing〉で販売を開始するLP「Baby」には、まずは、そんな皆さんに確実に音楽を届けることができたら、という想いが込められています。
とりあえず、これまでで一番、めちゃくちゃいい音! です。
そして、これまでのRopesとはまた違った側面を存分に感じてもらえる作品になったと思います。
そしてライブは特別編成ですので、より奥行きのあるRopeを楽しんでもらえると思います。
各地で、皆さんと今の心や言葉を交わせることをとても楽しみにしています。
それぞれのやり方を大きく受容し、今回のLPリリースについても相談に乗ってくれ、一緒に考えてくれているTHROAT RECORDS / LOSTAGEの五味君にも、感謝とリスペクトが止まりません。
素晴らしいジャケットをデザインしてくれた、CIDER inc.も本当にありがとう。
それでは、2019年の一瞬を、少しでも共に歩きましょう。
各ライブ会場でお会いできるのを楽しみにしています。

――Ropes Achico

拡大表示


■2019年2月1日(金)発売
Ropes
「Baby」

vinyl
※製品番号・価格未定
 
[side A]
01. Romance
02. yume
 
[side B]
01. Baby
02. Draw

Ropes ONE MAN TOUR
“Drawing”


2019年2月1日(金)
愛知 名古屋 K・D ハポン

2019年2月2日(土)
大阪 梅田 Shangri-La

2019年2月16日(土)
東京 渋谷 WWW
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015