ニュース

ステレオラブから最後のプレゼント、新作アルバム『Not Music』が発売

ステレオラブ(Stereolab)   2010/08/30 13:58掲載
はてなブックマークに追加
ステレオラブから最後のプレゼント、新作アルバム『Not Music』が発売
 2009年に活動休止を発表したステレオラブ(Stereolab)。バンドからの最後のプレゼントになるであろう新作アルバムが発売されます。

 リリースされるのは、2008年発表のスタジオ・アルバム『ケミカル・コーズ(Chemical Chords)』の制作セッション時にレコーディングされていた未発表曲を中心にした作品。当初は『Chemical Chords 2』と呼ばれていましたが、最終的にアルバム・タイトルは『Not Music』(写真)となっています。

 アルバムはリミックス曲ほかを含んだ全13曲入り。米Drag Cityより、米国にて11月16日に発売される予定です。

 なお、9月21日(米国)には、バンドを結成時から支えたフランス人ヴォーカリスト、レティシア・サディエールの初ソロ名義アルバム『The Trip』も発売されます。こちらもお忘れなく。


『Not Music』

[収録曲]
1. Everybody's Weird Except Me
2. Supah Jaianto
3. So Is Cardboard Clouds
4. Equivalences
5. Leleklato Sugar
6. Silver Sands [Emperor Machine Mix]
7. Two Finger Symphony
8. Delugeoisie
9. Laserblast
10. Sun Demon
11. Aelita
12. Pop Molecules (molecular pop 2)
13. Neon Beanbag [Atlas Sound Mix]
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] なんもないけどなんかある 踊Foot Works『GOKOH』[インタビュー] 心の拠り所となるものをみつけて、信じる気持ちが大切――聴き手の心を導く“光”となるキャサリン・ジェンキンスの最新作
[インタビュー] 地下アイドル卒業とメジャー・デビュー――『パノラマ街道まっしぐら』を巡る姫乃たまの現在[インタビュー] “グレート・アメリカン・ソングブック + スパイス・ガールズ” ローレン・デスバーグの普遍的魅力
[インタビュー] “豊かさ”を思い出させる音楽 児玉奈央『IN YOUR BOX』[インタビュー] ジャズ・ギタリスト小沼ようすけが追求する、生き方とマッチした音楽“Jam Ka”
[インタビュー] どんどん上がっていくイメージをキープしていたい――ラフィンノーズが“ニュー・アルバム”『NEGATIVE』を2作同時リリース[インタビュー] 最新の挑発――Ramza『sabo』
[インタビュー] “知らない土地でノーバディになれた” 解き放たれたインプロヴィゼーション――ハクエイ・キム『カンヴァセーションズ・イン・パリ』[インタビュー] フレッシュな気持ちとユーモアをもって音楽に接する 高田 漣『FRESH』
[特集] 働く女性を応援!ラフィネの新CMは「職業、セラピスト。」[インタビュー] 遊佐未森、デビュー30周年記念作品第2弾はライヴ音源+映像のメモリアル作品
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015