ニュース

玉置浩二、全国ツアー〈60’CARNATION〉開催決定 アルバム13作を紙ジャケにて再発

玉置浩二   2018/05/23 14:46掲載
はてなブックマークに追加
玉置浩二、全国ツアー〈60’CARNATION〉開催決定 アルバム13作を紙ジャケにて再発
 2017年にソロ活動30周年を迎え、自身が在籍する安全地帯のデビュー35周年を記念するアニバーサリー公演を精力的に行った玉置浩二。近年はライヴを活動の中心に据えている玉置が、5月23日(水)開催の愛知・名古屋国際会議場 センチュリーホール公演よりスタートするオーケストラとの共演ツアー〈KOJI TAMAKI PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2018「THE GOLD RENAISSANCE」〉に続き、8月より〈玉置浩二 CONCERT TOUR 2018 〜60'CARNATION〜〉を行うことが決定。なお、玉置はツアー中の9月に60歳の誕生日を迎えます。

 全国29ヶ所・31公演を予定しているツアー〈60'CARNATION〉開催に先駆け、これまでに玉置がソロ名義でリリースしたオリジナル・スタジオ・アルバム全13タイトルを初の紙ジャケット仕様で8月15日(水)に再発。なお、ユニバーサルミュージックから発売の2タイトルはSHM-CD、ソニー・ミュージックダイレクトから発売の11タイトルはBlu-spec CD2と、高音質CDでのリリースとなります。

玉置浩二 CONCERT TOUR 2018 〜60'CARNATION〜
saltmoderate.com

■2018年8月15日(水)発売
玉置浩二 オリジナルアルバム13タイトル
紙ジャケット・コレクション


『All I Do』
※1987年作品
完全生産限定盤 UPCY-9820 2,593円 + 税

『あこがれ』
※1993年作品
完全生産限定盤 UPCY-9821 2,593円 + 税

『カリント工場の煙突の上に』
※1993年作品
完全生産限定盤 MHCL-30521 2,593円 + 税

『LOVE SONG BLUE』
※1994年作品
完全生産限定盤 MHCL-30522 2,593円 + 税

『CAFE JAPAN』
※1996年作品
完全生産限定盤 MHCL-30523 2,593円 + 税

『JUNK LAND』
※1997年作品
完全生産限定盤 MHCL-30524 2,593円 + 税

『GRAND LOVE』
※1998年作品
完全生産限定盤 MHCL-30525 2,593円 + 税

『ニセモノ』
※2000年作品
完全生産限定盤 MHCL-30526 2,593円 + 税

『♠(スペード)』
※2001年作品
完全生産限定盤 MHCL-30527 2,593円 + 税

『今日というこの日を生きていこう』
※2005年作品
完全生産限定盤 MHCL-30528 2,593円 + 税

『PRESENT』
※2006年作品
完全生産限定盤 MHCL-30529 2,593円 + 税

『惑星』
※2007年作品
完全生産限定盤 MHCL-30530 2,593円 + 税

『GOLD』
※2014年作品
完全生産限定盤 MHCL-30531 2,593円 + 税
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015