ニュース

トビアス・ヴィルデン、最新作を含む2枚のピアノ・アルバムを収録する日本企画盤を発表

トビアス・ヴィルデン   2020/05/26 15:08掲載
はてなブックマークに追加
トビアス・ヴィルデン、最新作を含む2枚のピアノ・アルバムを収録する日本企画盤を発表
 2018年の初来日公演が絶賛されたドイツ・ブレーマーハーフェンの音楽家、トビアス・ヴィルデン(Tobias Wilden)が、本国で5月半ばに発売された最新アルバム『Piano Sketches』と2017年にBandcampで発表されたアルバム『Spark and the Wither』の2作を2in1で収録する日本企画盤『ピアノ・スケッチーズ / スパーク・アンド・ザ・ウィザー』(CD PDIP-6590 2,300円 + 税)を6月12日(金)に発表します。どちらのアルバムも瑞々しいピアノの音色が堪能できる作品となっています。

 最新アルバム『Piano Sketches』は、2018年のジャパン・ツアーを含む、旅先で受けたインスピレーションから生まれた作品。慌ただしく移り変わる旅先でのさまざまな風景から自然に生まれた感情やアイディアをスケッチするようにシンプルに作曲をすることに挑戦し、また、プーランクなどのクラシック作曲家の即興演奏からも影響も受けた、静と動のコントラストを強く感じる美しい旋律を聴くことができます。ジャズ、アンビエント、クラシックを独自のセンスで融合するヴィルデンの魅力に新な要素が加わっています。

 2017年の作品『Spark and the Wither』は“儚さ”をテーマにした作品。ドイツ・バイエルンにある築150年の古い屋敷での滞在や、彼の家族がそこで撮影した古いスライドのネガフィルムにあった忘れていた記憶を反映させた、繊細でノスタルジックなピアノの調べ。『Artifacts』などの初期ピアノ作品にも通じるフランス印象派からの影響やアンビエント的なアプローチに加え、より感情的な深みを帯びたソングラインティングが作曲家としての成長を感じさせる作品です。

Photo by Hiroshi Yoshimoro



インパートメント
www.inpartmaint.com/site/29642
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 杏沙子[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP
[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)
[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る
[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声
[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム
[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015