ニュース

4ADが満を持して送りだす強力新人、ツイン・シャドウが1月12日に日本デビュー!

ツイン・シャドウ(TWIN SHADOW)   2011/01/07 14:48掲載
はてなブックマークに追加
4ADが満を持して送りだす強力新人、ツイン・シャドウが1月12日に日本デビュー!
 ディアハンターブロンド・レッドヘッドザ・ナショナルアリエル・ピンクス・ホーンテッド・グラフィティの大ブレイクで、いま改めて熱い注目を浴びているイギリスの老舗レーベル、4AD。1月22日、24日には大阪&東京で<4AD Evening>も開催され、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いで快進撃を続ける4ADが満を持して送り出す注目新人、ツイン・シャドウ(Twin Shadow)がついに日本上陸!

 デヴィッド・ボウイモリッシーを彷彿させるセンチメンタルでロマンティックなヴォーカルと、浮遊感溢れるニューウェーヴ・ディスコ・サウンドが英米で熱い注目を集めるツイン・シャドウ。ピッチフォークにて“ベスト・ニュー・ミュージック”を獲得し、THE FLYをはじめとする、さまざまな有力音楽媒体で注目のニューカマーとしてピックアップされ、その注目度はウナギ登りに上昇中! そんな話題のアーティストによるデビュー・アルバム『フォーゲット』の日本盤が1月12日にリリースされます。

 ツイン・シャドウとは、ドミニカ共和国出身ニューヨークはブルックリン在住のアーティスト、ジョージ・ルイス・ジュニアのソロ・プロジェクト。本作『フォーゲット』では、その才能に惚れ込んだグリズリー・ベアーのクリス・テイラーが共同プロデューサーとして全面バックアップ。アメリカでは彼が主宰するテリブル・レコーズから、そしてアメリカ以外は4ADからリリースとなった本作は、音楽ウェブ・サイトを中心に世界各地で高い評価を受けています。クリスのほかにも、彼を絶賛するミュージシャンのファンは多く、そのひとりであるザ・ドラムスのジョナサンは、この作品に対して以下のような応援コメントを寄せています。

 「初めてツイン・シャドウを聴いた時、思わず立ち止まってしまった。僕にとって、これは完璧なポップだと思った。それは、彼の曲がカッコいいしキャッチーっていうだけでなく、真の誠実さがそこにあるからなんだ」(ジョナサン/ザ・ドラムス)

 現在ツイン・シャドウの英語オフィシャル・サイト(http://twinshadow.net/)では、アルバム全曲試聴も実施中!気になる方は、まずはそちらをチェックしましょう! また、ザ・モーニング・ベンダーズ「Excuses」のビデオで一躍注目を浴びたサンフランシスコのクリエイター・チーム“Yours Truly”撮影によるスタジオ・ライヴの映像も公開されていますので、こちらも併せてチェックしてみてはいかがでしょうか?


1月12日発売
『Forget(フォーゲット)』
(BGJ-10106 税込2,490円)

[収録曲]
01.Tyrant Destroyed
02.When We're Dancing
03.Slow
04.Shooting Holes
05.At My Heels
06.Yellow Balloon
07.Tether Beat
08.Castles In The Snow
09.For Now
10.I Can't Wait
11.Forget
12.When I Get My Hands On You※
13.Savannah Howl※
14. Focus※

(※日本盤ボーナストラック)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015