ニュース

阪神から東日本へ「しあわせ運べるように」復興のシンボル曲が初の正式音源化

2011/07/28 15:17掲載
はてなブックマークに追加
阪神から東日本へ「しあわせ運べるように」復興のシンボル曲が初の正式音源化
 1995年に起こった阪神淡路大震災の復興のシンボル曲として、神戸の人たちに歌い継がれていた「しあわせ運べるように」。今、東日本大震災での被災者に広がりつつあるというこの曲の生まれた経緯、込められた想いなどを一冊の本にまとめた『CDブック しあわせ運べるように』が発売。さらに、収録音源はiTunesとレコうたで配信され、書籍とCD及び音源の印税は全額、被災者支援のために寄付されるとのこと。

 この「しあわせ運べるように」は、阪神淡路大震災で自宅が全壊した神戸の小学校教諭・臼井 真氏が、震災から約2週間後、生まれ育った街の変わり果てた姿に衝撃を受け、わずか10分という短時間で作詞・作曲。その後、神戸復興を願うシンボル曲として、神戸で16年間大切に歌い継がれてきたもの。

 書籍には、著者と子どもたちとの涙と笑顔と希望の物語がノンフィクションで描かれているほか、「しあわせ運べるように」が初の正式音源としてCD化。CDには<こども音楽コンクール>で文部科学大臣奨励賞を受賞した神戸市立住吉小学校合唱部、阪神淡路大震災の復興のシンボルとしてオープンし、世界的に活躍する指揮者・佐渡裕氏が芸術監督をつとめる「兵庫県立芸術文化センター」の事業として実施されている、全国からトップクラスの演奏技術を持つジュニア演奏家で構成されたスーパーキッズ・オーケストラらが参加しています。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 角銅真実&西田修大が語る石若 駿『Songbook2』[特集] [LIVE Report] 愛され続けるシンガー・ソングライター藤田麻衣子のオール『緋色の欠片』曲によるスペシャル・ライヴ!
[インタビュー] 秋本帆華が語るチームしゃちほこの“これまで”と“これから”[インタビュー] 原点回帰を経て再確認した“本気”の在り所 加藤和樹『SPICY BOX』
[インタビュー] “世界の先端で戦うということ” BIGYUKI『リーチング・フォー・ケイローン』[インタビュー] 音楽の“過去と未来”とを想像力でつないでみせる歌 高田 漣『ナイトライダーズ・ブルース』
[インタビュー] 永遠に愛される曲を目指して――サラ・オレインが真価を発揮した『Cinema Music』[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)
[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース
[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015