ニュース

MISIA、新曲が「COP10」オフィシャル・ソングに決定!

Misia   2010/09/21 14:20掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
MISIA、新曲が「COP10」オフィシャル・ソングに決定!
 MISIAの新曲「LIFE IN HARMONY」が、生物多様性条約(CBD)事務局より「COP10(生物多様性条約第10回締約国会議)」のオフシャル・ソングに認定!

 この曲は、自然との共生をイメージした「COP10」のスローガンである「Life in harmony, into the future」からインスピレーションを受けて制作されたもので、さまざまな生きものや人との繋がりがあって初めて自分が生きているということを認識し、そのような命の繋がりを大切にしたいというメッセージが込められています。

 この楽曲についてMISIAは「いろいろな人に知ってほしいという意味も込めて、生物多様性のメッセージを歌った歌です。命の繋がりだとか、私たち自身は一人じゃ生きられなくて、いろいろな命だったり、いろいろな人達と繋がって生きているんだ、ということが私たちにとって幸せなんだ、という気持ちを込めて歌いました」とコメント。そして「LIFE IN HARMONY」のプロデュースを手がけたデイヴィット・フォスターは「MISIAは私がこれまで仕事をしてきたナタリー・コールマライア・キャリーセリーヌ・ディオンホイットニー・ヒューストンなど、偉大なシンガーに匹敵する歌手。日本の宝であることは間違いない」と賛辞をおくっています!

 MISIAは今年3月に、国連より「COP10」名誉大使に任命されており、8月末に生物多様性条約(CBD)ジョグラフ事務局長と対談が行なわれた際、自ら「LIFE IN HARMONY」について紹介したところ、事務局長からぜひ同曲をオフィシャル・ソングとして認定したい旨の申し出があり、実現へ。

 同曲は『DAVID FOSTER Presents Love,Again』の日本盤ボーナストラックとして収録、さらに、10月20日(水)に発売されるMISIAの最新DVD『星空のライヴVI ENCORE 2010 International Year of Biodiversity』の初回生産限定盤特典シングルCDに収録されることも決定しています。同DVD作品は、7月31日に大阪舞洲にて約12,000人の観衆を前に行なわれた感動の野外ライヴ映像に加えて、「生物多様性」について対馬、屋久島、黒姫高原アファンの森などを視察した模様等の多数の特典映像も収録されたスペシャルな内容となっているので、こちらもぜひチェックを。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ふっと飛び込んでくるワンフレーズ “現場の音楽”HIT『Be!!』[インタビュー] 深くて豊かな音楽を目指した“名盤” 石橋 凌『may Burn!』
[インタビュー] 私は変わり続ける。それは“出会い”を意味しているから――コリーヌ・ベイリー・レイ[インタビュー] 美しさと暴力性、Ramzaの“手”に触れる『pessim』
[インタビュー] 自分の存在を“やり続けること”で知らせる――ISSUGI×MASS-HOLE[インタビュー] ヒップホップとしてかっこよくいられたら――C.O.S.A.『Girl Queen』
[インタビュー] 今のラフィンノーズは超おもしろい――“50代のラフィンロール”を体現した新作『50’s ROLL』[インタビュー] 自分の中にある伝統と革新―― 島 裕介が新世代ミュージシャンを率いて『Silent Jazz Case 3』を発表
[インタビュー] たまには母ちゃんにみたらし団子を買ってかったりしぃや!――SHINGO★西成が3年をかけて辿り着いた『ここから・・・いまから』[インタビュー] “大人ってカッコいい”と思えるような歌 ISEKI×中田裕二『AOR FLAVA』
[インタビュー] 研ぎ澄まされた4人のアンサンブル――ライヴ・ベスト・アルバム『echoes』をリリースしたbohemianvoodoo[インタビュー] 児玉桃、マンフレート・アイヒャーとの出会いとドビュッシー&細川俊夫の音楽を語る
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015