ニュース

イスラエル・ジャズ・シーン注目のサックス奏者、オデッド・ツールが2ndアルバムを発表

オデッド・ツール(sax)(Oded Tzur)   2017/03/22 12:43掲載
はてなブックマークに追加
 2015年にリリースしたデビュー作『ライク・ア・グレート・リヴァー』で一躍脚光を浴びたイスラエル出身のサックス奏者、オデッド・ツール(Oded Tzur)が、2ndアルバム『トランスレイターズ・ノート』(MZCE-1346 2,400円 + 税)を3月22日(水)にリリース。共演は前作に引き続き、現代ジャズを牽引する盟友ピアニスト、シャイ・マエストロ、さまざまなセッションで活躍するドラマーのジヴ・ラヴィッツ、ギリシャ出身のベーシスト、ペトロス・クランパニス

 さまざまな音楽を学び、即興音楽を追求し、やがてインド古典音楽へと傾向したツールは、インドでもっとも有名なフルート奏者のひとり、ハリプラサ・チャオルシヤに師事。長い時間をかけて修行したのち、ヨーロッパ各国の音楽学校でレクチャーを行なうなど、インド音楽の指導者として活躍。2011年に渡米し、2012年、ニューヨークでオデッド・ツール・カルテットを結成しました。

 洋の東西を問わないスピリチュアルなサウンドは、“21世紀のコルトレーン・カルテット”とも称されています。



■2017年3月22日(水)発売
オデッド・ツール・カルテット
『トランスレイターズ・ノート』

MZCE-1346 2,400円 + 税

[収録曲]
01. シングル・マザーズ
02. ウェルカム
03. ザ・ホエール・ソング
04. ザ・スリー・ステイトメンツ・オブ・ガラブ・ドルジェ
05. ロニーズ・ラメント

[演奏]
オデッド・ツール(ts)
シャイ・マエストロ(pf)
ペトロス・クランパニス(b)
ジヴ・ラヴィッツ(dr)

[録音]
1〜3: 2016年10月5日 仏ムードン
4,5: 2016年10月29日 米ニューヨーク
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 「でもしょうがないんだよね」と言ってほしい。言ってあげたい――ヒグチアイの“らしさ”が詰まった『日々凛々』[インタビュー] ある意味ニセモノ──半田健人が構築した“メタ・フォーク”アルバム『生活』
[インタビュー] 人を思って、願う気持ちが愛情――YU-A、3年振りの新作『OFF』[インタビュー] やらせたらスゴい──不良のメンタリティとストイックな姿勢を併せ持つラッパー・デュオ、GAZZA CROOKS
[インタビュー] 音楽を作り、演奏する――“覇道を往く”陰陽座の決意表明[インタビュー] GFRIEND 巷で噂のK-POPグループ、日本本格上陸
[インタビュー] シャープだけど薄くない、ただただカッコイイことだけをやりたいグループ――Cracks Brothers[インタビュー] 歌声で彩りを――“ヴォーカル”グループとして新たな道を切り拓くCOLOR CREATION
[インタビュー] パーティは終わった――2018年、STRUGGLE FOR PRIDEが贈る憎しみの音楽[インタビュー] もう変わる必要はないし、これをずっとやっていけばいい “時代を逆走する”小林太郎の決意と信念
[インタビュー] 原動力は愛、すべてのものへの愛――般若『話半分』[インタビュー] 限りあるこの日々を追い続けよう――伝説のアイドル、セイントフォー再始動
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015