ニュース

山田稔明、キャリア初の2枚組ライヴ盤『DOCUMENT』を発表

山田稔明   2017/07/18 14:01掲載
はてなブックマークに追加
山田稔明、キャリア初の2枚組ライヴ盤『DOCUMENT』を発表
 GOMES THE HITMAN山田稔明がソロ名義で新作CD『DOCUMENT』(GTHC-0010 3,000円 + 税)を7月7日(金)にリリース。本作は、2017年2月から5月までに都内で開催されたソロ弾き語り公演と、バンド編成で行われた2公演(2017年4月28日開催・下北沢 風知空知 / 2017年4月16日開催・恵比寿 天窓switch)から選ばれた音源を収録した、キャリア初の2枚組ライヴ盤です。ライヴ会場とオフィシャル・オンラインストアにて販売中。

 2017年にソロ名義10周年と、GOMES THE HITMANの初CDリリースから20年を迎える山田。アニバーサリー・イヤーを彩る『DOCUMENT』は、Disc 1が弾き語り、Disc 2がバンド編成での音源を収めた約2時間にも及ぶ内容となっており、ソロ曲のほか、昨年急逝した村田和人へ歌詞を提供した「brand new day, brand new song」など初CD化曲を含む全27曲を収録しています。

■2017年7月7日(金)発売
山田稔明
『DOCUMENT』

2CD GTHC-0010 3,000円 + 税

[Disc 1 / solo acoustic]
01. blue moon skyline
02. 太陽と満月
03. 猫町オーケストラ
04. 一角獣と新しいホライズン
05. 夏の日の幻
06. brand new day, brand new song(村田和人 提供曲カヴァー)
07. ホウセンカ(初CD化)
08. memoria(初CD化)
09. 小さな巣をつくるように暮らすこと(初CD化)
10. きみは三毛の子(初CD化)
11. calendar song
12. あさってくらいの未来
*2017年2月から5月までに都内で開催されたソロ弾き語り公演から選曲

[Disc 2 / with the band]
01. どこへ向かうかを知らないならどの道を行っても同じこと 
02. home sweet home 
03. glenville 
04. my favorite badge(初CD化) 
05. 平凡な毎日の暮らし 
06. 月あかりのナイトスイミング 
07. 些細なことのように 
08. 予感 
09. my favorite things 
10. ポチの子守唄 
11. 日向の猫 
12. 光の葡萄 
13. hanalee 
14. SING A SONG 
15. ハミングバード 

※2017年4月16日 恵比寿 天窓switchにて収録
参加メンバー: itoken(dr) / 安宅浩司(g,pedal steel guitar,mandolin,clarinet,cho) / 五十嵐祐輔(b) / 上野洋(fl,melodion,tin whistle) / 近藤研二(g,tambourine,cho)


*2017年4月28日 下北沢 風知空知にて収録
参加メンバー: itoken(dr) / 佐々木真里(key) / 海老沼崇史(b) / 立花綾香(cho)
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』
[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015