ニュース

ユベール・スダーン&東京交響楽団によるブルックナーの交響曲第8番が登場!

ユベール・スダーン(Hubert Soudant)   2011/07/05 14:25掲載
はてなブックマークに追加
 ユベール・スダーン(Hubert Soudant)東京交響楽団によるニュー・アルバム『ブルックナー:交響曲第8番(ノヴァーク版第2稿)』(NF-21203 税込3,000円)が7月15日にリリースされます。

 ブルックナーの交響曲の中でも、「最高傑作」と音楽監督スダーンが愛してやまない交響曲第8番が満を持して登場。2010年11月、東京交響楽団の本拠地、ミューザ川崎シンフォニーホールにおいて、2日間をかけてセッション録音されました。

 2009年に発売された『ブルックナー:交響曲第7番』は、第22回ミュージック・ペンクラブ音楽賞の最優秀アルバム賞(クラシック日本人演奏部門)と最優秀録音賞の2部門でダブル受賞しました。

 今回の交響曲第8番でも、ホールの響きを知りつくした指揮者とオーケストラによる演奏と、N&Fの高い録音技術が見事に実を結んでいます。

 前作同様、通常CDのほかに、SA-CD(NF-51203 税込4,000円)でも発売されます。

 ミューザ川崎シンフォニーホールは、3月の東日本大震災で被害を受け、約2年間使用できなくなりました。今作は、ホールの優れた響きが再現された貴重なCDでもあります。


※7月15日発売
ユベール・スダーン指揮 東京交響楽団
『ブルックナー:交響曲第8番(ノヴァーク版第2稿)』
通常CD:NF-21203 税込3,000円
SA-CD(Stereo+5.1 Surround):NF-51203 税込4,000円 ※CDプレイヤーでの再生不可

[録音]
2010年11月25、26日 ミューザ川崎シンフォニーホール
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS
[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる
[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
[インタビュー] “この一瞬をどう生きるか”――桑原あい『To The End Of This World』[インタビュー] 結果が全て――結成11年目を迎えた岸田教団&THE明星ロケッツの新作「シリウス」
[特集] 【Live Report】愛と熱狂のF6初単独ツアー![インタビュー] 生まれ変わる必要なく、いつでも少年の心に戻れる――KOJOE『2nd Childhood』
[インタビュー] “バトル・ブーム以降”を踏まえて、大きな場所でやることの意味 輪入道『暴道祭』[インタビュー] 一言で言うと、青春――DÉ DÉ MOUSEが“アガる”もの『be yourself』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015