ニュース

ユベール・スダーン&東京交響楽団によるブルックナーの交響曲第8番が登場!

ユベール・スダーン   2011/07/05 14:25掲載
はてなブックマークに追加
 ユベール・スダーン(Hubert Soudant)東京交響楽団によるニュー・アルバム『ブルックナー:交響曲第8番(ノヴァーク版第2稿)』(NF-21203 税込3,000円)が7月15日にリリースされます。

 ブルックナーの交響曲の中でも、「最高傑作」と音楽監督スダーンが愛してやまない交響曲第8番が満を持して登場。2010年11月、東京交響楽団の本拠地、ミューザ川崎シンフォニーホールにおいて、2日間をかけてセッション録音されました。

 2009年に発売された『ブルックナー:交響曲第7番』は、第22回ミュージック・ペンクラブ音楽賞の最優秀アルバム賞(クラシック日本人演奏部門)と最優秀録音賞の2部門でダブル受賞しました。

 今回の交響曲第8番でも、ホールの響きを知りつくした指揮者とオーケストラによる演奏と、N&Fの高い録音技術が見事に実を結んでいます。

 前作同様、通常CDのほかに、SA-CD(NF-51203 税込4,000円)でも発売されます。

 ミューザ川崎シンフォニーホールは、3月の東日本大震災で被害を受け、約2年間使用できなくなりました。今作は、ホールの優れた響きが再現された貴重なCDでもあります。


※7月15日発売
ユベール・スダーン指揮 東京交響楽団
『ブルックナー:交響曲第8番(ノヴァーク版第2稿)』
通常CD:NF-21203 税込3,000円
SA-CD(Stereo+5.1 Surround):NF-51203 税込4,000円 ※CDプレイヤーでの再生不可

[録音]
2010年11月25、26日 ミューザ川崎シンフォニーホール
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 5年間の集大成、これが進化を遂げたTANAKA ALICEスタイル[インタビュー] 俳優としても知られる松下優也 アーティスト・プロジェクト“YOUYA”連続リリース
[インタビュー] パーティ・パンク・バンド“PET”約18年ぶりの新作フル・アルバム[インタビュー] 鞘師里保、ダンス・ミュージックをさらに深く追求した 3rd EP
[特集] ザ・ビートルズ、中期の傑作アルバム『リボルバー』がスペシャル・エディションで登場![インタビュー] ケイコ・リー、豪華コラボレーションも収録する4枚目のベスト・アルバム『Voices IV』
[インタビュー] 上西千波、ジャズと短編小説でリスナーに寄り添う新作アルバム『恋愛小説II』を発表[インタビュー] 日向坂46・佐々木美玲がお悩み相談コメディドラマに挑戦
[特集] 藤田真央、世界が注目するピアニストが『モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集』でワールドワイド・デビュー![インタビュー] 望月琉叶、グラビアができる演歌歌手が念願のボカロPとのコラボレーションをスタート
[インタビュー] マーク・ジュリアナ、エレクトロニクスの要素を取り込み新たな方向性を示す新生ジャズ・カルテットの新作[インタビュー] 花*花、パルシステムとのコラボレーションで大ヒット曲「あ〜よかった」を再録音
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015