リサーチ

ジャズ?ファンク?“アシッド・ジャズ”とは?

2006/09/29掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
渋谷系と同じ時期によく流れていた“アシッド・ジャズ”について教えてください。
 アシッド・ジャズは80年代後半に立ち上げられたレーベルの名前であり、90年代初頭にイギリスで発生した「ジャズで踊る」を基本姿勢にしたムーブメント。ジャンルとして考えるとあまりにその範囲が広すぎるため、説明が難しいのですが、ここから発信された音楽はジャズをはじめ、70年代のソウルやファンクなどに影響を受けたもので、今日のドラムンベースやブレイクビーツ、ヒップホップやR&Bにも繋がるものと言えるでしょう。現在でいうレア・グルーヴも、アシッド・ジャズがあってこその再確認だったかもしれませんね。ちなみにアシッド・ジャズの名称は「アシッド・ハウス」から派生した言葉だとか(詳細は不明)。

 叩き売りされていたアナログ・シンセがテクノで再評価されたように、中古レコード屋でタダ同然で投げ売りされていた70年代のジャズ・ファンクやソウル、当時のクラブ・シーンではかけ離れた存在(英国ではセカンド・サマー・オブ・ラヴ真っ盛り)になっていたジャズのレコードに光をあて、踊れるサウンドを作り上げていったDJやバンド。その中心にいた人物がDJジャイルス・ピーターソン。15歳で自宅に海賊ラジオ局を作った彼は、英国国営放送BBCのDJとしての顔を持ち、DJのエディ・ピラーと2人でレーベル、アシッド・ジャズをスタート。このレーベルからは、ザ・ブラン・ニュー・ヘヴィーズコーデュロイジェイムズ・テイラー・カルテットジャミロクワイなどが作品を発表、コンピレーション『トータリー・ワイヤード』シリーズはアシッド・ジャズの入門篇として重宝されました。90年にはレーベル、トーキング・ラウドを旗揚げ。このトーキング・ラウドからはインコグニートガリアーノオマーヤング・ディサイプルズなどが作品を発表。一躍、アシッド・ジャズを担うレーベルへとなっていきました。この2つのレーベルこそがアシッド・ジャズを引率していた。つまりは、ジャイルスがアシッド・ジャズを動かしていたといっても過言ではありませんね。

 アシッド・ジャズと称されたアーティストの多くはバンドの形をとっていました。グルーヴ感を大事にした生音にこだわるサウンド。そのため、多くのバンドがライヴを重要視。自らの演奏でズシンと腰にくる、踊れる音楽を奏でる。それが他のクラブ・ミュージックとは違う所以で、アシッド・ジャズの醍醐味だったのかもしれません。

 アシッド・ジャズは日本でも渋谷系と呼ばれるムーブメントの中で盛り上がっていました。その代表格がU.F.O.(ユナイテッド・フューチャー・オーガニゼーション)。ジャイルス・ピーターソンが「最も影響を受け、アシッド・ジャズの歴史の中でも極めて重要なグループ」と語る彼らは、踊れるジャズを体現したセンス溢れるその音で、日本はおろかイギリスでも大人気に。92年に12インチ・シングルとして発売された「LOUD MINORITY」(アルバム『ユー・エフ・オーズ・フォー・リアル 2』収録)は英『ECHO』誌のジャズ・チャートで1位を獲得。93年にはトーキング・ラウドと契約し、アルバム『United Future Organization』を世界29ヵ国でリリース、ワールド・ワイドな活動を繰り広げていき、アメリカの名門VERVEとの契約も結ぶことになったのです。そんな彼らと双璧をなしていたのが、まだバンド形態だったモンド・グロッソKYOTO JAZZ MASSIVEといったあたりでしょうか。

 メジャー・シーンの中でアシッド・ジャズを体現していたのがオリジナル・ラヴ。初期のアルバム3枚はアシッド・ジャズの香りがふんだんに散りばめられた作品になっています。93年に発表された『EYES』は、特にその影響が色濃く出ているアルバムでしょう。

 また、U.F.O.とオリジナル・ラヴは交流が深く、お互いがプラネット・プランの細身のスーツに身を包んでいただけではなく、オリジナル・ラヴのリミックス・アルバム『セッション』にU.F.O.が参加(このアルバムにはザ・ブラン・ニュー・ヘヴィーズも参加)。テレビ東京で放送されていた伝説の深夜番組『モグラネグラ』のパーソナリティを一緒に務めたりしていました。この番組では、セルジオ・メンデスギル・スコット・ヘロン、トーキング・ラウド・レーベルなどを深く掘り下げたりしていましたね。(田島貴男が自身のCDにサインを書いて下北沢のレコファンに売りに行くドキュメントや、DJ対抗の野球大会などの企画もありましたが)
 そういえば、コーネリアスも最初のe.p.ではアシッド・ジャズの香りをプンプン漂わせた楽曲で固め、アルバム『ファースト・クエスチョン・アワード』でもその路線の音を奏でていましたね。

 そして、最後に挙げておきたいアーティストがひとり。それがモッドファーザーことポール・ウェラー。なぜに???と思う人も多いかもしれませんが、アシッド・ジャズを紐解くと随所に現れる彼。というか、スタイル・カウンシル。「スタイル・カウンシルこそが元祖アシッド・ジャズ」と言う人もいるくらい。そんなスタカンのメンバーたちはアシッド・ジャズと深い繋がりを持っていました。

 解散後、ミック・タルボットガリアーノをはじめとしたアシッド・ジャズ方面のアーティストのプロデュースを数多く担当。また、タルボット自身もドラムを担当していたスティーヴ・ホワイトと、タルボット&ホワイトとしてアルバムを2枚発表。国内盤はトラットリア内のMO’MUSIC(アシッド・ジャズを軸としたレーベル)から発売でした。2人は現在、元ストーン・ローゼズのアジズ、元オーシャン・カラー・シーンのデイモンとともにザ・プレイヤーズとして活動中。ポール・ウェラーは、マザー・アースヤング・ディサイプルズのアルバムに参加したり、タルボット&ホワイトのリミックスに参加(これってスタカンだ!)したり。88年にはKING TRUMAN名義でアシッド・ジャズから12インチシングルを1枚発表。自身の1stソロ・アルバム『ポール・ウェラー』はアシッド・ジャズに呼応した1枚に。UKは苦手でもアシッド・ジャズに興味があるならば、押さえて損はない1枚ですよ。

 つまりは何なの!? そういわれると非常に難しいけれど、アシッド・ジャズはただオシャレとかカッコイイとかだけではなく、若いリスナーにジャズなどを聴くきっかけを与え、ロック好きにソウルやファンクなどの面白さを伝えたものであったことに間違いはないはず。ムーブメント(シーン)はとっくに終焉を迎えていますが、これらのアーティストの多くは今でも現役選手として活躍中。今からでも遅くないのでその音に触れてみてはいかがでしょうか? 中古で買うと格安ですし。
※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
全メディア/タイプ 最新リサーチ
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 児玉桃、マンフレート・アイヒャーとの出会いとドビュッシー&細川俊夫の音楽を語る[インタビュー] ロック・フェスでも闘えるバンドに――井上 銘のバンド・プロジェクト、MAY INOUE STEREO CHAMP始動
[インタビュー] ストリートにドレスコードはいらない 再来日を果たした“俺たちの”ストーン・ファンデーション[インタビュー] 主演俳優と主題歌は映画の顔――入江 悠監督と感覚ピエロが語る映画『22年目の告白−私が殺人犯−です』
[インタビュー] ビル・フリゼールはどんなことを考えながらギターを奏でているのだろう?[インタビュー] 仲間と描く、東京の物語 DONY JOINT『A 03 Tale, ¥ella』
[インタビュー] 多くのリスナーにクラシックの扉を開くことが使命のひとつ――ヴォーチェス8のユニークな存在意義[インタビュー] “殻は破る”SALUがたどり着いた、表現者としてすべきこと『INDIGO』
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015