【OMD interview】最後のモダニスト、復活! アンディ&ポールのデュオ形態としては24年ぶりとなるOMDのニュー・アルバム

OMD(Orchestral Manoeuvres In The Dark)   2010/09/28掲載
はてなブックマークに追加
【OMD interview】最後のモダニスト、復活! アンディ&ポールのデュオ形態としては24年ぶりとなるOMDのニュー・アルバム
 祝復活! 「エノラ・ゲイの悲劇」のヒットで知られるリヴァプール出身のエレクトロニック・ポップ・デュオ、OMD(オーケストラル・マヌーヴァーズ・イン・ザ・ダーク)が、アンディ・マクラスキーとポール・ハンフリーズのデュオ形態で再起動を果たした。叙情的なメロディとモダンなシンセ・ポップ・サウンドをミックスさせてきた彼らが14年ぶり(デュオ形態では24年ぶり)の新作『ヒストリー・オブ・モダーン』に込めた思いとは? “最後のモダニスト”を自認するアンディに話を聞いた。



――『ヒストリー・オブ・モダーン』は、ポールさんが復帰した形態でのOMDを待ち望んでいた人間にとって、最高に興奮させられるアルバムでした。アンディさんご自身はどうでしたか?
アンディ・マクラスキー(以下、同)「すごくエキサイティングだったよ。何年か前まではOMDは存在していなかったし、再び一緒に音楽を作るようになるなんて想像することもできなかったからね」
――ポールさんの復帰は、2005年にドイツのテレビ番組にOMDとして出演したのがきっかけだったそうですね。
 「そもそもテレビに出た理由は……何だったんだろうね。ポールに電話して、“なぁ、ポール、最近こういう依頼がたくさんきていて、いつも俺たちは、ノーって答えてるけど、一回イエスって言ってみるか?”って話したのは覚えてるんだけど(笑)。それで彼が、“いいね。じゃ、週末にドイツに行くか!”って答えたんだよ。そしてその番組でのプレイがとても楽しかったから、ツアー、レコーディングって発展していった。いくつものステップを踏みながらね」
――レコーディングの作業自体はどのように進めていったのですか?
 「ポールはロンドンに住んでいて、僕はリヴァプールに住んでいる。だから、最初はファイルをインターネットでやり取りしていたんだけど、あまりに時間がかかりすぎるっていうことで、最終的にはポールがリヴァプールまでやってきた。そこで一緒になって初めて、やっと正しいケミストリーやエネルギーが沸き起こってきた。イギリスのことわざに、“自転車に乗るみたいに”って表現があるんだ。何度も何度もやったことは、たとえ10年やらないでいたとしても、やり方を忘れたりはしないってこと。僕らもかつては一緒にスタジオに住みこんでいたくらいに、ずっと長い間一緒に曲を作ってきた。だから作業のやり方っていうのが、身体に染みついているんだよ。昔は僕が椅子に座って、テープレコーダーを回し、何かを録音する。そこにポールが何かを弾く。それがいいとかダメだとか、言い合いながら曲を発展させていくんだ。今はテープレコーダーの代わりにコンピュータを使うけど、基本は変わらないよ」
――『ヒストリー・オブ・モダーン』というタイトルには、あなたがたがモダニズムの末裔であるという意味が込められているように思えます。このタイトルにした理由は?
 「モダニズムは20世紀のアートだって考えられることが多い。モダニズムはキュービズムやコンストラクティビズム(構成主義)から始まり、フューチャリズム(未来派)みたいなものに発展し、建築、タイポグラフィ、バレエ、映画などの文化に広がり、やっとクラフトワークシュトックハウゼンを経て、イギリスのポップ・ミュージックの世界にまで到達した。僕らだけじゃなく、ヒューマン・リーグやダニエル・ミラー、キャバレー・ヴォルテールみたいなアーティストにね。僕ら自身は、自分たちのことを最後のモダニストだと思っている。そして今、僕らが生きている時代は、ポスト・モダンと呼ばれている。そこに問題がある。年取ったモダニストは、ポスト・モダンの時代に何ができるだろう? そういうアイディアから、僕らは自分たちがきちんと状況を認識していることや、そこに発生しうる軋轢みたいなものを表現できたらって思ったんだ。スリーブもデザインもタイトルも、そういうアイディアをいろんな視点から反映したものだよ。でも、これを原稿に書く君は大変かもしれないね(笑)。普通のロックンロール・バンドの取材では、誰もこんなことは話さないだろうから。“ヘイ、ベイビー、君と今夜セックスしたいよ”みたいなことは、OMDは歌わないからさ(笑)」
取材・文/小暮秀夫(2010年9月)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “グレート・アメリカン・ソングブック + スパイス・ガールズ” ローレン・デスバーグの普遍的魅力[インタビュー] “豊かさ”を思い出させる音楽 児玉奈央『IN YOUR BOX』
[インタビュー] ジャズ・ギタリスト小沼ようすけが追求する、生き方とマッチした音楽“Jam Ka”[インタビュー] どんどん上がっていくイメージをキープしていたい――ラフィンノーズが“ニュー・アルバム”『NEGATIVE』を2作同時リリース
[インタビュー] 最新の挑発――Ramza『sabo』[インタビュー] “知らない土地でノーバディになれた” 解き放たれたインプロヴィゼーション――ハクエイ・キム『カンヴァセーションズ・イン・パリ』
[インタビュー] フレッシュな気持ちとユーモアをもって音楽に接する 高田 漣『FRESH』[特集] 働く女性を応援!ラフィネの新CMは「職業、セラピスト。」
[インタビュー] 遊佐未森、デビュー30周年記念作品第2弾はライヴ音源+映像のメモリアル作品[インタビュー] CAPTAIN TRIP RECORDS&MARBLE SHEEPのKEN MATSUTANI率いる“KEN & THE STRANGE MOON”が1stアルバムをリリース
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015