ニュース

ガンダム・シリーズの人気曲をR・コッツェンがカヴァー!

2006/02/02掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 『機動戦士ガンダム』の正統なる続編である『機動戦士Zガンダム』の劇場版第3部『機動戦士ZガンダムIII−星の鼓動は愛−』の公開が3月4日と迫るなか、歴代のガンダム・シリーズの人気曲を、ポイズンMR.BIGという人気ハード・ロック・バンドで活躍したギタリスト、リッチー・コッツェンが新たな解釈を元にカヴァーするという、企画アルバムがリリースされることになりました!

 本作では、『機動戦士ガンダム』のTVシリーズ・劇場版から、TVシリーズ『機動戦士Zガンダム』、OVA『機動戦士ガンダム 0083 STARDUST MEMORY』、劇場版『機動戦士Zガンダム−星を継ぐ者−』という初期から近年に至るまでの人気楽曲をリッチー・コッツェンが超絶テクニックと大胆なアレンジでカヴァー。またリッチー・コッツェン自身の新曲も収録が予定されています。『哀 戦士・Z×R featuring Richie Kotzen and Cyndi Lauper』(BVC2-34022 \2,800(税込))という名がついた本作、発売は3月22日に予定されていますので、ガンダム・ファン、ロック・ファンともに大いにご注目を!

『哀 戦士・Z×R featuring Richie Kotzen and Cyndi Lauper』
 (BVC2-34022 \2,800(税込))
01. Blue Star (水の星へ愛をこめて)
02. Take Flight Gundam (翔べ!ガンダム)
03. Soldiers Of Sorrow(哀 戦士)
04. Alone Against The Wind(風にひとりで)
05. Metamorphoze(Metamorphoze〜メタモルフォーゼ〜)
06. The Way Forward
07. Go Beyond The Time(Z・刻をこえて)
08. The Winner(THE WINNER)
09. Because You Are Waiting(君が待っているから)
10. Encounter(めぐりあい)
11. Re-Encounter
12. The Beginning
+「飛べ!ガンダム」(日本語詞)+日本盤ボーナス・トラック予定

*(01)(02)(03)(07)(08)はビリー・シーン参加曲
*(06)(11)(12)はリッチー・コッツェン・オリジナル曲

*曲目は予定です。変更の可能性はあります。
続報
R・コッツェンのガンダム・カヴァー集、内容が変更に
作品内容に変更がありました。
1:制作上の都合により、シンディ・ローパーの参加はなくなりました。
2:元MR.BIGのベーシスト、ビリー・シーンが5曲に参加しています。
3:収録曲が一部変更になりましたので、再掲載いたしました。
4:アルバム・タイトルが『哀 戦士・Z×R』となりました。
5:ジャケット・アートワークが判明しました(写真)。
[ 2006/03/07掲載 ]
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015