ニュース

“世界一ダメなテディベア”映画『テッド』が公開決定!

2012/10/26 15:06掲載
はてなブックマークに追加
“世界一ダメなテディベア”映画『テッド』が公開決定!
 2012年6月に全米公開され初登場No.1を記録、“R+15”指定のコメディ映画として異例の大ヒットを記録し話題沸騰中の映画『テッド』(原題:ted)が2013年1月18日(金)よりTOHOシネマズ スカラ座ほかにて全国公開されることが決定しました!

 本作は、命が宿ったテディベア“テッド”と、大人になりきれない男“ジョン”(マーク・ウォルバーグ)との友情を描いたファンタジー・コメディ。テッドの過激すぎる言動や、欲望に忠実で愛嬌たっぷりなキャラクターがティーンから大人まで幅広い世代に受け、全米では『ミッション:インポッシブル / ゴースト・プロトコル』や『メン・イン・ブラック3』を越える成績となり、全世界では4億3,400万ドルの大ヒットを記録しています。

 なお、メガホンをとるのは、2013年に開催される〈第85回アカデミー賞〉の司会に決定したセス・マクファーレン。初監督作品ながらテッドの声優までこなし、今最も注目されている期待のクリエイターです!

※2013年1月18日(金)TOHOシネマズ スカラ座他全国ロードショー
■『テッド』

http://ted-movie.jp/
[R+15]

《STORY》
1985年・ボストン郊外。いじめられっこにも相手にされない独りぼっちの少年・ジョンは、クリスマスにプレゼントしてもらったテディベアと、本当の友達になれるよう天に祈りを捧げる。翌朝、ジョンの祈りは通じ、魂が宿ったテディベア“テッド”はジョンと約束する―「一生親友だよ」と。それから27年。ジョンとテッドはすっかり30代のおっさんになり、約束通り“親友”として今日も自宅ソファーでマリファナを片手にB級映画を満喫。一時は“奇跡のテディベア”ともてはやされセレブになったテッドも、幻覚キノコで逮捕されてからは人気が急降下し、いまや下品なジョークと女のことで頭がいっぱいの中年テディベアになっていた。そんな中、4年間付き合っている彼女ローリーに、「あたしとエロテディベアのどっちが大事なの?」と究極の選択を迫られたジョンは、テッドから自立することを決意するが……。

監督:セス・マクファーレン(脚本・製作)
出演:マーク・ウォールバーグ、ミラ・クニス
配給:東宝東和
(C)UniversalPictures / Tippett Studio
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015