ニュース

Amber’s、俳優の須賀健太が初の映像監督を務める「DRIVE」MVをプレミア公開

Amber's   2021/06/18 14:35掲載
はてなブックマークに追加
Amber’s、俳優の須賀健太が初の映像監督を務める「DRIVE」MVをプレミア公開
 TikTokで人気となった楽曲「Question」がドラマ『カラフラブル〜ジェンダーレス男子に愛されています。〜』の主題歌に抜擢されるなど、SNSを中心に精力的に活動している2人組バンドのAmber'sが、6月18日(金)に「DRIVE」をリリース。併せて、同日21時より、俳優・須賀健太が初映像監督を務める同曲のミュージック・ビデオのプレミア公開が決定しています。

 「DRIVE」は、Amber'sがTikTokアカウント内で毎日公開していた100曲を超えるデモ音源のなかでも累計60万再生超という人気曲で、Amber'sの豊島こうき(vo)と高校時代の同級生だった俳優・須賀健太がミュージック・ビデオの監督を担当。交流を深めながら「いつか一緒に作品を作ろう」と話していた夢が、同曲のMVで実現。企画・撮影・編集・衣装提供までのすべてを須賀が行なうという、渾身の作品となっています。

 また、MVのプレミア公開直前となる20時より、須賀をゲストに迎えて、Amber's公式InstagramとTikTokアカウントにて配信ライヴも決定。Amber'sと須賀の関係性やミュージック・ビデオの制作秘話などを語る貴重な配信ライヴとなりそうです。須賀とAmber'sは次のようにコメントしています。

[コメント]
高校時代、学校の屋上や帰り道に2人で色々なアーティストのミュージック・ビデオを作って遊んでいました。
それがこうしてAmber'sの楽曲でミュージック・ビデオを撮れたこと。“遊び”が“本当”になる瞬間を体感できたことを嬉しく思っています。
こうきと作品を作る。
それは、「須賀健太の出る作品の曲をAmber'sが書く」これが本来の形かもしれません。
でも、僕にしか切り取れないふたりを僕の手で作品に残せた事を嬉しく思っています。
須賀健太、渾身の初監督です!
ぜひご覧ください!

最後に、Amber'sのふたり。
大切な楽曲の表現を僕に預けてくれてありがとう。
自信を持って届けられる作品になったよ。
ただな、衣装提供までは聞いてなかったけどな?笑

――須賀健太

「DRIVE」という曲は世の中がこんな状況になった時、より人との繋がりを大切に感じ、生まれた楽曲です。
だからこそミュージック・ビデオでは僕たちAmber'sを身近に感じてもらい、一緒に遊んでいるような作品にしたいと思いました。
そこで今回どうしても撮影をお願いしたい人がいました。
僕の高校時代からの親友でもある俳優の須賀健太です。

健太は昔からカメラが好きで学校帰りもよくパシャパシャと写真を撮っていました。
「DRIVEのMusicVideoを撮ってほしい!」とお願いしたところ「映像やった事ねーわ!でもやる!!絶対に良い作品にしよう!」と言ってくれました。
想像を超える素晴らしい才能を隠し持っていました(笑)。

健太とは僕が音楽を初めてから「いつか一緒に仕事がしたいな!」という夢をよく語っていたので、あの日の夢をこうして実現できたことを健太はもちろん、今僕らを支えてくれているすべての方に感謝しています。

完成したミュージック・ビデオを初めて見た時、こんなに楽しそうに笑ってたんだと自分でも驚くシーンがありました。
健太に撮ってもらったからこそ出せた雰囲気を感じてもらえたら嬉しいです。

――Amber's 豊島こうき

ミュージック・ビデオ撮影当日、健太くんとこうきくんの阿吽の呼吸を目の当たりにして、正直嫉妬しました。
2人の友情に乾杯!!須賀健太監督、最高!!

――Amber's 福島拓人



拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示


■2021年6月18日(金)配信スタート
Amber's
「DRIVE」

ambers.lnk.to/DRIVE
amber-s.com/news/drive-release

Amber's「DRIVE」ミュージック・ビデオ YouTubeプレミア公開
2021年6月18日(金)21時〜
youtu.be/9YjKH22s7vE

Amber's Official SNS
Instagram:
instagram.com/ambers_band_jp
TikTok:
tiktok.com/@ambers_official.tokyo
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
[インタビュー] マチュー・ボガート  パリからロンドンに拠点を移し、“新しい絵の具”を使って作られた英詞アルバム[インタビュー] 人気女性ピアノYouTuberが“天空”にまつわる楽曲を弾いた煌めきの新作 朝香智子
[インタビュー] デビュー35周年の豪華シングル 西方裕之[インタビュー] パット・メセニー 新作はクラシック! 室内楽作曲家デビューを果たした『Road to the Sun』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015