ニュース

キース・ジャレットが初めて結成したリーダー・トリオのレア音源が緊急リリース

キース・ジャレット   2014/11/20 15:23掲載
はてなブックマークに追加
 1966年にキース・ジャレットチャーリー・ヘイデン(b)、ポール・モチアン(ds)とともに結成した自身初のリーダー・トリオのレア・ライヴ音源がアルバム『ハンブルク'72』(UCCE-1148 2,600円 + 税)となってECMより緊急リリースされます。

 1972年6月14日、ドイツ・ハンブルグ“NDRファンクハウス”で録音された本作。キース・トリオは、ポエティックなバラードからハード・スウィング、さらには獰猛で燃えるようなフリー・ジャズまで、インプロヴィゼーションはジャレットがソプラノ・サックスやフルートを吹くまでに白熱! この3人の真のミュージシャンの間に取り交わされるインターアクションは全編を通し尋常ではない域で、最後に収録されているヘイデンの名曲「チェ・ゲバラに捧げる歌」でその興奮は最高潮に至ります。

 42年という歳月を経てマンフレッド・アイヒャーとヤン・エリク・コングスハウグによって新たな生命を吹き込まれた“伝説”と呼ばれるトリオの奇跡の演奏。必聴。

■2014年12月3日(水)発売
キース・ジャレット・トリオ
『ハンブルク'72』

UCCE-1148 2,600円 + 税

[収録曲]
01. レインボウ
02. エヴリシング・ザット・リヴズ・ラメンツ
03. ピース・フォー・オーネット
04. テイク・ミー・バック
05. ライフ、ダンス
06. チェ・ゲバラに捧げる歌

[演奏者]
キース・ジャレット(p, fl, perc, ss)
チャーリー・ヘイデン(b)
ポール・モチアン(ds, perc)

[録音]
1972年6月14日 ドイツ・ハンブルク“NDRファンクハウス”
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ちゃんみな“、堕天使”をテーマに展開するドラマ仕立てのニュー・シングル[インタビュー] ピアニスト、ラン・ランの新作は満を持して臨んだ『バッハ:ゴルトベルク変奏曲』
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015