ニュース

L'Arc〜en〜Ciel、ロック・バンド史上初! 国立競技場制覇!

ラルク アン シエル   2012/05/28 15:25掲載
はてなブックマークに追加
L’Arc〜en〜Ciel、ロック・バンド史上初! 国立競技場制覇!
 さる5月26日(土)、27日(日)、L'Arc〜en〜Cielのツアー<20th L'Anniversary WORLD TOUR 2012 THE FINAL>追加公演が、東京・国立競技場で開催。会場は1958年、東京オリンピックのために設立された歴史の深いスタジアムであり、ライヴで同会場が使用されるのは史上4組目にして、バンドとしては初の快挙! 2日間で計11万人もの動員を記録しました。

 逆ピラミッド型やキューブ型のLED、球体のオブジェが配置された巨大なステージ。フィールドの左右いっぱいにまで伸びた花道は、100m以上はあろうかという特大スケール。ステージを見ただけで、いかにこの凱旋公演が破格の規模で行なわれているかが分かる……! 開演時間を少し過ぎた頃、突如LEDスクリーンに映し出されたのは『LCN』ワールドニュースなる報道番組。――画面に映るニュースキャスターは3月3日、香港に初めて出現した逆ピラミッド型の未確認飛行物体がその後、世界各国で目撃されていることを伝える。「まるで世界をツアーしているかのようです」とアナウンスしたところで、「東京代々木上空でUFOが確認された!」との速報。その模様を中継するヘリ。現場レポーターがUFOに浮かび上がる文字を1つ1つ読み上げる――。「L、A、R、C……L'Arc〜en〜Ciel!?」と、その直後、逆ピラミッド型UFOがステージ上に降臨。会場上空にはレポーターが乗っていると思われるヘリも通過。激しい雷鳴が場内に轟き、花火が打ち上がると、マーチング・バンドとチアリーディングに続いて、フロートに乗ったL'Arc〜en〜Cielのメンバーが登場。さながらオリンピックの開幕を思わせるような一大パレードはフィールド外周を行進、そしてスタンド最上段の聖火台に火が灯される。聖火台の横にはツアーで訪れた世界各国の国旗と並んで“20th L'Anniversary WORLD TOUR 2012”のフラッグが高々と掲げられています!




 オープニングからして、スペクタクル巨編と呼びたいほどのセレモニーが繰り広げられた国立競技場。ワールドツアーのファイナルにして、アニバーサリーイヤーを締めくくるステージが、いったいどんなものになるのか。もはや先の読めない展開と、なにが起こるかわからない緊張感が満ち溢れる中、「ARE YOU FUCKIN' READY?」この言葉を合図に、スタジアム中から歓声が一斉にステージへ流れ出す! それをはじき飛ばすようにyukihiro(ds)のビートが加速すると、1曲目は「READY STEADY GO」。のっけからken(g)とtetsuya(b)は左右の花道へ踊り出て、客席を煽る。「GOOD LUCK MY WAY」「REVELATION」「HEAVEN'S DRIVE」「Vivid Colors」と、アッパーチューンを連発。新宿の高層ビル群を臨む、高く広く組まれたステージセットを飛ぶように駆けるhyde(vo)の歌声。上空に際限のない空間は、4人が放射する強いエネルギーで一気に熱帯と化したよう!

 「ただいま東京! 今日はめっちゃ楽しみにしてた。だってパーティだからね。20年歩んできた(アニバーサリーイヤーの)最後を、みんなで一緒にパッと盛り上げようぜ!」hydeのMC通り、ここはまさに盛大なパーティ会場。続くナンバーは「In the Air」「風の行方」と、この日のライヴは誰もが盛り上がらずにはいられない集大成的な選曲に。

 「Driver's High」「Caress of Venus」といった華やかなナンバーでは、特大花火の連発や前述のチアリーディングがステージをカラフルに彩る。その直後、チアリーダー(世界2位の実力者たち!)が周囲を取り囲んで行なわれたkenのMCは、「SEVENTH HEAVEN」イントロのリズムに乗せたラップ調の語り&煽りで、会場全体が大いに沸く。

 迎えたライヴ後半、tetsuyaのベース・ソロが鳴り響く。となればあの曲が続く……と思いきや、演奏されたのは「C'est La Vie」。予期せぬ展開に客席からは悲鳴にも似た叫声が聞こえる。そして会場内の気温が一気に高まるほどの火柱が上がった「Shout at the Devil」。そのエンディングでは、yukihiroのクールさと過激さを合わせたドラム・ソロが会場の熱気をさらに上昇させました。




 場内の照明が落とされたインターバルでは、客席一面のサイリュームが星空を描く中、アリーナ最後方で突然数台のカメラのフラッシュが一斉に焚かれる。するとそこにメンバーが突然姿を現すサプライズ! 設営されたサブステージに上がったhydeは、「あなたたちキレイよ。そんな感じの曲、やっちゃっていいかな」と、「Pieces」を披露。サイリュームの星空シチュエーションと、メインステージのミラーボールが幾重にも光を放ち、楽曲をより感動的でドラマティックなものへ。

 何本ものレーザー光線が夜空に広がった「NEO UNIVERSE」、LEDスクリーンの映像や照明の豪華絢爛な演出が楽曲の持つハイブリッドなスピード感を増幅させた「CHASE」などが続けざまに演奏された怒濤のステージ。ラスト・ナンバーの「虹」を前に、「自由気ままなバンドなんでね。難しいバンドだと思うんですけど、ここまで来れたっていうのは、きっと、これが正しいんじゃないかと僕は思うんですよね。ありがとう!」と語ったhyde。LEDスクリーンには球状の虹模様が映し出され、エンディングには虹色の花火を連発。盛大で壮大な初日の幕を下ろしました。

 そして2日目。会場は、大きな期待感で熱を帯び、その熱気は野外ながらもライヴハウスと同等の濃度の高さで、いやがおうにも興奮を煽る。全世界45万人を動員した大規模ツアーとなっても、L'Arc〜en〜Cielが作る空間はドラマティックに、刺激的に観客の心を揺さぶり、その核にはいつでも4人のコンポーザーが作り出すバラエティに富んだ楽曲の数々があってこそ。

 両日共に披露された「MY HEART DRAWS A DREAM」の導入部ではkenのギター・ソロがクローズアップされ、深く悲しみを帯びた音色は、やがて全てを浄化するように輝かしい同曲のテーマフレーズへと移り変わる。LEDスクリーンの映像はそれとリンクして、荒廃した大地に満開の花を咲かせる、復興の物語が展開。また、真っ暗なステージにかがり火が焚かれた「いばらの涙」。その小さな火の中で、祈りにも似た渾身の熱演が繰り広げられる。




 もちろん、この日のライヴも序盤からアクセル全開。初日に演奏された過去の人気曲は、「flower」「夏の憂鬱[time to say good-bye]」「the Fourth Avenue Cafe」といったナンバーが新たに選曲され、2日間通して参加したファンには嬉しいセットリストに。

 最初のMCで、客席と息の合ったコール&レスポンスをみせたhyde。「とうとう今日っていう日が来ちゃった。今日は最後の最後なので、思いっ切りいっちゃって。今日は祭りやから、パッと行こうぜ!」と、アニバーサリーイヤーのファイナルを盛り上げる。また、初日にラップ調のMCを披露したkenは、この日はヴァージョン・チェンジ。「ずいぶんギターを弾きました。みんなも随分曲を聴きましたね。そろそろ踊れる? 踊れんのか国立!」と、ステージ上、一直線に並んだチアリーダーに混じって、一糸乱れぬダンスを披露する場面も!

 そしてやはり、バンドの演奏力は圧巻のひとこと。hydeがギターを手にした「HONEY」では強烈にドライヴするバンド・サウンドがこの上ない高揚感を築き、静かに淡々と、しかし壮大に展開する「In the Air」ようなナンバーでは一点の曇りもないサウンドが眩しい輝きを放つ。サブステージで披露された「あなた」「winter fall」は初日同様、感動が場内いっぱいに広がる演奏。スタンド席からは、yukihiroのプレイをセットの内側から見ることができたという、レアな体験も。

 さらには「NEO UNIVERSE」。kenはギターをピッキングしないシンセ的なアプローチ、yukihiroはビートの要であるスネアを最後の一発しか叩かないリズムを構築、tetsuyaは6弦ベースでメロディーを縦横無尽に奏でるといった、列記するだけでもアクロバットなアンサンブルを実にさりげなくポップに響かせるあたりは、L'Arc〜en〜Cielだからこそ成せる技!




 夜空に月が煌々と輝く頃、この夜のテンションも最高潮へ。ラスト・ナンバーは「虹」。その前にhydeは「世界中を廻って感じたのは、人種も宗教も違うんですけど、みんな表情は同じなんですよね。嬉しくて泣いてる子もいるし、笑顔の子もいる、今日のみんなも一緒なんですよ。スタッフとかすごく大変だったと思うけど、世界中のみんなの心に残るライヴができたんじゃないかなと思います。これからまだ続くと思うんで、L'Arc〜en〜Cielを応援してください。また遊ぼうぜ!」と語っています。

 1年間にわたる<20th L'Anniversary>は、<20th L'Anniversary LIVE>(味の素スタジアム2Days)と全国5都市のアリーナ/ドームを廻った国内ツアー<20th L’Anniversary TOUR>を間に挟んで、3枚のシングル、1枚のフルアルバムをリリース。そして、全10ヵ国14都市17公演を廻った<20th L'Anniversary WORLD TOUR>は5月31日のハワイ・ホノルルを最終公演に大団円を迎えます。

 空前絶後のスケールで、あまりにも刺激的に駆け抜けたアニバーサリー・イヤー。全ての演奏が終了した後、大空へ放たれた50,000個の虹色バルーンと1,000発もの虹色花火は、それを祝福するようにどこまでも高く舞い上がり、「20年経って、ワールドツアーとかやってみて、自分たちにとってもすごく歴史に刻まれる一年になったと思います」とはhydeは言葉を寄せています。




 最後に、巨大スクリーンに映し出されたのは、この2日間の公演の模様が7月22日(日)21:00より、WOWOWにて独占放送決定のお知らせ! また、6月9日〜7月8日までの1ヵ月間、<L'Arc〜en〜Ciel 20th L'Anniversary EXHIBITION>と題した美術展が横須賀美術館で開催されるとのこと。さらには、すでに発表されているように、東京・国立競技場公演の開演前SEとして流れていた『L'Arc〜en〜Ciel Tribute』、これまでのライヴアクトの中から20曲を厳選した初のライヴベストDVD『LIVE TWENITY』が6月13日にリリース。

 さらに! L'Arc〜en〜Cielの次なるワールドツアー開催都市を投票で決定するという「NEXT WORLD TOUR」なるVoter Registration企画も明らかにされており、こちらはハワイ公演終了後、オフィシャル・サイトでスタート。注目を!
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ロイ-RöE-が描く『ストロベリーナイト・サーガ』の世界[インタビュー] “まるで13本立てのカルト映画祭”ROLLYが新曲入りセルフカヴァー・アルバム『ROLLY
[インタビュー] クールス対談 ジェームス藤木×近田春夫[インタビュー] 君はひとりじゃないよ Karavi Roushi『清澄黒河』
[インタビュー] 山口美央子×松武秀樹 〜1983年作の『月姫』以来となる新作『トキサカシマ』をハイレゾ音源で聴く[インタビュー] 自然に感じたまま表現すればいい――荘村清志、デビュー50周年の集大成『シャコンヌ』
[インタビュー] 活動11年目のTSUKEMENが“いい大人”へのスタートとなる新作『時を超える絆』をリリース[インタビュー] 世にも美しい“切れ目の戯言”――ATOSONE(RC SLUM / Boutique Strange Motel)
[インタビュー] ローカルな個性とグローバルな普遍性 FOUR HORSEMEN『FOUR HEAVENLY KINGS』[インタビュー] リストのあらゆる側面を伝えたい――金子三勇士『リスト・リサイタル』
[インタビュー] 追い求めていくことと打ち砕かれてしまうこと ドキュメンタリー映画「STANDARD」[インタビュー] 音で聴く回想録 KERA『LANDSCAPE』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015