ニュース

ソウルブラザーズ・バンド“ラッキーセベン”、1st EP『Welcome to our 1st EP』リリース

ラッキーセベン   2023/01/25 12:13掲載
はてなブックマークに追加
ソウルブラザーズ・バンド“ラッキーセベン”、1st EP『Welcome to our 1st EP』リリース
 EPリリースに先駆けた2曲のシングル「ITSUKA」と「ぼくらのまま」、そして何より真冬のストリート・ライヴで噂のラッキーセベンが、1st EPを1月25日(水)より配信リリース。本作は、HIP LAND MUSICによるデジタルディストリビューション&プロモーションサービス「FRIENDSHIP.」がデジタル・リリースをサポートしています。

 ラッキーセベンは、男6人が心で奏でるソウルブラザーズ・バンド。2022年5月大阪で、DaPlanet(vo)、シュウタネギ(cho,ag)、迫田雄人(g)、fonifai康平(sax)、 原篤生(b)、ゆうしゅん(ds)の6人が出会い活動を開始。梅田やなんばの路上でライヴを繰り返し、徐々に噂が広がり始め、路上ライヴを見たお客さんやSNSでライヴ映像を見たイベンターから様々なイベントに誘われ、 2022年10月よりライヴハウスでのライヴを開始。11月に先行シングルとしてリリースした「ITSUKA」はFM802『MIDNIGHT GARAGE』の番組内ヘビーローテーション「推しモン!」に選出など注目が集まっています。

 ラッキーセベンの名刺代わりとなる本作は、ソウルやファンク、ジャズを絡めた生感のあるグルーヴに、普遍的なメロディが絡み合った、彼らの魅力を凝縮した作品に仕上がっています。

 DaPlanet(vo)の味わい深くソウルフルな歌声が紡ぐ歌詞は、聴き手それぞれの“あの頃”の色褪せない記憶に寄り添うもの。それぞれが溶け合い、自身で“ソウルブラザーズバンド”と呼称するように、6人のメンバーの心が一体となった、まさに“ソウル”を感じるサウンドを一度聴くと虜になります。

 また、リリースを記念して初の東名阪ツアーを開催。こちらもぜひご確認ください。

[コメント]
今作の楽曲は全て、ラッキーセベンのメンバーから受けたインスピレーションを元に メンバーに向けて作った楽曲です。
それをラッキーセベンで演奏して形にしたもの、僕らのバンドという青春が詰まった作品です。
「お前やったら大丈夫、うまく行くから安心しろよ、おれがおるやん!」って言ってくれる。
今まで出会った中で1番仲がいい友達。それがラッキーセベンの音楽。やと僕は思います。

――シュウタネギ(cho,ag)

■2023年1月25日(水)配信開始
ラッキーセベン
『Welcome to our 1st EP』

friendship.lnk.to/Welcometoour1stEP

[収録曲]
01. intro
02. SOMETHING
03. ぼくらのまま
04. ITSUKA
05. YADA
06. THEME

東名阪ツアー
2023年2月25日(土)
東京 下北沢 ベースメントバー
11:30 / 12:00
2023年2月27日(月)
愛知 名古屋 K.D.ハポン
18:30 / 19:00
2023年3月3日(金)
大阪 火影
18:30 / 19:00
料金 3,000円(税込 / ドリンク代別)
チケット
w.pia.jp/t/luckyseven
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 5年間の集大成、これが進化を遂げたTANAKA ALICEスタイル[インタビュー] 俳優としても知られる松下優也 アーティスト・プロジェクト“YOUYA”連続リリース
[インタビュー] パーティ・パンク・バンド“PET”約18年ぶりの新作フル・アルバム[インタビュー] 鞘師里保、ダンス・ミュージックをさらに深く追求した 3rd EP
[特集] ザ・ビートルズ、中期の傑作アルバム『リボルバー』がスペシャル・エディションで登場![インタビュー] ケイコ・リー、豪華コラボレーションも収録する4枚目のベスト・アルバム『Voices IV』
[インタビュー] 上西千波、ジャズと短編小説でリスナーに寄り添う新作アルバム『恋愛小説II』を発表[インタビュー] 日向坂46・佐々木美玲がお悩み相談コメディドラマに挑戦
[特集] 藤田真央、世界が注目するピアニストが『モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集』でワールドワイド・デビュー![インタビュー] 望月琉叶、グラビアができる演歌歌手が念願のボカロPとのコラボレーションをスタート
[インタビュー] マーク・ジュリアナ、エレクトロニクスの要素を取り込み新たな方向性を示す新生ジャズ・カルテットの新作[インタビュー] 花*花、パルシステムとのコラボレーションで大ヒット曲「あ〜よかった」を再録音
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015