ニュース

スチャダラパー、年の瀬恒例のワンマン・ライヴを開催

スチャダラパー   2019/09/02 13:30掲載
はてなブックマークに追加
スチャダラパー、年の瀬恒例のワンマン・ライヴを開催
 スチャダラパーが、2019年で5回目となる年の瀬恒例のワンマン・ライヴ〈暮れの元気な5あいさつ(KG5)〉を12月14 日(土)に東京・恵比寿 リキッドルームで開催します。

 その年あった出来事を振り返りつつ、ファンの希望に沿ったり、沿わなかったりするセットリストでおもてなしする本イベント。もちろん現在進行系のスチャダラパーも披露されます。スチャダラパーのデビュー30周年となる2020年に向けた決起集会として、ファンとスチャダラパーの絆を確かめる大切な機会、重要なライヴとなりそうです。9月4日(水)12:00より、チケット最速先行の受付を開始。詳細はオフィシャル・サイトにて。

スチャダラパー 暮れの元気な5あいさつ(KG5)
schadaraparr.net/news
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “あーた”から“AATA”へ 注目のシンガー・ソングライターがその音楽人生を振り返る超ロング・インタビュー![インタビュー] KAITO もう一回自分を“ここ”に戻してくれた音楽たち
[インタビュー] ケイコ・リーが70〜80年代洋楽ヒットなどを歌う[インタビュー] 日本のパンク・シーンに登場してから35年! 今も走り続けるNICKEYがベスト盤とミニ・アルバムを発表
[インタビュー] 進化するKIRINJI “シティ・ポップ”で“夜の匂い”のする14thアルバム[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構
[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』
[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD
[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015