ニュース

スチャダラパー、年の瀬恒例のワンマン・ライヴを開催

スチャダラパー   2019/09/02 13:30掲載
はてなブックマークに追加
スチャダラパー、年の瀬恒例のワンマン・ライヴを開催
 スチャダラパーが、2019年で5回目となる年の瀬恒例のワンマン・ライヴ〈暮れの元気な5あいさつ(KG5)〉を12月14 日(土)に東京・恵比寿 リキッドルームで開催します。

 その年あった出来事を振り返りつつ、ファンの希望に沿ったり、沿わなかったりするセットリストでおもてなしする本イベント。もちろん現在進行系のスチャダラパーも披露されます。スチャダラパーのデビュー30周年となる2020年に向けた決起集会として、ファンとスチャダラパーの絆を確かめる大切な機会、重要なライヴとなりそうです。9月4日(水)12:00より、チケット最速先行の受付を開始。詳細はオフィシャル・サイトにて。

スチャダラパー 暮れの元気な5あいさつ(KG5)
schadaraparr.net/news
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015