ニュース

欧州全土で人気爆発中の小悪魔ダンス・ポップ3人娘“セレブロ”が、ついに日本上陸!初来日も決定!

セレブロ(SEREBRO)   2013/02/25 15:40掲載
はてなブックマークに追加
欧州全土で人気爆発中の小悪魔ダンス・ポップ3人娘“セレブロ”が、ついに日本上陸!初来日も決定!
 世界6ヵ国で1位を記録した「恋はママラバ!(原題:Mama Lover)」でヨーロッパ全土で大人気のモスクワ発の小悪魔ガールズ・ダンス・ポップ3人娘“セレブロ(SEREBRO)”の日本デビュー・アルバム『セレブレーション!(SEREBRATION!)』が3月20日にリリースされます。

 ロシア語で“銀”(英語の“シルヴァー”)という意味をもつ“セレブロ”は、アナスタシア、エレナ、オルガの美女3人により2006年に結成。2007年には“ユーロヴィジョン・ソング・コンテスト”のロシア代表として本格的に活動を開始。

 同コンテストは、欧州で開催されている各国から1組ずつ選ばれた(主に)新人アーティストが、国を代表して楽曲や歌唱を競い合うという50年の伝統がある音楽コンテストで、過去にABBAセリーヌ・ディオンらを輩出しているだけあって、セレブロのパフォーマンスは折り紙付き。

 卓越した歌唱力とキレのあるダンス、抜群のルックスだけでなく、自分の考えを持ち堂々と発言・行動するキャラの立った存在感で、ロシアでの人気を不動のものにしているセレブロ。

 そんな彼女たちは、8作目のシングル「恋はママラバ!(原題:Mama Lover)」で」ついに他国へ人気が飛び火し、世界6ヵ国(ロシア、イタリア、スペイン、メキシコ、ウクライナ、ベラルーシ)で1位を獲得し、欧州全土に人気が急速に拡大中!

 また同曲のPVは、メンバー3人が車でノリノリにはしゃぐ様子が大ウケし、YouTube総再生回数2,000万回超! このPVに似せたパロディ・ビデオはなんと250本以上もUPされているそう。

 そして先日、アレクサンドラ・スタンを米ビルボードHOT100に送りこんだ米国名門ダンス・レーベルと正式契約し、いよいよ世界制覇へのカウントダウンがスタート! 2013年春、いよいよ日本上陸します!

 3月20日に日本デビュー・アルバム『セレブレーション!』リリース、さらにはプロモーション来日も決定し、発売日の3月20日に日本デビュー記念来日イベントを行うことが決定しました!

 セレブロ日本公式サイト(http://emij.jp/serebro/)から応募すると、抽選で100組200名様をご招待! 応募締切は3月6日。生セレブロのパフォーマンスを見る貴重な機会です、ぜひチェックを!

セレブロ「恋はママラバ!」(Mama Lover [Clean Version])


※3月20日発売
セレブロ
『セレブレーション!』



(TOCP-71493 税込み1,980円)
●日本盤特典 日本独自ジャケット&ブックレット、歌詞・対訳&解説付、ボーナス・トラック2曲収録
[収録曲]
01.恋はママラバ! / Mama Lover ※日本デビュー・シングル
02.パラダイス / Paradise
03.ライク・メアリー・ワーナー / Like Mary Warner
04.ソング・ナンバーワン / Song # 1
05.エンジェル・キス / Angel Kiss
06.ワイ / Why
07.ガン / Gun
08.バスタード / Bastard
09.ネヴァー・ビー・グッド / Never Be Good
10.セクシング・ユー / Sexing You
11.ワッツ・ユア・プロブレム / Whats Your Problem
12.恋はママラバ!(ロシア語ver.) / Mama Lyuba
13. 恋はママラバ!(カラオケ) / Mama Lover(Karaoke)
14.サウンド・スリープ(feat OMA-VEGA) / Sound Sleep(feat OMA-VEGA)
15.エンジェル・キス(ダブステップ・リミックス) / Angel Kiss(Dubstep Remix)
16.恋はママラバ!(ギャリー・カオス・ダブ・ミックス) / Mama Lover(Gary Caos Dub Mix) *Bonus Track for Japan
17.ガン (タイム・テイカーズ・リミックス) / Gun(Time Takers Remix) *Bonus Track for Japan
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015