ニュース

福山雅治、初のドーム・ツアーが閉幕

福山雅治   2014/05/26 14:17掲載
はてなブックマークに追加
 全国6ヵ所・14公演、福山雅治にとって初のドーム・ツアーとなった〈FUKUYAMA MASAHARU WE’RE BROS. TOUR 2014 HUMAN〉が5月25日(日)に「京セラドーム大阪」で最終日を迎えました。

 会場で約4万人のオーディエンスがライトスティックを頭上に掲げる中、荘厳なオープニングSEをバックに福山が登場すると、はち切れんばかりの歓声でヴォルテージは一気に急上昇。福山は、メイン・ステージとは別に、アリーナ席中ほどに設けられたセンター・ステージへ立つと、アカペラで「Beautiful life」。その姿は会場の大型スクリーンに映し出され、観客は福山の世界へ引き込まれていく。

 流麗なギター・ソロを挟み披露されたのは、今回のツアー・タイトルでもある「HUMAN」。センター・ステージが上昇し、鮮やかなライティングと、それをカメラが追いかけるさまは、まさにスタジアムの醍醐味!

 MCでは、このツアーとアルバムの成功は“アナタのお陰なんです!”とまずここに集まったファンを称え、そして披露されたのは「桜坂」。楽曲の“桜”のイメージに合わせ、淡いピンク色の照明が照らし出されると、今度は桜の花びらが舞う演出。また、中盤は最新アルバム『HUMAN』からの楽曲を連続で披露するも、初めて聴くオーディエンスにもその世界に入りやすいようイメージ映像を設けるなど、嬉しい演出も。

 ストリングスのサウンドが美しい壮大なバラード曲「暁」で本編を締めくくると、割れんばかりのアンコールに応え、ステージに再登場。ポップ・チューン「生きてる生きてく」、そして1993年に発表されたヒット・ソング「MELODY」を披露。……バンド・メンバーを紹介し、ステージを去ろうする福山へ寄せられる拍手と歓声! それ応え、アコースティックギター1本の弾き語りで「家族になろうよ」。その美しいギターの音色と優しい歌声に会場全体が耳を傾けていました。

福山雅治福山雅治
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ノリとヴァイブスだけで作った音楽を“ヒップホップ”としてパッケージ化する GRADIS NICE & YOUNG MAS(Febb)[インタビュー] 密接な関係性ありきの音楽 MIKUMARI×OWL BEATS『FINEMALT NO.7』
[インタビュー] (想像以上に)挙動不審!? 廣瀬真理子が総勢22人の“ドリアンな奴ら”を率いてアルバムをリリース[インタビュー] 「知らない土地で出会う風景や人から音楽が生まれる」 ――ピアニスト、ジェイコブ・コーラーが描くシネマティックな世界
[インタビュー] 上原ひろみが驚異のハープ奏者エドマール・カスタネーダとのデュオ・プロジェクトを始動[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー
[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』
[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”
[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015