ニュース

ジルベルト・ジル 黄金期のアルバム7枚を日本初CD化!

ジルベルト・ジル(Gilberto Gil)   2012/10/01 17:20掲載
はてなブックマークに追加
ジルベルト・ジル 黄金期のアルバム7枚を日本初CD化!
 ブラジル音楽シーンを代表するミュージシャンの1人、ジルベルト・ジル(Gilberto Gil)が1975年から82年の間に発表したアルバム7枚が日本初CD化されます。10月27日にリリースされるのは、以下の3タイトル。『ヘファゼンダ』(BOM-1801 / 写真)『ヘファヴェーラ+2』(BOM-1802)『モントルーのライヴ』(BOM-1803)。すべて税込1,890円です。各アルバムには中原仁さんが書き下ろした詳細なライナーノーツを封入。さらに、今回のリリースのためにリマスターを施し、音質も大幅に良くなっています。

 また、ジルベルト・ジルとカエターノ・ヴェローゾが中心となった1967〜8年にかけてのカルチャー・ムーヴメント、トロピカリアを追ったドキュメンタリー映画『トロピカリア』が新宿・バルト9で現在開催中の第9回ラテン・ビート映画祭にて上映されています。当時の貴重な映像とジルベルト・ジル、カエターノの2人をはじめとする関連ミュージシャンへのインタビューで構成された充実の仕上がりで、製作総指揮は『シティ・オブ・ゴッド』のフェルナンド・メイレレスです。東京での上映は残すところあと一回(5日18:30〜)。映画祭は今後、横浜、大阪、京都、博多での開催も決定しています。詳しくは映画祭オフィシャル・サイト(www.hispanicbeatfilmfestival.com/index.html)をご覧ください。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 好きなことや大事にしていることを信じて人生を謳歌しよう ベッド・イン『TOKYO』[インタビュー] 優しく奏でる篠笛で、安らぎにあふれた時間を――佐藤和哉が妹尾武と紡ぐ初のカヴァー・アルバム
[インタビュー] 常に上だけ見ていたい ゆるふわギャング“NENE”初のソロ・アルバムを発表[インタビュー] 歌声で本当の気持ちを伝えられれば一番いい 桐嶋ノドカ「言葉にしたくてできない言葉を」
[インタビュー] 月と対峙してきた人々の想いや営みを、ヴァイオリンの響きで――川井郁子、7年ぶりのオリジナル・アルバム『LUNA』[インタビュー] たぶん、生きる場所を作ってる――バンドマンという名の生活者、Yellow Studsの軌跡と未来
[インタビュー] キャッチーさとストレンジなフィーリングを併せ持つビートメイカー、その名はdoooo[インタビュー] いろんなジャンルの曲をクロマチックハーモニカでどう表現できるか――山下伶の全方位的な新作アルバム
[特集] 音楽好きだからこそハマってしまう! 『アイ★チュウ』のただならぬ中毒性とは?[インタビュー] 証人になって欲しい――ワンマン・ライヴ〈TAKE ME OUT〉開催を控えるlyrical schoolの“いま”
[インタビュー] 角銅真実&西田修大が語る石若 駿『Songbook2』[特集] [LIVE Report] 愛され続けるシンガー・ソングライター藤田麻衣子のオール『緋色の欠片』曲によるスペシャル・ライヴ!
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015