ニュース

ブレッド&バター、70〜80'sの名作7タイトル復刻!

2005/08/05掲載(Last Update:08/03/31 17:40)
はてなブックマークに追加
 1969年に「傷だらけの軽井沢」でデビューして以来、現在に至るまで活動を続け、先頃4月には最新アルバム『SKY』(写真・VICL-69127 \3,045(税込))をリリースしたブレッド&バター岩沢幸矢(さつや)岩沢二弓(ふゆみ)の兄弟が生み出すハーモニー、メロディなどが日本のシティ・ポップの先駆けとして再評価されている昨今ですが、彼らの70〜80年代に発表した名作がさまざまな形で9月に復刻される予定です。

 コロムビアミュージックエンタテインメントからは、初回生産限定盤で紙ジャケット仕様、初CD化を含む4タイトルを。またソニー・ミュージックからは、“CITY POP名盤復刻10タイトル”のなかから3タイトルを、それぞれ9月21日に予定(下記リスト参照)。

 細野晴臣鈴木茂林立夫松任谷由実かまやつひろし、さらにスティーヴィー・ワンダーといった内外の名ミュージシャンとの交流で知られ、J-POPの礎を築いたといえる彼らの作品に触れることができる絶好の機会といえそうですね。


各タイトルを簡単にご紹介すると……

※9月21日発売
<コロムビアミュージックエンタテインメントより紙ジャケット仕様、デジタルリマスタリング、初回生産限定盤4タイトル>

『IMAGES』(COCP-33334 \2,310(税込))
1973年発表。イギリスでレコーディングされ、スティーヴィー・ワンダーがシンセサイザーで参加。

『Barbecue』(COCP-33335 \2,310(税込))
1974年発表。細野晴臣ほか豪華メンバーが参加。山下達郎がライヴ盤『IT'S A POPPIN' TIME』でカヴァーした「ピンク・シャドウ」ほか。

『MAHAE』(COCP-33336 \2,310(税込))※初CD化
1975年発表。“真南の風”という意味のタイトルで、海やリゾートを彷彿とさせる作品とサウンドによる1枚。

『BREAD&BUTTER』(COCP-33337 \2,310(税込))※初CD化
1975年10月8日郵便貯金ホールにて収録。コロムビア時代の唯一のライヴで、デビュー曲「傷だらけの軽井沢」ほか、初期ベスト的ラインナップ。


※9月21日発売
<ソニー・ミュージック“CITY POP名盤復刻10タイトル”より3タイトル>

『レイト・レイト・サマー』(MHCL-641 \2,310(税込))
1979年発表。ティン・パン・アレーパラシュートYMOのメンバー、呉田軽穂(松任谷由実)といった豪華ゲストを迎えて制作されたアルファ移籍第1弾。

『マンデイ・モーニング』(MHCL-642 \2,310(税込))
1980年発表。名曲「マリエ」の再演を含むアルファ2作目。

『パシフィック』(MHCL-643 \2,310(税込))
メロウな1981年作品。呉田軽穂作詞の「HOTEL PACIFIC」(今はなき“パシフィック・ホテル茅ヶ崎”がモチーフ)で始まる、湘南を意識した1枚。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催
[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015