ニュース

アル・クーパー、ソロ新作7月に

アル・クーパー(Al Kooper)   2005/04/12掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 2003年の初来日公演という快挙が話題となったロック・レジェンド、アル・クーパー(写真は日本企画によるアル・クーパー・ワールドの粋を集めた『フリー・ソウル〜クラシック・オブ・アル・クーパー』)。なんとアル・クーパーからニュー・アルバムが7月20日予定でリリースされることに! 1982年の『Championship Wrestling』、1994年の『Rekooperation』といったように、80年代〜今まで、寡作だったアルの久しぶりの本格的ソロ作品で、今までに書きためていたもののなかから選曲された模様。タイトルは『Black Coffee』(品番、価格未定)となる予定で、スモーキー・ロビンソン作でテンプテーションズで知られるナンバー「GET READY」、ブッカーT&MG'Sの不朽のインスト名曲「GREEN ONIONS」といったカヴァー曲を含む全15曲を収録する予定。さらに、ライナーノーツには、60年代のローリング・ストーンズのマネジャー兼プロデューサーだったアンドリュー・オールダムが文章を寄せており、どんな話を披露してくれるのかも楽しみです。

 1965年ボブ・ディランの「ライク・ア・ローリング・ストーン」でのオルガン・プレイを皮切りに、ホワイト・ブルースの先駆けとなったブルース・プロジェクトへの参加、またマイク・ブルームフィールドスティーヴン・スティルスを招いたジャム・セッションの名盤『スーパー・セッション(原題:Super Session)』の発表、ブラッド・スウェット&ティアーズレーナード・スキナードを世に知らしめたこと、そしてなんといっても赤裸々な歌に心打たれるシンガー・ソングライターとしての活躍……と60〜70'sのロック・シーンにおいて、その功績は語り尽くせないアル。そんなアルの新作、早く聴きたいものです!
続報
アル・クーパーの新作、収録曲一部判明
予定されている収録曲が少しだけですが判明。オリジナル曲も、カヴァー曲もある模様です。

・Going, Going, Gone
・maginary Lover
・Get Ready (Temptations)
・Am I Wrong (Keb' Mo)
・Got My Ion Hue (Hal Lindes' (Dire Straits))
・Just for a Thrill (Ray Charles')
・Comin' Back in a Cadillac (Al Kooper)
・Green Onions (Booker T. and the MGs)
[ 2005/04/14掲載 ]
アル・クーパーの新作、US盤も発売に
US盤は7月12日に発売されることになった模様です。
[ 2005/04/13掲載 ]
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015