ニュース

山口コーイチ率いるフリージャズ・トリオ“シワブキ”、全編即興演奏によるアルバムをリリース

シワブキ   2018/08/21 12:35掲載
はてなブックマークに追加
 渋さ知らズをはじめ様々なプロジェクトで活躍するピアニストの山口コーイチと、鈴木 勲OMA SOUNDや日野皓正クインテット、Tabletop Guitarsなど多数のバンドやレコーディングに参加するギタリスト加藤一平(g)、そしてAASHAYAKAWA林栄一&ガトスミーティングなどのバントやセッションで活動するドラマーの磯部 潤(ds)によるフリージャズ・トリオ、シワブキのニュー・アルバム『GENERATORS』(UM-003 2,000円 + 税)が8月19日(日)にリリースされています。

 山口と磯部のデュオとして2014年にスタートし、2017年に加藤を交えたトリオとなったシワブキ。グループ名のシワブキは“咳き(せき)”を意味しています。本作には即興演奏による「興り」「沈思」「遊び」の3曲を収録。レコーディングは今年5月9日に東京・新宿 Pit Innにて行なわれ、録音エンジニアは高橋清志、マスタリングはblacksheepなどで活動するバリトン・サックス奏者の吉田隆一が担当。楽器を激しく鳴らす表現だけでなく、新世代によるクールなテクスチュアを持ったアルバムとなっています。

■2018年8月19日(日)発売
シワブキ
GENERATORS

UM-003 2,000円 + 税

[収録曲]
01. 興り
02. 沈思
03. 遊び

[演奏]
山口コーイチ(p)
加藤一平(g)
磯部 潤(ds)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』
[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』[インタビュー] “この一瞬をどう生きるか”――桑原あい『To The End Of This World』
[インタビュー] 結果が全て――結成11年目を迎えた岸田教団&THE明星ロケッツの新作「シリウス」[特集] 【Live Report】愛と熱狂のF6初単独ツアー!
[インタビュー] 生まれ変わる必要なく、いつでも少年の心に戻れる――KOJOE『2nd Childhood』[インタビュー] “バトル・ブーム以降”を踏まえて、大きな場所でやることの意味 輪入道『暴道祭』
[インタビュー] 一言で言うと、青春――DÉ DÉ MOUSEが“アガる”もの『be yourself』[インタビュー] マンチェスターから世界へ羽ばたいた“2010年代UKジャズの先駆者” ゴーゴー・ペンギンのサウンド方法論
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015