音楽性、世界観がこれまで以上の精度で表現された充実作――Acid Black Cherry『L−エル−』ロング・レビュー

Acid Black Cherry   2015/02/25掲載
はてなブックマークに追加
 Acid Black Cherry(アシッドブラックチェリー / 以下ABC)が自身初のオリコンウィークリーチャート1位を記録した3rdアルバム『2012』(2012年)以来、約3年ぶりとなるオリジナル・フル・アルバム『L−エル−』をリリースする。CDアルバムという表現形態にこだわり、エロティシズムと攻撃性を共存させた音楽観、そして、ロックスター然としたルックスと関西弁の気の置けないキャラクターによって熱狂的な支持を得てきたABC。ヒット・シングル「Greed Greed Greed」「黒猫〜Adult Black Cat〜」「君がいない、あの日から…」「INCUBUS」(4曲ともオリコン上位にチャートイン)を含む本作は、ABCの音楽性、世界観がこれまで以上の精度で表現された充実作に仕上がっている。
Acid Black Cherry『L−エル−』Project『Shangri-la』LIVE盤
Project『Shangri-la』LIVE盤
Acid Black Cherry『L−エル−』Project『Shangri-la』ドキュメント盤
Project『Shangri-la』ドキュメント盤
 『L−エル−』について説明する前に、前作『2012』以降のABCの活動を振り返っておきたい。まずは『2012』を引っ提げた全国ツアー(全23公演で8万人を動員, 公開ゲネ含む)。さらに13年3月にはカヴァーアルバム『Recreation3』を発表、「恋におちて」(小林明子 / 1985年)、「未来予想図II」(DREAMS COME TRUE / 89年)などの意外性に富んだ選曲と芳醇な表現力を感じさせるヴォーカルによって高い評価を得た(オリコンウィークリーチャート3位を獲得し、10万枚を超えるロングヒットを記録)。そして13年8月からはニュー・プロジェクト「Shangri-la」を始動。「ABCの音楽で少しでも笑顔になってくれる人がいるなら、近くに行って唄いたい」というコンセプトでスタートしたこのプロジェクトでは、全都道府県ツアーのほか、全国のラジオ番組、テレビ番組の公開収録、ハイタッチ会なども行い、さらにファン層を拡大。“ロックバンド・Janne Da Arcのヴォーカリストyasuのソロプロジェクト”という説明が不要になるほど、ABCの存在はメジャー・シーンに強く浸透した。ニュー・アルバム『L−エル−』に対する期待と注目がこれまで以上に上がっていることは、言うまでもないだろう。
 アルバム『L−エル−』の軸になっているのは、緻密にして壮大なストーリー設定だ。主人公は波乱の人生を送った一人の女性“エル”。1曲目の「Round & Round」からラストの「& you」に至るまで、本作は愛を求めて生きるエルの運命を描きながら進行していく。前作『2012』以降に発表されたシングルもストーリーのなかに完璧に組み込まれていて、まるで3年前からyasuのプラン通りに制作が進められているかのような印象を受けるのだ(実際はどうかわかりませんが)。その中心にあるのは「アルバムという形態を大事にしたい」という意思だろう。第57回グラミー賞(2015年)でプリンスが「みなさん“アルバム”って覚えてますか? “アルバム”って大事なものなんです」とコメントして話題を集めたが、『L−エル−)』を聴けば、アルバム全体で音楽を楽しむ、世界観を堪能することの醍醐味を味わってもらえるはずだ。
 また、“ヘヴィロック x 歌謡曲テイストのメロディ”というスタイルを中心としながら、華やかな広がりを持ったABCの音楽性もさらに進化している。鋭利なギターサウンドと抒情的な旋律がナチュラルに溶け合い、「求めたのは嘘じゃなくて愛だった」──この歌詞はアルバム全体の核にもつながっている──というサビのフレーズで圧倒的なカタルシスを生み出す「liar or LIAR?」、軽快なシャッフルビートのなかで(アイドルが歌っても似合いそうな)キュートなメロディが広がるポップチューン「7 colors」。去年の夏フェスでyasuは「見ての通り、ザ・ヴィジュアル系です!」と堂々と宣言していたが、その音楽のレンジはそれだけでは括れない幅広さを確かに備えている。
 もちろん、奥深い世界観とカラフルな音楽性をバランスよく描き出すyasuのヴォーカルも絶品。本作によってABCは、あらゆる層の音楽ファンを魅了するアーティストとしての存在感をしっかりと確立することになりそうだ。
文 / 森 朋之(2015年2月)
クリックすると大きな画像が表示されます
Acid Black Cherry
2015 tour L−エル−

■2015年3月10日(火)
広島 広島文化学園HBGホール
| 開場 17:30 / 開演 18:30
※お問い合わせ: キャンディープロモーション広島 082-249-8334(平日 11:00〜18:30)
www.candy-p.com


■2015年3月12日(木)
広島 広島文化学園HBGホール
| 開場 17:30 / 開演 18:30
※お問い合わせ: キャンディープロモーション広島 082-249-8334(平日 11:00〜18:30)
www.candy-p.com


■2015年3月18日(水)
福岡 福岡サンパレス
| 開場 17:30 / 開演 18:30
※お問い合わせ: キョードー西日本 092-714-0159(平日 10:00〜19:00 / 土 10:00〜17:00)
www.kyodo-west.co.jp


■2015年3月21日(土)
鹿児島 宝山ホール(鹿児島県文化センター)
| 開場 17:00 / 開演 18:00
※お問い合わせ: キョードー西日本 092-714-0159(平日 10:00〜19:00 / 土 10:00〜17:00)
www.kyodo-west.co.jp


■2015年3月23日(月)
滋賀 滋賀県立芸術劇場 びわ湖ホール大ホール
| 開場 17:30 / 開演 18:30
※お問い合わせ: キョードーインフォメーション 06-7732-8888(10:00〜19:00)

■2015年3月25日(水)
兵庫 神戸国際会館こくさいホール
| 開場 17:30 / 開演 18:30
※お問い合わせ: キョードーインフォメーション 06-7732-8888(10:00〜19:00)

■2015年3月29日(日)
東京 東京国際フォーラムホールA
| 開場 17:00 / 開演 18:00
※お問い合わせ: ディスクガレージ 050-5533-0888(月〜金 12:00-19:00)
www.diskgarage.com


■2015年4月1日(水)
香川 高松 アルファあなぶきホール(香川県県民ホール) 大ホール
| 開場 17:30 / 開演 18:30
※お問い合わせ: DUKE高松 087-822-2520(平日 10:00〜18:00 / 土 10:00〜15:00)
www.duke.co.jp


■2015年4月3日(金)
大阪 中之島 フェスティバルホール
| 開場 17:30 / 開演 18:30
※お問い合わせ: キョードーインフォメーション 06-7732-8888(10:00〜19:00)

■2015年4月7日(火)
福井 フェニックス・プラザ
| 開場 17:30 / 開演 18:30
※お問い合わせ: キョードー北陸チケットセンター(新潟) 025-245-5100
www.kyodo-hokuriku.co.jp


■2015年4月9日(木)
三重 四日市市文化会館 第一ホール
| 開場 17:30 / 開演 18:30
※お問い合わせ: サンデーフォークプロモーション 052-320-9100(10:00〜18:00)
www.sundayfolk.com


■2015年4月13日(月)
静岡 アクトシティ浜松 大ホール
| 開場 17:30 / 開演 18:30
※お問い合わせ: サンデーフォークプロモーション静岡 054-284-9999
www.sundayfolk.com


■2015年4月16日(木)
石川 金沢 本多の森ホール (旧石川厚生年金会館)
| 開場 17:30 / 開演 18:30
※お問い合わせ: キョードー北陸チケットセンター(新潟) 025-245-5100
www.kyodo-hokuriku.co.jp


■2015年4月19日(日)
長野 ホクト文化大ホール(長野県県民文化会館)
| 開場 17:00 / 開演 18:00
※お問い合わせ: キョードー北陸チケットセンター(新潟) 025-245-5100
www.kyodo-hokuriku.co.jp


■2015年4月21日(火)
愛知 名古屋国際会議場 センチュリーホール
| 開場 17:30 / 開演 18:30
※お問い合わせ: サンデーフォークプロモーション 052-320-9100(10:00〜18:00)
www.sundayfolk.com


■2015年5月1日(金)
埼玉 大宮ソニックシティ 大ホール
| 開場 17:30 / 開演 18:30
※お問い合わせ: ディスクガレージ 050-5533-0888(平日 12:00〜19:00)
www.diskgarage.com


■2015年5月7日(木)
岩手 盛岡市民文化ホール 大ホール
| 開場 17:30 / 開演 18:30
※お問い合わせ: キョードー東北 022-217-7788(平日 10:00〜19:00 / 土 10:00〜17:00)
www.kyodo-tohoku.com


■2015年5月11日(月)
宮城 仙台サンプラザホール
| 開場 17:30 / 開演 18:30
※お問い合わせ: キョードー東北 022-217-7788(平日 10:00〜19:00 / 土 10:00〜17:00)
www.kyodo-tohoku.com


■2015年5月13日(水)
宮城 仙台サンプラザホール
| 開場 17:30 / 開演 18:30
※お問い合わせ: キョードー東北 022-217-7788(平日 10:00〜19:00 / 土 10:00〜17:00)
www.kyodo-tohoku.com


■2015年5月15日(金)
福島 郡山市民文化センター 大ホール
| 開場 17:30 / 開演 18:30
※お問い合わせ: キョードー東北 022-217-7788(平日 10:00〜19:00 / 土 10:00〜17:00)
www.kyodo-tohoku.com


■2015年5月26日(火)
新潟 新潟県民会館
| 開場 17:30 / 開演 18:30
※お問い合わせ: キョードー北陸チケットセンター(新潟) 025-245-5100
www.kyodo-hokuriku.co.jp


■2015年5月28日(木)
新潟 新潟県民会館
| 開場 17:30 / 開演 18:30
※お問い合わせ: キョードー北陸チケットセンター(新潟) 025-245-5100
www.kyodo-hokuriku.co.jp


■2015年6月3日(水)
北海道 ニトリ文化ホール(旧北海道厚生年金会館)
| 開場 17:30 / 開演 18:30
※お問い合わせ: Wess 011-614-9999(平日 11:00〜18:00)
http://www.wess.jp/


■2015年6月11日(木)
岡山 倉敷市民会館
| 開場 17:30 / 開演 18:30
※お問い合わせ: キャンディープロモーション岡山 086-221-8151(平日 11:00〜18:30)
www.candy-p.com


■2015年6月15日(月)
愛媛 松山市民会館
| 開場 17:30 / 開演 18:30
※お問い合わせ: DUKE松山 089-947-3535(平日 10:00〜18:00 / 土 10:00〜15:00)
www.duke.co.jp


[チケット]
前売 7,560円(税込 / 指定席)
※福岡・鹿児島・兵庫・長野・宮城・愛媛公演立見あり
※開場 / 開演時間が変更になる場合がございます。
※全公演6歳未満の方のご入場は出来ません。

オール・ジャンル 最新CDJ PUSH
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “いいっすよ”から17年――サイプレス上野とロベルト吉野、ミニ・アルバム『大海賊』でメジャー・デビュー[インタビュー] “今この時”を、考える――中村雅俊が「どこへ時が流れても / まだ僕にできることがあるだろう」に込めた同世代へのメッセージ
[インタビュー] “何があっても”楽しく生きるんだという覚悟 真心ブラザーズ『FLOW ON THE CLOUD』[インタビュー] サクソフォン四重奏を知らないかたにも素晴らしさを伝えたい――The Rev Saxophone Quartetが追求する伝統とオリジナリティ
[インタビュー] ヒグチアイが目指す歌は、おしゃれじゃないけど“大切にしてきたもの”[インタビュー] 若いリスナーにも良い音楽を届けたい――MASATOとMinnesotahが語る『KANDYTOWN LIFE presents “Land of 1000 Classics”』
[インタビュー] Less Than TV25周年 大石規湖監督が記録した“ある家族”の日常、ドキュメンタリー映画「MOTHER FUCKER」[インタビュー] ISEKIが追求する“自分らしさ”とは J-POPカヴァー集第2弾『AOR FLAVA -sweet blue-』
[インタビュー] アイドルやめた――“渋谷系ガールズロックユニット”に転身したCANDY GO!GO!のリアル[インタビュー] KANDYTOWNの新たな方向性も感じさせるソロ・アルバム、MUD『Make U Dirty』
[インタビュー] 音楽にとどまらない、発想としての面白さ――ジェフ・パーカーがゆっくり語る『The New Breed』[インタビュー] トロピカルハウスを取り入れても、最後は自分たちの曲になる ココロオークションの自信と革新性
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015