ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場

ヘルベルト・フォン・カラヤン   2018/03/29掲載
はてなブックマークに追加
 ヘルベルト・フォン・カラヤン(1908〜89年)ほど、“20世紀を象徴する”という意味において重要なマエストロがいただろうかと、あらためて思う。とくにテクノロジーという、まさに20世紀であるからこそ発展したものを巧妙に活用し、みずからの芸術を広めた偉業は、回顧する際に欠かせないものだ。
 生誕110周年(2018年)を間近に控えた2017年12月、ドイツ・グラモフォンおよびデッカという2つのレーベルに残した録音を集成し、CDのみで330枚を数える『カラヤン録音大全集』(479-8160 オープン価格 / 直輸入盤)が発売された。1938年、30歳のときに録音したモーツァルトの『魔笛』序曲から、亡くなる3ヵ月前のコンサート・ライヴであるブルックナーの交響曲第7番までを収録しているが、驚くべきはそのほかにも旧EMIレーベルなどに膨大な、しかも録音年代も広範囲にわたるレコーディングを行なっていることだ。その総数をもってしても、この巨匠がいかにレコーディングを重視していたことがわかるだろう。
ヘルベルト・フォン・カラヤン
© Siegfried Lauterwasser / DG
 カラヤンは81年の生涯を送るなか、半世紀にわたって録音活動を行なったが、それはSPレコードからCDに至る録音技術 / メディアの歴史と重なっている。もしカラヤンがさらに長生きをしていたら、ハイレゾ音源によるデータ配信にいち早く名乗りを上げていただろう。カラヤンはつねに、音楽をありのままの形で聴き手へ届けるため、高度な技術力とメディアを求めていただろうから。
 個々の演奏論などは聴き手それぞれの嗜好や判断に委ねるとして、20世紀の録音史を俯瞰するとき、カラヤンの存在はつねにその中心で輝き続けるように思えるのだ。それは21世紀、そして未来へと贈られる歴史の証言であり、彼の現役時代を知らない若い世代の聴き手(カラヤンの没年に生まれたかたは、今年で29歳になっているのだ)に、新鮮な感興を与えるものになるかもしれない。
 残されたカラヤンの録音は、ほとんどがCDなどで繰り返し再発売され、つねにカタログから消えることはないため、望めば誰もが手軽に入手できる。昨年(2017年)からは高音質をうたうUHQCDというフォーマットでの再発売がスタート。第1弾(50点)に続いて、この3月7日にはオペラ全曲録音も多く含む第2弾(30点)がリリースされている。シリーズから20トラックを厳選した2枚組の『パッヘルベルのカノン〜カラヤン超定番ベストPREMIUM』は、カラヤンに興味をもつリスナーにとって最初の手助けになるだろう。
 特筆すべきはSA-CD(シングルレイヤー)によるリリースだ。ドイツ・グラモフォン所蔵のオリジナル・アナログ・マスターを使い、SHM素材によって製品化したものが4月4日の時点で15点リリース。カラヤンとドイツ・グラモフォンが創造した理想の音に接する、格好のメディアであることは間違いない。さらにその最新リマスタリング音源から選りすぐりの20トラックを、DSDによる配信で聴けるという『DSDで聴くカラヤン』も4月4日にスタート。4月以降には15タイトルがDSD配信される予定だ。60〜70年代に収録された映像(DVD)も、従来と比較してもっとも低価格により再発売される。
DSDで聴くカラヤン
 こうしたリリース情報のほか、銀座の山野楽器ではカラヤンの写真展が開催され、貴重なショットも公開される。没後29年となるカラヤン、どうやらまだまだ存在感を示しつつ、新しい聴き手と再評価を得ていくようだ。
“気になる”タイトル、pick up!
 3月7日にリリースされたUHQCDシリーズから、筆者が個人的に気になるディスクを4点挙げておきたい。
『R.シュトラウス: 楽劇《ばらの騎士》』
UCCG-90715〜7 3,700円 + 税 / 1982年11月、1983年5月、1984年1月録音
 まずは何といってもリヒャルト・シュトラウス。楽劇『ばらの騎士』は、カラヤン流の高貴さと磨き上げられたレガート、深い呼吸が高度なまでに昇華した好例だといえる(同じ意味では同時リリースされているワーグナーの『パルジファル』も捨てがたいのだが)。


『プッチーニ: 歌劇《ラ・ボエーム》』
UCCD-8104〜5 2,500円 + 税 / 1972年10月録音
 プッチーニの歌劇『ラ・ボエーム』では、ミレッラ・フレーニルチアーノ・パヴァロッティらの名唱はもちろん、表情豊かでありながらも芯の通った歌を聴かせるオーケストラ・サウンドが聴ける。とくに弱音、繊細な泣きの旋律にこそ、その美学が表れているだろう。


『ベートーヴェン: 交響曲第4番・第7番、《レオノーレ》序曲第3番』
UCCG-90726 1,800円 + 税 / 1983年12月、1985年12月録音
 ベートーヴェンの交響曲は1980年代にデジタル録音した全集を分売。長い年月をかけてベルリン・フィルと築き上げてきたサウンドの集大成であり、それまでの同曲録音と比較すると風格と威厳が際立っている。ここでは個人的に、静かな威厳がやや不気味にも思える第4番に加え、輝かしさと緊張感が途切れることなく続く第7番のディスクを挙げておこう。


『ドヴォルザーク: 交響曲第8番・第9番「新世界より」』
UCCG-90734 1,800円 + 税 / 1985年1、2月録音
 1980年代からはウィーン・フィルハーモニー管弦楽団との録音も増えていくのだが、カラヤン自身が何度も録音したドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」は、演奏の変遷やオーケストラ・サウンドの比較にもちょうどいい。第2楽章などは、ウィーン・フィルの柔らかな音色と繊細さを生かして歌い込んだ演奏である。

ユニバーサル ミュージック ジャパン ヘルベルト・フォン・カラヤン
https://www.universal-music.co.jp/herbert-von-karajan/

カラヤン生誕110年記念 カラヤン・キャンペーン 2018
https://www.universal-music.co.jp/herbert-von-karajan/news/campaign2018/

ユニバーサル ミュージック ジャパン ドイツ・グラモフォン120周年記念
https://www.universal-music.co.jp/classics/dg120/

文 / オヤマダアツシ
Event Schedule
「カラヤン生誕110周年」記念 トークイベント
https://www.universal-music.co.jp/herbert-von-karajan/news/2018-03-24-event/
2018年4月5日(木)
東京 銀座山野楽器 本店7F イベントスペースJamSpot
19:00〜19:30
入場無料(観覧自由)
ゲスト: ふかわりょう(タレント)

カラヤン生誕110年記念「ヘルベルト・フォン・カラヤン パネル展」
https://www.universal-music.co.jp/herbert-von-karajan/news/2018-03-13-event/
2018年4月5日(木)、6日(金)、14日(土)、15日(日)
東京 銀座山野楽器 本店7F イベントスペースJamSpot
10:30〜20:00
入場無料(観覧自由)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 「でもしょうがないんだよね」と言ってほしい。言ってあげたい――ヒグチアイの“らしさ”が詰まった『日々凛々』[インタビュー] ある意味ニセモノ──半田健人が構築した“メタ・フォーク”アルバム『生活』
[インタビュー] 人を思って、願う気持ちが愛情――YU-A、3年振りの新作『OFF』[インタビュー] やらせたらスゴい──不良のメンタリティとストイックな姿勢を併せ持つラッパー・デュオ、GAZZA CROOKS
[インタビュー] 音楽を作り、演奏する――“覇道を往く”陰陽座の決意表明[インタビュー] GFRIEND 巷で噂のK-POPグループ、日本本格上陸
[インタビュー] シャープだけど薄くない、ただただカッコイイことだけをやりたいグループ――Cracks Brothers[インタビュー] 歌声で彩りを――“ヴォーカル”グループとして新たな道を切り拓くCOLOR CREATION
[インタビュー] パーティは終わった――2018年、STRUGGLE FOR PRIDEが贈る憎しみの音楽[インタビュー] もう変わる必要はないし、これをずっとやっていけばいい “時代を逆走する”小林太郎の決意と信念
[インタビュー] 原動力は愛、すべてのものへの愛――般若『話半分』[インタビュー] 限りあるこの日々を追い続けよう――伝説のアイドル、セイントフォー再始動
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015