ジャズ・シンガーとして新たな一歩を踏み出したMoon『Kiss Me』

Moon(Haewon)   2018/02/07掲載
はてなブックマークに追加
 ジャジーなサウンドで人気を呼んだ韓国のポップ・ユニット、WINTERPLAYの美貌のヴォーカリスト、Moon。韓国のジャズ雑誌『Jazz People』の読者投票で最優秀ヴォーカルに選ばれるなど、ジャズ・シーンでも注目を集めてきた彼女が、日本でファースト・ソロ・アルバム『Kiss Me』を完成させた。プロデューサーに伊藤ゴローを迎えた本作は、彼女がずっと歌いたかった曲を集めた念願のジャズ・アルバムだ。本格的なジャズ・シンガーとして新たな道を歩み始めたMoonに話を訊いた。
――『Kiss Me』は、WINTERPLAYよりさらにジャズに向き合ったアルバムになりましたね。
 「そういうアルバムを出すのが夢だったんです。WINTERPLAYではWINTERPLAYなりのジャズをやっていましたが、今回は自分がやりたい音楽を心おきなくやれたと思います」
――自分がやりたい音楽、というと?
 「今の時代のジャズです。自分が歌ってみたいと思う曲、うまく表現できそうな曲を、これまで以上にジャズのカラーを出して歌いたかった。〈イン・ア・センチメンタル・ムード〉〈スピーク・ロウ〉といったジャズ・スタンダードも歌っていますが、そういう曲は現代的なフィーリングで歌ってみたかったんです」
――プロデューサーに伊藤ゴローさんを招いたのはどういう経緯で?
 「韓国にいる頃からゴローさんの音楽を聴いていて、ラジオのDJをしていた時にnaomi & goroの曲をかけたりしていたんです。ゴローさんは、今の時代にあったサウンドをうまく作りあげる方じゃないかと思ってお願いしたんですけど、実際に作業してみると予想どおりでしたね。とてもジェントルな方で、私がリラックスしながら自然なかたちで自分がやりたい音楽を見つけ出せるような空気を作ってくれたんです。おかげで目指していたアルバムを作り上げることができたと思います」
――今回は全曲カヴァーですが、ゴローさんと二人で選曲していったんですか。
 「基本的に私が歌ってみたかった曲を集めました。たとえばアルバム・タイトル曲になったシックス・ペンス・ノン・ザ・リッチャーの〈キス・ミー〉は、10代の頃に初めて聴いた時からずっと好きで、“私だったら、こんなふうに歌ってみたい”というイメージが、ずっと頭の中にあったんです。今回、そのイメージどおりに歌うことができました」
――ゴローさんから提案された曲はありました?
 「ホール&オーツの〈プライベート・アイズ〉を薦められました。でも、この曲は韓国ではあまり知られていないんです。それに初めて聴いた時、これをどんなふうに表現したらいいのか不安になってしまって。でも、ゴローさんと作業を進めていくうちに、とても面白い仕上がりになりました」
――WINTERPLAY時代にカヴァーしてヒットした「クァンド、クァンド、クァンド」を、再びカヴァーしていますね。
 「WINTERPLAYで歌ったのは今から10年ぐらい前なんですけど、当時、デビューして間もない頃で。今聴き直すと“こうしておけば……”と心残りなところがあるんです。今なら自分がどう歌いたいかがはっきりわかるので、もう一度歌ってみたかったんですよね。ゴローさんがとても美しいアレンジをしてくださったので、気分も新たに歌うことができました」
――「恋のひとこと」ではTOKUさんとデュエットされていますが、TOKUさんのファンだったとか。
 「そうなんです。以前、日本に遊びに来た時、ライヴハウスに行ったら、翌月のスケジュールにTOKUさんが入っているのを見つけて。その日にあわせて来日しライヴを拝見して、その後ご挨拶させて頂きました。その時に“アルバムに参加してもらえませんか? ”って、直接お願いしたんです。この曲はいつかデュエットで歌いたいと思っていたんですが、TOKUさんという素晴らしいパートナーを得て夢を叶えることができました。韓国では夢を叶えることができたオタクを“ソンドック”って言うんですけど、まさにそんな感じですね(笑)」
――アルバムの最後を締めくくる「絆」は、原曲は橋 幸夫ですが、日本の曲を流すことが禁じられていた頃に韓国でカヴァーされて大ヒットした曲です。この曲だけハングル語で歌っていますが、この曲を選んだのはどうしてですか。
 「今回、アルバム全体を見回した時、少しポップな要素が入っていても良いような気がしたんです。あとこの曲は、音楽が国境や人種を越えることを証明している。そういうところもアルバムの最後にふさわしいと思いました。ただ、メロディが強い曲なので、それをどうやってジャズにアレンジするのか。そして、ハングル語でうまく歌うことができるのか、というのは私にとってチャレンジでした」
Photo by Katsunari Kawai
――日本語でもそうですけど、ハングル語でジャズを歌うのは難しい?
 「難しいです。発声の問題が大きくて、英語の方が楽なんです。だから、この曲に関しては歌詞の発声だけではなく、どうやって呼吸するかも入念に考えて、ピアノで参加してもらったハクエイ(・キム)さんと密に相談してレコーディングに挑みました。この曲を聴いてくださった方に、自然に曲のメッセージが伝わるような仕上がりになったんじゃないかと思います」
――たしかに英語のカヴァーと並んでいても違和感がない。『Kiss Me』はジャズになじみがない人達にも聴きやすいジャズ・アルバムですね。
 「そうですね。ジャズという音楽はいろんなものを受け入れる器が大きいものだと思います。スタンダードなジャズをずっと演奏したり、聴き続ける人もたくさんいますが、私は“こういう音楽もジャズになりますよ”という、ジャズの楽しみ方を伝えたいと思っていて。そうすることで、ジャズを聴く人が増えてくれると嬉しいですね」
取材・文/村尾泰郎(2018年1月)
オール・ジャンル 最新CDJ PUSH
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 屈強でしなやかな東京のヒップホップ――KANDYTOWNのビートメイカー、MIKIがファースト・ソロ・アルバム『137』を発表[インタビュー] より肉体的なものへ――神奈川・逗子を拠点とするHalf Mile Beach Clubが初の単独作を発表
[インタビュー] “続編”ではなく“新作”を作ろう きゃりーぱみゅぱみゅ「きみのみかた」[インタビュー] “俺の不幸で踊ってくれ!”――沖縄出身のラッパー、唾奇が最新作『道-TAO-』をリリース
[特集] [LIVE Report] まっすぐな気持ちを届けてくれる藤田麻衣子の歌[インタビュー] 自分というジャンルをちゃんと作りたい “シンガー・ソングライター”Nao Kawamura初のフル・アルバム『Kvarda』
[インタビュー] 「アワ・マン・イン・トーキョー〜バラッド・オブ・シン・ミヤタ」、宮田 信の仕事とは?[特集] ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕110年記念! 数々の名盤が“理想の音”に迫る高音質で登場
[インタビュー] いい歌をたくさん歌って、レコーディングして残したい――フォルテ・ディ・クアトロのセカンド・アルバム『アヴェ・マリア〜CLASSICA』[インタビュー] 決め手は興奮が蘇ってくるかどうか――THOUSAND EYESが放つ“最高傑作”『DAY OF SALVATION』
[インタビュー] “ヤバさ”はこれだ――BES&ISSUGIの自信が浮かび上がる『VIRIDIAN SHOOT』[インタビュー] 小曽根 真 既存の概念を打ち壊すのではなく、共存するイメージで―― ニューヨーク・フィルハーモニックと共演した『ビヨンド・ボーダーズ』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015