初のベスト・アルバムに続き、BENNIE Kが多彩なゲストとの濃密コラボレーション・ベストを発表!

BENNIE K   2008/10/28掲載
はてなブックマークに追加
 今年4月に7年間の活動の集大成となるベスト・アルバム『BEST OF THE BESTEST』をリリースしたBENNIE K。その勢いに乗って、今度はコラボレーション作品を集めたアルバム『THE “BESTEST” BENNIE K SHOW』を10月29日に発表する。DJ HI-KICK、a.miaSEAMOm-flo大神:OHGASOFFetDef Tech、Blaise Plant(MONKEY MAJIK)、GIPPERNORA)、シーモネーター、HAMMER(2BACKKA)、TSUYOSHI、Yukie、UNITY a.a.s.、2BACKKA、アルファと多彩なゲストとの濃密なコラボレーションが楽しめる贅沢な一枚だ。そこで、本作について彼女たちに話を訊いた。




 “フィーチャリング”“コラボレーション”というスタイルが定着して久しいが、“これって単なる話題集めでは?”と思ってしまうような例も残念ながら存在する。そんな状況において、BENNIE Kの『THE “BESTEST” BENNIE K SHOW』――これまで発表してきたコラボ作品をまとめたベスト・アルバム――は、共演者との豊かなケミストリー、その楽曲が生まれた必然性がしっかりと感じられるという意味で、きわめて貴重だ。しかし彼女たちは結成当初、「他のアーティストと一緒にやる意義をそれほど感じていなかったんです」 (CICO) と言う。
 「BENNIE Kのなかにラッパー(CICO)とシンガー(YUKI)が存在しているので、誰かをフィーチャリングする考え方がなかったんですよ。その考え方が変わったきっかけは、2BACKKAのHAMMERと一緒に作った〈MUSIC feat. HAMMER(2BACKKA)〉。最初はトラックだけを作ってもらうつもりだったのが、ノリで“ラップもやってよ”って言ったら、想像以上の広がりがあって。そこからですね、コラボレーションの楽しさがわかったのは」 (CICO)




 それ以来2人は、精力的にコラボ作品を生み出してきた。男女の恋愛観が交錯するアップ・チューン「a love story / with SEAMO」、心地良いドライブ感に満ちたトラックが印象的な「Happy Drive〜Taste Your Stuff〜 / with m-flo」、オーガニックな手触りのサウンドを持つ「Music Traveler / with SOFFet」、ノスタルジックな空気とポジティヴな意思が溶け合う「Better Days feat. Def Tech」。そこから伝わってくるリアリティは、双方のリスペクトと真摯なコミュニケーションによって裏打ちされているという。
 「世間話から、“いま、どこに気持ちが向かっているか”まで。一緒に曲を作るときは、まず、しっかり話をするんです。そうしないとお互いのテンションが確かめられないし、真実味のある曲にならないから」 (CICO)

 また、彼女たちの音楽を支えてきたDJ HI-KICKとの新曲「HI-EXPLOSION / with DJ HI-KICK」(高速のディスコ・ビートを軸にしたハイパー・ダンス・チューン)も強烈なクオリティを放っている。
 「DJ HI-KICKはずっとライヴをサポートしてくれている、第3のメンバーともいえる存在。でも、ゲストとして迎えたことはいままで一度もなかったんですよ。だからこの機会に、やりたいことを思いきりやってもらおうと思って。ドナ・サマーの〈ホット・スタッフ〉のサンプリングもこのビート感も、ぜんぶDJ HI-KICKのセンスです」 (YUKI)

 4月にリリースされた初の『BEST OF THE BESTEST』、そして本作。この2枚のベストは、BENNIE Kの濃密なキャリアを鮮やかに示すことになるだろう。
 「この夏、ベスト・アルバムのツアーをやったんですよ。その最終日に初めて、“いろんな人に支えてもらってきたんだな”ってことが実感できました」 (YUKI)
 「次のことは、まだ考えられないかも。というより、その瞬間瞬間を積み重ねることしかできないんですよ、私たちには」 (CICO)



取材・文/森 朋之(2008年10月)
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表
[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム
[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く
[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』
[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015