“闇”があるから“光”があるというリアル──「花になれ」でメジャー・デビューを果たしたflumpool、ミニ・アルバム『Unreal』を発表!

flumpool   2008/11/21掲載
はてなブックマークに追加
 インディーズ時代から早くも注目を集め、今年10月、配信限定シングル「花になれ」にてメジャー・デビューを果たしたflumpool。続く「Over the rain 〜ひかりの橋」は、TBS系ドラマ『ブラッディ・マンデイ』の主題歌としてオンエアされ大きな話題を呼ぶなど、切なくも力強いメロディと卓越したバンド・サウンドで圧倒的な支持を得る彼ら。待望のCDパッケージ作品となる、デビュー・ミニ・アルバム『Unreal』について話を訊いた。




 flumpoolは2007年1月に結成され、この秋メジャー・デビューした4人組バンド。今年10月に配信限定シングル「花になれ」がau“LISMO”のCMソングに、11月に「Over the rain 〜ひかりの橋」がTVドラマ『ブラッディ・マンデイ』の主題歌に抜擢され、デビューと同時にポップ・スターへの階段を駆け上がっている。ヴォーカル・山村隆太の甘さと青さを備えた歌声と、バンドが一体となって作りあげる調和の取れたサウンドが特徴だ。
 「曲作りはいつも、まず僕がメロディを作って、ドラムの(小倉)誠司と構成を固めます。リズムが加わることで曲のイメージやメロディ・ラインが変わることもけっこうありますね。そこから4人でスタジオに入ってベース・ラインを作ったり、リフを考えたりして、アレンジをまとめてから歌詞を乗せる。それが僕らの基本的な制作スタイルです」 (阪井一生/g)


 セッションでは思い思いのリフを自由に出しあうが、4人全員が心がけていることがある。それは歌のメロディを際だたせるアレンジをすること。
 「ただ好きなプレイをするより、ヴォーカルが引き立つ演奏をしようと思うから、最近は我慢することも覚えました(笑)。僕自身、小さい頃からずっと好きだったのはメロディの立ってる歌ものだし、やっぱりこのバンドはヴォーカルの声が武器と思うから」 (尼川元気/b)





 歌詞を手掛けるのはヴォーカルの山村隆太。希望を力強く歌う楽曲もあるが、恋の終わりの後悔を歌う「388859」や、空を眺めるばかりで飛び立てずにいる自分を歌った「LOST」など、自分自身のふがいなさを辛辣に語る歌も少なくない。
 「〈LOST〉では、立ちどまってるだけでも失うものがあるということを書きたかったんです。この頃どんな歌を書けばいいのかわからなくて悩んでたんですけど、ふとネガティヴのなかに隠されたものがあるなと気づいて。ある意味、悩めるパワーもすばらしいと思ったし、だからこそ今のflumpoolは“希望”や“光”を歌えるようになった。闇があるから光があるというリアルさを描いていきたいから、僕らは闇をけっこう念入りに、しっかりと描いてます」 (山村隆太/vo)


 さらに「花になれ」などデビュー後の楽曲ではプロデューサーの玉井健二とともにストリングスを加え、カラフルなポップ・サウンドを展開。そしてバンド結成からデビューまで、激動の2年間に生まれた曲を収めたデビュー・ミニ・アルバム『Unreal』が完成した。
 「今年の夏に上京して、あっという間にメジャー・デビューが決まって、僕らの曲がドラマ主題歌やCMソングになったり。よく4人で“ありえない状況になってるね”って話しあうことがあるんですけど、この夢みたいな状況を表わす言葉が『Unreal』なんです。これまで僕らは、自分たちが音楽をやっていいのかリアルに悩んだこともあったし、それでもその先に目には見えないアンリアルな夢や希望があるから進んでこれた。だからこのタイトルには、今やってることを信じて進むという意味が込められています」 (小倉誠司/ds)


 いたってマジメな4人だが、取材中は放課後の空気を思わせる和気藹々としたムードがあり、互いのノリツッコミで笑いあうこともしばしば。そんな気さくな仲間関係もまた、彼らの大きな武器だと思う。



取材・文/廿楽玲子(2008年11月)



【flumpool 初のワンマンライヴツアー決定!!】
2月19日(木)仙台CLUB JUNK BOX  OPEN18:30/START19:00  
問い合わせ先:ジー・アイ・ピー 022-222-9999

2月24日(火)広島ナミキジャンクションOPEN18:30/START19:00  
問い合わせ先:夢番地(広島)082-249-3571

2月26日(木)福岡 DRUM Be-1 OPEN18:30/START19:00  
問い合わせ先:BEA 092-712-4221

3月1日(日)名古屋 CLUB QUATTRO OPEN17:00/START18:00  
問い合わせ先 サンデーフォークプロモーション 052-320-9100

3月3日(火) 心斎橋CLUB QUATTRO OPEN18:00/START19:00  
問い合わせ先 キョードーチケットセンター 06-7732-8888

3月6日(金) 渋谷 CLUB QUATTRO OPEN18:00/START19:00  
問い合わせ先 ディスクガレージ 03-5436-9600

3月7日(土) 渋谷 CLUB QUATTRO OPEN17:00/START18:00  
問い合わせ先 ディスクガレージ 03-5436-9600

※詳しくはツアー・ページ(http://www.flumpool.jp/tour/)まで。
オール・ジャンル 最新CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作
[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演[インタビュー] ZOC “共犯者”大森靖子が仕掛ける超個性派アイドル・グループ
[インタビュー] スイーツ大好きアイドル♥ 甘党男子が甘〜く登場[インタビュー] INORAN LUNA SEAの新作と同時進行で制作した約3年ぶりのソロ・アルバム
[インタビュー] 上原ひろみ、ニュアンス豊かな“色彩”に満ちた10年ぶりのソロ・ピアノ・アルバム『Spectrum』を発表[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー
[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム
[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【前編】河村尚子、金子三勇士インタビュー
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015