AFTERSCHOOLの派生ユニット、ORANGE CARAMELが日本第2弾シングルをリリース!

ORANGE CARAMEL   2012/12/14掲載
はてなブックマークに追加
 AFTERSCHOOLのレイナ、ナナ、リジの3人によって結成された派生ユニットORANGE CARAMEL。クールでセクシーなAFTERSCHOOLとは違って、ORANGE CARAMELはキュートさが魅力となっている。韓国ではすでにかなりの人気を誇る彼女たちが、今年9月にキャンディーズのカヴァー「やさしい悪魔」で日本デビューを果たした。では、第2弾となる両A面シングル「LIPSTICK / ラムのラブソング」をリリースした彼女たちに、たっぷりと話を聞いていこう!




――CDジャーナルWEBには初登場ということで、改めてひとりひとりのメンバーについて、他のメンバーが紹介してください。まずはリジさん。
レイナ 「リジさんは、すごく明るい性格でハッピーなウィルスをみんなにくれるんです。2人のテンションが下がってるときにリジさんが明るく盛りあげてくれたりして、すっごく感謝しますね」
ナナ 「リジさんは、ほんとに愛嬌がいっぱいなんです」
――とにかく元気なんですね。では、ナナさん。
リジ 「ナナさんは、普段は人の面倒を見たり、気にしたりする性格ではないんです。ただ、焼き肉屋さんに行ったときだけ、人にお肉を焼いてくれたり、料理をよそってくれたり、すごく親切になるんです(笑)」
ナナ 「私はお肉が大好きなんです(笑)」
レイナ 「あと、ナナは心が広いのか、ストレスを受けにくい性格なんです。普通、ストレスがあるとすごく考えこんでしまうけど、あまりそれがないんですよ。それって、すごくいいことだなって。たまにイヤなことがあっても、胸に溜めておかないで、いいことを考えて気持ちを切り替えられるタイプなんです」
ナナ 「寝たら全部忘れちゃうんです(笑)。昔から、イヤなことをすぐ流せる性格なんですよ」
――さばさばした性格なんですね。では、レイナさんは?
リジ 「歌がすごく上手です。あと、ほっぺが、ふっくらしてて可愛いです」
ナナ 「目が大きくてキラキラしてて可愛らしいです」
リジ 「私の目と変えてほしい、目だけ(笑)」
レイナ 「イヤです(笑)」
リジ 「あと、最近レイナさんは、愛嬌がいっぱいで、男性にすごくモテるんです」
レイナ 「そう? 自分じゃ全然分からないです(笑)」
――さて、日本での2ndシングルが両A面でリリースされました。まずは「LIPSTICK」の話から聞かせてください。先日、韓国で発表されたばかりの曲ですが、スウィング・ジャズとダンス・ビートがミックスした、これまでのORANGE CARAMELにはなかったタイプのナンバーですね。
リジ 「初めて曲を聴いたとき、すごく良いなって思ったんです。早く歌って活動したいなと思いましたね」
ナナ 「初めて聴いたときに、サビがとてもシンプルで歌詞がユニークだと思いました。ファンのみなさんもすぐ気に入ってくださると思ったので、早く歌いたかったです」
レイナ 「すごくポップだと思いました。メロディと歌詞も、今までとは違う感覚があったので、この曲が歌えて嬉しかったです」
――日本語の歌詞は、恋愛に対してかなり積極的な女の人が描かれてます。どんなイメージで歌っていったんですか。
リジ 「歌詞に中毒性があるので、ノリを活かして歌っていたんです」
ナナ 「歌うというよりも、話すようなイメージでレコ−ディングしたんです。いつもより、弾けるような雰囲気のヴォーカルになりましたね」
レイナ 「そうそう。歌うというより話してる感じがすごく新鮮だったんです。歌詞の女の子の気持ちになって、積極的な女の子を演じるように歌いました」
――実際、メンバーのみなさんが恋愛をしたなら、積極的な方ですか?
リジ 「普段、人と接するときは積極的ですけど、恋愛するときは歌詞のようにはいきませんね。積極的になれるように努力したいです(笑)」
ナナ 「相手によって違ってくると思うんです。相手が私に親しみを持ってくれてる人なら、積極的とまではいかなくても親しく接することができるけど、そうじゃない人の場合だったら、おとなしめになっちゃうかも」
レイナ 「私も、ナナと同じだと思います。私に良くしてくれたり、好きって感情が伝わってくる人なら、楽しくなれるし積極的になれますね」
――この曲のダンスのポイントは?
ナナ 「やっぱり、サビの“オモオモ〜”ってところ。とても特徴的なので、見てくれたらすぐ覚えてもらえると思うので、ぜひ一緒に踊ってほしいです」
――韓国の音楽番組でのこの曲の衣装が、大きなリボンを付けていたり、可愛い雰囲気のものとかいろいろありましたね。
リジ 「大きなリボンの衣装は着てて楽しかったです。他にもいろんな種類があったんですが、全部好きでした」
レイナ 「日本のCDジャケットのカラフルな衣装も、とっても気に入ってますよ」
――じゃあ、自分のお気に入りの「LIPSTICK」、口紅のは色は?
レイナ 「私は、赤いのが好きです」
リジ 「う〜ん、私はあまり塗らないんです」
ナナ 「口紅よりも、“ティント”っていう薄い透明のをつけますね」
――そして、もう1曲は、カヴァー曲「ラムのラブソング」ですが、アニメ『うる星やつら』は知ってました?
リジ 「今まで観たことがなかったんですけど、歌うことが決まってから観ました。ラムちゃんが、可愛くてセクシーだなって」
――曲からは、どんな印象を受けましたか。
ナナ 「ほんとに可愛くて、愛嬌があって、ケータイの着信音にしたくなるような曲だなと思ったんです。ほんと、アニメらしい曲だなって」
――ヴォーカルも、すごく可愛らしい雰囲気で歌ってますね。
リジ 「ハイ。ちょっといたずらっぽい感じで歌いました」
レイナ 「これまでのORANGE CARAMELの歌も、可愛い雰囲気だったので、そのヴァリエーションが増えたなって」
ナナ 「メロディもポップだし、歌ってすごく楽しかったです」
――歌詞で気に入ってるフレーズはどこですか。
ナナ&リジ 「“あんまりそわそわしないで〜”(と歌い出す)」
レイナ 「私は、“好きよ好きよ〜”ってところです」
レイナ
――衣装は、ラムちゃんっぽく、トラ柄でツノまでついてます。
ナナ 「カラフルだし、胸元が開いてたり、パンツが短くてちょっとセクシーで、ツノがあるのが、また可愛いです」
リジ 「とっても気に入ってます!」
――この曲は、大好きな人への想いを歌ってますが、みなさんは一途な方ですか?
レイナ 「今は恋愛はしてないので、これからいっぱいしたいです」
リジ 「私も若いのでいっぱい恋したいです(笑)」
レイナ 「もし付き合ったら、たぶん一途です(笑)」
リジ 「私も、もちろん一途です(笑)。時間が経ったら分からないけど(笑)。いや、一途な方だと思います。ひとりの男性に良くしようと努力します!」
ナナ 「(突然日本語で)私たちはイジワルな女の子です(笑)」
ナナ
――いきなりビックリですよ(笑)。さて、今、一番好きなもの、興味があることを聞かせてください。
リジ 「今ハマッてるのは、スンデクッパ。スープの中にスンデ(※韓国風腸詰)とごはんが入ってるんです。美味しいので、ぜひ韓国に来たら食べてみてください! 」
ナナ 「日本の食べものです。ほんと、なんでも美味しくてすごくハマってます」
リジ 「酢豚?」
ナナ 「それは中華(笑)。日本の食べものの中では、たこ焼きとお好み焼きと焼きそばが好きです。あと、お好み焼きによく似た……とんぺい焼き? 昨日と一昨日も食べました(笑)。今度、お母さんと食べに行きたいです」
レイナ 「今ハマってるのは性格形成です。自分の性格を変えていきたいんです。理由は秘密です(笑)」
――何かイヤなことでもあったんですか(笑)。
レイナ 「最近、これまでの自分が、いろいろ間違っていたなってことに気づいたんです。もうちょっと幸せに生きたいので、いろんなところを直していきたいなって。自分の性格のダメな部分を、良い方向に持っていきたくて本を読んで学んでるんです」
――性格は変わりました?
レイナ 「まだ途中です(笑)」
リジ
――頑張ってください(笑)。あと、日本の音楽でお気に入りはありますか。
リジ 「“つーけまつけまつけまけー”(と歌い出す)、きゃりーぱみゅぱみゅさんがすごく好きです。最初、雑誌で見て可愛いなって思ってYouTubeで観て大好きになったんです。(突然、自分のつけまつげを取りだして、くちひげにして男声で)ハイ、どうも!」
レイナ 「これが私の彼氏です(笑)」
リジ 「キミは私の好きなタイプじゃないなぁ(笑)」
――唐突な小芝居が始まりましたが(笑)、質問に戻りましょう。日本の気になるアーティストは?
レイナ 「ずっと前からですけど、中島美嘉さんが好きです」
――中島美嘉さんは、韓国のみなさんから人気が高いですよね。
レイナ 「韓国ですごく有名なんです。〈雪の華〉〈桜色舞うころ〉とか、バラードがとても好きですね」
ナナ 「私は安室奈美恵さんが好きです」
3人 「“ネバーエンド、ネーバーエンド、私たちのみーらいは〜”(と歌い出す) 」
――今度は合唱が(笑)。逆に、韓国の音楽でお勧めしたいものを教えてください。
リジ 「ノラジョさんです。あと、Lynさんって女性歌手の〈時間をさかのぼって〉という曲がお勧めです。ドラマ『太陽を抱く月』のOSTに入ってます」
ナナ 「ノウルという男性ヴォーカル・グループがいるんですけど、バラードがすごく良いんです。新しいアルバムが出たばかりでお勧めです」
レイナ 「イ・スンチョルさんのバラード〈ドライフラワー〉がとてもステキです」
――あと、ベーシックな質問ですが、AFTERSCHOOLとは違う、ORANGE CARAMELならではの活動の楽しさは?
レイナ 「やっぱりAFTERSCHOOLは8人いますから、歌やダンスで合わせるところも複雑になるし、3人だと人数が少ない分、気持ちが楽にできるんです。もちろんAFTERSCHOOLでの活動も楽しいですよ」
ナナ 「明るい曲ばかりだから、活動してるときもテンションがあがるし面白いです」
リジ 「お互いが愛し合ってます(笑)」
ナナ 「それはリジさんだけです(笑)」
――(笑)。では、2013年にORANGE CARAMELでやってみたいことはなんですか。
レイナ 「3人で旅行に行きたいです。温泉とか。あ、富士急ハイランドは前にAFTERSCHOOLで行ったんですが、そのとき別の仕事でナナが行けなかったので、一緒に行きたいです」
ナナ 「富士急ハイランドは、とっても行きたいです。あと、ORANGE CARAMELで、コスメのCMに出たいですね」
レイナ 「ORANGE CARAMELとして、もっともっと日本のファンに顔を知っていただいて、オリコンチャートの上位を獲得したいです」
リジ 「ハイタッチ会を初めてやったんですけど、こういうイベントって韓国ではないんですよ。AKB48さんや日本のアイドルさんはすごい人数のファンとハイタッチをしてますよね。私たちも、できるだけたくさんの人とハイタッチをしたいです。もっとファンの方と交流したいし、よりたくさんの人にORANGE CARAMELを好きになってほしいです」


取材・文/土屋恵介(2012年11月)
オール・ジャンル 最新CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演
[インタビュー] ZOC “共犯者”大森靖子が仕掛ける超個性派アイドル・グループ[インタビュー] スイーツ大好きアイドル♥ 甘党男子が甘〜く登場
[インタビュー] INORAN LUNA SEAの新作と同時進行で制作した約3年ぶりのソロ・アルバム[インタビュー] 上原ひろみ、ニュアンス豊かな“色彩”に満ちた10年ぶりのソロ・ピアノ・アルバム『Spectrum』を発表
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話
[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【前編】河村尚子、金子三勇士インタビュー[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015