“自由な意思を持って、しっかりと自分の足で歩いていきたい”坂本真綾、自信に満ちた思いで制作された3年3ヵ月ぶりのアルバム

坂本真綾   2009/01/06掲載
はてなブックマークに追加
 2005年にリリースされた『夕凪LOOP』から3年3ヵ月ぶりとなる6枚目のアルバム『かぜよみ』を1月14日に発表する坂本真綾。TVアニメ『マクロス F』、『鉄のラインバレル』などのテーマ曲も収録された本作は、“いい作品が作れる”という自信のもとに制作された。菅野よう子鈴木祥子斎藤ネコかの香織、TABO、河野 伸ACO渡辺善太郎……など、さまざまな作曲家やアレンジャーが参加しつつも、コンセプトがしっかりとした作品に仕上がった。本作について彼女に話を聞いた。




 昨年リリースしたシングル「トライアングラー」 「雨が降る」がどちらもチャート上位にランクイン。声優、舞台女優としても活動しながら、一般的なJ-POPユーザーの間でもさらに知名度を上げている坂本真綾が、3年3ヵ月ぶりとなるオリジナル・アルバム『かぜよみ』を完成させた。TVアニメ『ツバサ・クロニクル』のエンディング・テーマ「風待ちジェット〜kazeyomi edition」、『マクロスF』挿入歌「蒼のエーテル」のセルフ・カヴァーを含む本作は、彼女自身の表現欲求と(アニメのタイアップ・ソングを軸とした)エンタテインメント性にあふれたポップ・チューンがバランスよく同居した作品となった。
 「制作に入る前から“今度のアルバムは、すごくいいものになるに違いない”っていう確信があったんです。文字にすると“なんと自信過剰な!”と思われるかもしれないけど、“いまなら、自分の思いをいい形で表現できる”って。一つには、〈トライアングラー〉(奥深いバンド・サウンドをベースにしたアップ・チューン)を歌ったことが大きいかもしれませんね。いままでに歌ったことのないタイプの曲で、“これをあっけらかんと歌えたんだから、何がきても怖くない”って思えたというか。自分の枠を壊す勇気をもらったような気がします」

 アルバムのハイライトをかたち作っているのは、オーガニックな雰囲気と壮大なスケール感が一つになったバラード・ナンバー「カザミドリ」。風に運命を委ねながらも、自由な意思を持って、しっかりと自分の足で歩いていきたい――そんなメッセージを伝えるリリックは、彼女自身の在り方と強く重なり合っている。
 「根っからオープンで、自由なタイプの人っているじゃないですか。でも、私はそうじゃないんですよね。もっともっと自分を解放したいのに、どうしてもブレーキをかけてしまうところがあるというか。周りの人からどう見られているか、気にしているところもあったし……でも、最近はそれほど迷わなくなってるんですよ。どんな人にもいろんな側面があるし、それをちょっとずつ表現していけば、それでいいんじゃないかなって。自分が迷わなければ、きっと聴いてる人も迷わないと思うんです」


 「自分の思いが詰め込めた」という「カザミドリ」をアルバムの中心に据えることによって、そのほかの収録曲では、よりカラフルな音楽性にトライ。TABOの作曲による80年代ニューミュージック風の「失恋カフェ」、女性らしい可愛さを前面に押し出したポップス「ピーナッツ」といったカラフルな楽曲が、シンガー・坂本真綾の魅力を十分に伝えている。
 「それぞれの楽曲がすごく主張していて、それがすごく良くて。“いい曲できた!”って喜んでいるうちにアルバムが出来上がっちゃったというか、無邪気で自由な制作だったと思いますね、いい意味で」

 幼少のころから舞台に立ち、歌手としてもすでに12年以上のキャリアを持つ坂本真綾。その評価は「かぜよみ」により、さらに高まることになるだろう。
 「このまま進めば大丈夫、という気持ちはありますね。これからもいろんな課題が出てくると思うんですけど、このアルバムを満足いくかたちで作れたことは自信になったし、今後に繋がっていくと思います」



取材・文/森 朋之(2008年12月)



【坂本真綾LIVE TOUR 2009“かぜよみ”】


1/21(水) 愛知県芸術劇場 大ホール
open/18:00 start/19:00
※お問い合わせ:サンデーフォークプロモーション
TEL:052−320−9100

1/22(木) 大阪厚生年金会館 大ホール
open/18:00 start/19:00
※お問い合わせ:キョードーチケットセンター
TEL:06−7732−8888

1/24(土) 東京国際フォーラム ホールA
open/17:00 start/18:00
※お問い合わせ:キョードー東京
TEL:03−3498−9999

チケット料金(税込):全席指定¥5,900
※未就学児童の入場はお断りします。
※詳細は各プレイガイドでご確認下さい。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 楽しいことが一個でもあったら生きていける フィメール・ラッパーのpinokoがChilly Sourceからデビュー[インタビュー] 音楽で“アガっていける”瞬間を求めて ERA『Culture Influences』
[インタビュー] 明るい未来が待っている――新生・風男塾の“熱い”魅力とは[インタビュー] いい加減みんな気づいてるんじゃないの?――“違和感”と対峙する、GEZAN『Silence Will Speak』
[インタビュー] デビュー10周年を迎えた藤澤ノリマサ 歌とピアノだけで挑んだ『ポップオペラ名曲アルバム』[インタビュー] 史上初のクラシカルDJ / 指揮者、Aoi Mizunoが開く“ミレニアル世代のためのクラシックの入り口”
[インタビュー] ポップ・マエストロ、松尾清憲 新章の幕開けを飾る『All the World is Made of Stories』[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』
[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』
[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015